« 2023年10月 | トップページ | 2024年1月 »

android 11,12代目

Xiop しばらくこのシリーズ書いていない気がしていたが、2019/10にOPPO AX7の話書いて以来であった。やはり、スマホを使いはじめたらタブレットは全く使わないものになってしまった。手にスッポリ入るので落とすこともほとんどない。落としてもケースつけているので多少外装にキズついたとしても画面は割れない。AX7はみおさんにお下がりであげてまだ使っています。
 スマホがあまりにもあたり前になりすぎてしまったので、その後の話かいておりませんでした。私の後に彩もガラケーからスマホに。日本最後の世代のHUAWEI と言っても良い nova lite3。これは今も使っています。その後けいさんも高校生ということで2021年にXiaomi Redmi9T。しかし、このXiaomiは1年使わないうちにある日突然起動しなくなった。調べたところ、この機種は文鎮化するハズレ品が多いらしかった。オークション入手品であったが、ヨドバシに持っていけばなんとかなるかな..と持っていったがXiomi製品は直してくれないとのことだった。携帯の修理屋に持っていったら、基盤交換が必要とのことで、新品買ったのと同じぐらいの値段かかると言われた。なので、Xiaomiのメーカーに問い合わせてみた。最初、入力フォームで症状送ったがなかなか返事帰ってこなかった。高校生のけいさんとは言え、何日も電話が使えないのはかわいそうなので、oppo A54 5G 新品をオークションで12350円で購入。安い!SIMをこっちに差して使ってもらうことにした。けいさんはそのまま今もこれ使っています。
 数日してチャットで対応してくれるとの返事があり。チャットで症状やシリアルなど伝えたら無償修理してくれることになった。箱が送られてきて返送。中国に行って1週間ぐらいで戻ってきた。新品交換ではなかった感じではあるが、中身はまっさらの初期化状態であった。けいさんの撮った写真などは救出できなかった。
 Redmi9TはAX7に比較したら2年も新しいので、私はこのRedmi9Tに乗り換えることにした。そしてAX7はその後みおさんに。我が家も全員スマホ持ちになった。ちなみに一番古いりんさんのnova lite2 もさすがに古くなっていたのでこの少し前のタイミングでOPPO A73に更新しています。

 そしてそれから更に1年。AX7はまだ使えはするのですが、Android8.0であり、slackが使えなくなってしまったとのことであった。そろそろ更新の時期かなと思っていたところで、Oppo reno9 a を機種変扱いで15840円でymobileが販売するとのハガキが届いた。最初このハガキはオジイちゃん向けのらくらくPhoneのあっせんかと思ってゴミ箱に捨てようかと思ったのだが、よくよく見たらミドルレンジの機種がこれは安いでないか!というので買ってしまいました。これをみおさんでも良かったのですが、まあ私は仕事でも使うので、みおさんはXiaomiのお下がりで我慢いただくことに。写真左がAX7で右がreno9 a。写真は更にきれいに撮れるようになったがそれほどの進化はもうない。経年劣化で変える消耗品の段階になりましたね。

 というわけで我が家スマホ4年の歴史を一気に書いた。スマホはもう、持つ持たないという話しではなく、ないといけない道具になりました。これがないと何も立ち行かない。財布でもあるから、なくしたり壊したらたいへんなことになる。
 こんな時代になりましたが、Android端末は相変わらず安い。1万円代で問題なく使える機種が入手できる。ところがiPhoneの最新機種はなんと10万円オーバーで上位機種は20万円オーバー!?パソコンより高い。独占でぼったくり段階に入りましたね。そして日本のメーカーはSONYをのぞいて死に絶えた感じになりましたか...。

| | コメント (0)

« 2023年10月 | トップページ | 2024年1月 »