脱windows計画(29)-2

 前回の記事の補足です。
 会社に続き、自宅のubuntuデスクトップ2台もこのGWに24.04 に上げた。1台はノートラブル。もう1台はupdate中に画面ロック状態からログインできなくなってしまった。パスワードは間違っていない。CLIからはログインできたので、とりあえず!?リブートしちゃったところ23.10のままでGUIが立ち上がってこなくなった。が、修復コマンドなど入れているうちにGUI上がるようになり23.10から24.04に無事上げられた。会社デスクトップでは移行されていなかったthunderbirdも何もせずともsnapに移行されていた(従来のthunderbird環境も残ったまま)。とにかく、LTSに上がるときは慎重にやった方がいいんでしょうね。
 ちなみにdavfs2に関しては同じことになったので、nautilusでつなぐことにした。

| | コメント (0)

脱windows計画(29)

Iosnapcraftstore これ書くということはトラブルがあったということです。linuxも枯れてきてあまりトラブルもなくなってきてはいるのですが。

 今回、ubuntuを24.04に上げたのだが、thunderbirdがsnapになり、自動でthuderbirdのprofileを切り替えなかった。これはある程度想定の範囲内ではあったが、今までマシン移行の際にやっていたprofile.iniの元のprofileを書き換えて読み込ます..ではなぜかうまくいかなかった(エラー画面でthunderbird起動しない)

 これが正しいやり方かわからないが、次のやり方で解決した。元のthunderbirdのprofileをsnap の thunderbirdのprofileのあるフォルダにコピーして、profile.iniのファイルをeditして新しいprofileを加えて thunderbird の ProfileManagerを起動して、この新しいprofileを指定してthunderbirdを起動したところうまくいった。

参考にしたサイトこちら
https://superuser.com/questions/1440187/thunderbird-installed-via-snap-on-ubuntu-ignores-my-profile-folder

 firefoxがubuntuでsnapに移行したのは 22.04のときだったようですが、何故にsnapにするのか!?というのは正直あまり気にはしていなかった。あらためて調べたところ、snapというのはディストリビューションを横断してパッケージを提供する枠組みとのことで、ubuntuのcanonicalが主体でやっていた。ディストリビューション毎にあるパッケージマネージャ経由で入れなくていいので、主にパッケージ提供側にメリットのある仕組みですね。一般人にとってはなんで、snapと普通のパッケージマネージャ版があるのかこの事情知っていないとわからない。更にいえば、パッケージマネージャ版からsnapに変わると今回のように環境移行しないといけないので面倒である。しかしながら、そのうち主だったものはsnapになるんでしょうね。
 気が付かないうちにgimpもgeditもchromiumもsnapになっていた。kdenliveが今回消えたと思ったらsnapになっていた(こちらは勝手に移行されなかった)。

 後からもう1つトラブルを発見。
 アップグレード後、davfs2にてwebdavへのマウントが正常にできなくなった。アップグレードにともないdavfs2のバージョンが上がったのであるが、設定は変えていない。けっこう時間使ってしまったが解決せずで一旦あきらめる。davfs2に関しては過去に苦労した記憶があり、自分で書いた記事をみつけてこれもやってみたがダメでした。
 別の方法はないかと思って探したところなんとnautilusで直接つなげた(これになかなか到達しなかったが)。なんだこれで良かったんか!davfs2さようなら!
https://wiki.archlinux.jp/index.php/WebDAV

| | コメント (0)

ピアノ発表会2024

| | コメント (0)

台湾旅行記(2)デジタルサイネージ

 台湾第2弾は横着して別のブログで書いたもののリンクです。

 記事は私が書いているので。

台湾のデジタルサイネージ
https://www.open-signage.org/2024/02/14/taiwan/

| | コメント (0)

台湾旅行記(1)選挙

 年末に台湾旅行に言った。台湾に行くのは9年ぶり3回目。ちょうど総統選の直前でどんな選挙やっているのか興味あったが意外と街頭は静か。街宣に遭遇したのは動物園近くの1回だけ。
 台湾は看板の大きさや数には規制がないようで、国民党のデカイ看板ばかりが目立った。資金力は圧倒的なんだろうが総統選を勝ったのは与党の民進党だった。

Soto01m

 台北中心は少ないが、少し郊外に行くと目立つところは国民党の看板だらけ。国民党のイメージカラーは青で番号は3。民進党は緑で2。看板ようやく見つけた。


Soto02m

 動物園前の街宣。黄色い鳥の風船がいたので、動物園のアトラクションの1つか!?と思ったら選挙運動だった。右がもらったビラ。


Soto03m

 看板選挙だけありビジュアル系がやはり重視されている感じ。5はどこの政党だろう?女子の方は番号ないがこれも選挙だよね!?

| | コメント (0)

android 11,12代目

Xiop しばらくこのシリーズ書いていない気がしていたが、2019/10にOPPO AX7の話書いて以来であった。やはり、スマホを使いはじめたらタブレットは全く使わないものになってしまった。手にスッポリ入るので落とすこともほとんどない。落としてもケースつけているので多少外装にキズついたとしても画面は割れない。AX7はみおさんにお下がりであげてまだ使っています。
 スマホがあまりにもあたり前になりすぎてしまったので、その後の話かいておりませんでした。私の後に彩もガラケーからスマホに。日本最後の世代のHUAWEI と言っても良い nova lite3。これは今も使っています。その後けいさんも高校生ということで2021年にXiaomi Redmi9T。しかし、このXiaomiは1年使わないうちにある日突然起動しなくなった。調べたところ、この機種は文鎮化するハズレ品が多いらしかった。オークション入手品であったが、ヨドバシに持っていけばなんとかなるかな..と持っていったがXiomi製品は直してくれないとのことだった。携帯の修理屋に持っていったら、基盤交換が必要とのことで、新品買ったのと同じぐらいの値段かかると言われた。なので、Xiaomiのメーカーに問い合わせてみた。最初、入力フォームで症状送ったがなかなか返事帰ってこなかった。高校生のけいさんとは言え、何日も電話が使えないのはかわいそうなので、oppo A54 5G 新品をオークションで12350円で購入。安い!SIMをこっちに差して使ってもらうことにした。けいさんはそのまま今もこれ使っています。
 数日してチャットで対応してくれるとの返事があり。チャットで症状やシリアルなど伝えたら無償修理してくれることになった。箱が送られてきて返送。中国に行って1週間ぐらいで戻ってきた。新品交換ではなかった感じではあるが、中身はまっさらの初期化状態であった。けいさんの撮った写真などは救出できなかった。
 Redmi9TはAX7に比較したら2年も新しいので、私はこのRedmi9Tに乗り換えることにした。そしてAX7はその後みおさんに。我が家も全員スマホ持ちになった。ちなみに一番古いりんさんのnova lite2 もさすがに古くなっていたのでこの少し前のタイミングでOPPO A73に更新しています。

 そしてそれから更に1年。AX7はまだ使えはするのですが、Android8.0であり、slackが使えなくなってしまったとのことであった。そろそろ更新の時期かなと思っていたところで、Oppo reno9 a を機種変扱いで15840円でymobileが販売するとのハガキが届いた。最初このハガキはオジイちゃん向けのらくらくPhoneのあっせんかと思ってゴミ箱に捨てようかと思ったのだが、よくよく見たらミドルレンジの機種がこれは安いでないか!というので買ってしまいました。これをみおさんでも良かったのですが、まあ私は仕事でも使うので、みおさんはXiaomiのお下がりで我慢いただくことに。写真左がAX7で右がreno9 a。写真は更にきれいに撮れるようになったがそれほどの進化はもうない。経年劣化で変える消耗品の段階になりましたね。

 というわけで我が家スマホ4年の歴史を一気に書いた。スマホはもう、持つ持たないという話しではなく、ないといけない道具になりました。これがないと何も立ち行かない。財布でもあるから、なくしたり壊したらたいへんなことになる。
 こんな時代になりましたが、Android端末は相変わらず安い。1万円代で問題なく使える機種が入手できる。ところがiPhoneの最新機種はなんと10万円オーバーで上位機種は20万円オーバー!?パソコンより高い。独占でぼったくり段階に入りましたね。そして日本のメーカーはSONYをのぞいて死に絶えた感じになりましたか...。

| | コメント (0)

私のパソコン履歴書 -18代目 HP 15-ba001au まだ現役でこれ使ってんスよ!

Hppc_2023101317420118代目>>>PCデータ
機種名:HP 15-ba001au
使用期間:2017~
購入価格:38232円
OS:Ubuntu/Windows10
CPU:AMD E2-7110 APU 1.8GHz*4
メモリ:4GB → 12GB
HD:500GB → SSD:480GB
備考:15インチノート

--
 先代のAcerはまだ使えたのですが、DVDドライブが書き込み読み込みともエラー頻発するようになり、これはそろそろ買った方がいいかなと思って買ったのがこのPC。本当はもっと小さい方が良かったのですが、値段安い方がいいやというので選んだのがこれ。黒はつまんないので白のリブというのか凹凸のある面加工のモデル。キーボードまわりはヘアラインの面材になっている。HPのオフィシャルサイトから買ったものです。この頃になるとネットショップよりもメーカーオフィシャルの方が安い場合もあってね。
 もうこの時代になると買ってすぐにデュアルブートにしてほぼlinuxしか使わなくなっています。特に不満もなく使っていたのですが、2年ぐらい前から特にWindowsが遅くなってきた。ほとんど使っていないのですが、時々Windowsを立ち上げるとwindows updateとMSのアンチマルウェアみたいのが勝手に起動していつまでもガラガラやっていて使い物にならない状態になってきた。linuxも微妙に遅さを感じるようになってきたので、そろそろ買替えかなと思っていたところだったのですが、やっぱやめてSSDに換装したという話はこの4月に書いた脱windows計画(28)に書いた通りです。
 あれから半年たつわけですが、特に問題なく使えてます。SSD換装は有効ですよ!って今どきHDD使ってる人はもうあまりいないか(^^;
 履歴書と言うぐらいですからご臨終まで見送ってから18代目は書いた方が良かったのかもしれませんが、あと数年はいけそうだね。もうPCは永久機関になったかな!?

| | コメント (0)

馬主とは!?

 さきほどの記事書いて馬主に関して書き足りなかった気がするので補足します。
 馬主というとお金持ちの道楽で金儲けのためにやってると思われる向きもあるかと思いますが。ほとんどの馬主は馬好きで、金儲け度外視の道楽です。賞金を稼いでくるような馬はほんの一握り。出走して1勝でもきれば万々歳です。競馬って10数頭も出走して勝つのはたった1頭ですからね!G1レースに出てくるような馬はビリでもすごいんです!
 私が一口馬主だったと先の記事に書きましたが、一頭の馬を数十口から百口単位でわけて出資を募るもので、配当は口数で按分されます。ちなみに私は10年以上やっていましたが、一度もプラス計上になったことありませんでした。10頭以上出資したと思いますが1勝した馬が一頭いただけです。
 競走馬の値段というのは本当にピンキリで、血統が良い馬は億の単位で取引されます。しかし、血統が良くても走るとは限らず、子馬のときに購入するので走るかもわからず、故障するかもしれず、正にギャンブル。
 馬の生産者もギャンブルです。母馬と何をかけあわせるか。種付け料もピンキリで、種がつかなくともお金とる場合があります。生まれた馬が売れないかもしれないし、病気になるかもしれないというリスクもあります。
 
 馬主が出資したお金は何に使われるかと言うと。まず、馬の購入代金。自分で育てたり稽古するわけではないので、厩舎への預託料、エサ代。これは馬が競走馬である限りはかかります。馬が遠征すれば遠征費もかかります。レースに出走すれば騎手への騎乗料もかかります。リターンはレースに出走しての賞金。しかし、この賞金は出走すれば必ずもらえるわけでなく、8着までに入賞しないともらえません。賞金もらった場合すべてが馬主に入るわけでなく、厩舎と騎手に按分され、馬主のとり分は6−7割です。賞金0円で引退する馬、出走できずに終わる馬も多数います。レースも毎週出れるなんてことはなく、一度出走すると調整して次に出れるのは一ヶ月後ぐらい。1年中走ってるわけでもなく、3,4回走ると休養します。故障もあります。生涯で10レースも出ればけっこう走ってる方です。
 どうです!?こんな儲からないものに出資するのはただの馬好きでしょう!?競馬というものが好きなので出資しているのです。球場に通っている野球ファンと同じようなものですが、出資しているということで本気度MAXになっていくのです。
 馬の場合生まれて2歳からレースに出れて5歳ぐらいで引退してしまうので、わりと短いサイクルでまわります。血統は確かに重要なのですが、良血でない馬が走ることもあります。ジョッキーの腕が勝敗を左右する場合もあります。なので、今度こそ今度こそ!と新しい馬に出資したくなるのです。馬自体も愛らしい。たぶん、このサイクルとバランスが絶妙なので競馬というスポーツというかエンタメが成立して世界で広く行われ長い歴史となり文化となっているのです。

| | コメント (0)

秋本議員は脱原発だったから!?

 第一報が出たのは8/3の夜間のようであった。秋本議員が海外から帰国したタイミングで「自民・秋本衆院議員に不透明な金銭的支援か」という見出しが共同通信に出ている。
 翌朝のNHKではトップニュース扱いだった。また自民党か、と思い東京新聞朝刊を見たがこの件は何も載っていなかった。朝刊には間に合わないタイミングでのリークだったということだ。
 この日の午前中には用意よく秋本議員の自宅含め複数箇所に特捜のガサ入れが入っている。自民党議員は通常このような案件はしらばっくれてノラリクラリやって入院したりでうやむやにして嵐がすぎるのを待つものだが、特捜がそんなに早くガサ入れするとはなんと不自然な!?と思い調べてみた。
 
 日本風力発電の社長と秋本議員が45%づつ共同出資(もう一人共同出資者10%がいる)し2021年に設立した馬主組合パープルパッチレーシングへの出資を不透明な金銭的支援として事件化して騒いでいるようである。この資金提供により、秋本議員は国会で洋上風力発電に有利になるような質問したというシナリオのようだ。まるで洋上風力が悪の構築物のような言いようである。

 まず、最初に言っておくとこれは事件性のない案件と思われる。馬主組合への出資は秋本議員も日本風力発電の社長も個人として出資しており、馬主組合はきとんと登録されたものであり、実際に競走馬を走らせている。国会議員が馬主になってはいけないという法律もない。実際、立憲民主の小川敏夫は多数の競走馬の馬主である。自民党の議員にも馬主はいる。舛添も馬主として有名だったが、彼の場合は都知事選に出馬するときに馬を手放した。手放さなくても良かったのだろうが、馬主というイメージを嫌ったからなのだろう。
 会社が出資しているわけでもなく、社長の趣味で日本風力発電とは全く関係ない。不透明資金提供というのはあまりの無理筋。趣味で馬に出資してはいけないって!?
 
 日本風力発電の社長の出資額は3000万円程度のようであるが、そうすると全体としては1億以下の馬主組合。馬はお金がかかるので、小さな馬主組合と言って良い。おそらく二人は馬好きで意気投合して馬主組合をつくったのだろう。所有している競走馬は盛岡や門別の地方競馬で今年の夏に2頭確認できたが未勝利。血統からしても高額な馬ではないようである。儲かっているはずもなく、ほぼ持ち出しだろう。
 競馬は馬券のギャンブルの側面ばかり強調されがちであるが、騎手も含んでの世界中で行われているスポーツであり、馬を育てる農業でもあるのだ。確かに農業としてはギャンブル性が高いとも言えるが。そこに出資するというのは、儲けようというより競馬という文化を支えたいという側面の方が強い。もしかしたら大谷(例えが変か!?)みたいな馬が誕生するかもしれないというロマンもある。実際、日本で生まれた競走馬が世界最高峰のレース、フランスの凱旋門賞で何度か2着になっている。地方競馬から中央競馬のヒーローとなったオグリキャップという馬もいたよね。
 ちなみに私はかつてシチーの一口馬主をやっており、このあたりは詳しかったりします。

 そんな秋本議員がなぜあげられたのか。1つは、木原議員の件のスピンの側面があるだろう。こちら解説は省略するが全くNHKなどの報道機関でやらないのが実にアンバランスである。また、秋本議員は知らなかったのだが自民党で現状唯一と言って良いぐらいの脱原発派だったのである。洋上風力をはじめとする自然エネルギーの推進に尽力していた。原発推進の自民党的にはいなくてもいい(邪魔な)存在だったのだろう。
 しかしながら驚きなのが、こんな事件性のない不起訴で終わりそうな案件に特捜が突っ込んでいってしまうことだ。日本の捜査機関も相当やばいことになっているということだな....。

| | コメント (0)

私のパソコン履歴書 -17代目 MSI E350IA-E45 AMDでも組んでみた

Msi17代目>>>PCデータ
機種名:MSI E350IA-E45
使用期間:2011~2022
購入価格:30111円
OS:Ubuntu/CentOS/Windows
CPU:AMD E-350 APU 1.6GHz*2
メモリ:4GB
HD:
備考:mini-ITXボード
--

 atom PCを買ってほどなくAMDもそれに対抗して低消費電力のオンボードCPUをリリースしてきました。その名もFusion!原子力村atomに対抗しての核融合Fusion!?しかし、なんで低消費電力のCPUで核戦争やってんだろう!?というのが謎でしたが、このFusionのボードがほしくなった。先のVIAのmini-ITXは遅すぎてあまり使い物にならなかったので、あのCenturyのケースを使おう!ということで買ったのがこれだった。
 買った当初はlinux入れている分には問題なく、ubunutuやCentOS入れたりして主に職場でのテストサーバ環境として使っていた。linuxの良いところはOS入れてマザーボードにつなげば勝手にドライバあてて立ち上がってくれるので、場面によってDISK入れ替えれば使えるのだ。
 このマザーボードは一応64bitだったので、linuxが64bit時代に移行しても使えてはいたのだが、さすがに遅さを感じるようになり2022年に引退とし、後継のmini-ITXにその座を譲った。そのころにはすっかりintelとAMDの核戦争は終わっていたとさ。どっちが買ったも負けたもなかったが。
 このマザーはwindowsも入れたことあったが主にubuntuでつい最近まで使っていたのだがさすがに遅くなってきたので入れ替えてオークションに出しました。CPUオンボードのマザーというのは最近あまりなくなったね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧