« 2023年4月 | トップページ | 2023年8月 »

私のパソコン履歴書 -17代目 MSI E350IA-E45 AMDでも組んでみた

Msi17代目>>>PCデータ
機種名:MSI E350IA-E45
使用期間:2011~2022
購入価格:30111円
OS:Ubuntu/CentOS/Windows
CPU:AMD E-350 APU 1.6GHz*2
メモリ:4GB
HD:
備考:mini-ITXボード
--

 atom PCを買ってほどなくAMDもそれに対抗して低消費電力のオンボードCPUをリリースしてきました。その名もFusion!原子力村atomに対抗しての核融合Fusion!?しかし、なんで低消費電力のCPUで核戦争やってんだろう!?というのが謎でしたが、このFusionのボードがほしくなった。先のVIAのmini-ITXは遅すぎてあまり使い物にならなかったので、あのCenturyのケースを使おう!ということで買ったのがこれだった。
 買った当初はlinux入れている分には問題なく、ubunutuやCentOS入れたりして主に職場でのテストサーバ環境として使っていた。linuxの良いところはOS入れてマザーボードにつなげば勝手にドライバあてて立ち上がってくれるので、場面によってDISK入れ替えれば使えるのだ。
 このマザーボードは一応64bitだったので、linuxが64bit時代に移行しても使えてはいたのだが、さすがに遅さを感じるようになり2022年に引退とし、後継のmini-ITXにその座を譲った。そのころにはすっかりintelとAMDの核戦争は終わっていたとさ。どっちが買ったも負けたもなかったが。
 このマザーはwindowsも入れたことあったが主にubuntuでつい最近まで使っていたのだがさすがに遅くなってきたので入れ替えてオークションに出しました。CPUオンボードのマザーというのは最近あまりなくなったね。

| | コメント (0)

私のパソコン履歴書 -16代目 Zotac MAG HD-ND01 intel禁をやぶって買ってしまったミニPC

Zotacmag16代目>>>PCデータ
機種名:Zotac MAG HD-ND01
使用期間:2010~2020
購入価格:29800円
OS:Ubuntu/Mint
CPU:Atom330 1.6Ghz
メモリ:2GB
HD:160GB
備考:ミニPC
--

 Mini-ITXでもずいぶん小さいと思ったのですがそれを上回る小ささのマザーボードのPCがZotac からリリースされました。これはIntelのNUCやそれをとりまくミニPCのさきがけと言って良いモデルとなった。intelは買わないことに決めていたのですが、その安さと小ささにひかれこれは買ってしまいました。このPCは小さくてデザインも良かったのですが、フタが開けづらかった。カバーがツメでひっかかっているのですがうまくやらないと折れそう。ベアボーンでこのつくりにくさはいかに!?と思いましたがこの後継モデルは簡単にカバーが外れる構造に変わりました。
 当初はUbuntuを入れ、仕事でもやや使いましたが後半は家のTVにつなぎインターネット閲覧用に使っていました。当初はUbuntuでも動いたのですが、Ubuntu自体がだんだん重くなり途中でMintに入替え。2019年ごろから我が家でも配信で動画を見る機会が多くなったのですが、動画を見るにはSpecが足らなすぎ。16bit OSしか入らないしということで退役して後継機にさしかえました。
 この小さなPCは家のTVの脇に置いとくのに邪魔にならないですが、デジタルサイネージの再生用PCとしても以降よく使われるようになり、ミニPCは1つのカテゴリとして定着しました。TV脇のミニPCのOSはlinuxにするのが良い。インターネットコンテンツは全部ブラウザで見れますからね。
 電源入れると筐体の脇にLEDのイルミネーションの○が点灯しました。カッコイイと言えばそうなのですが、やっぱり目障りなのでBIOS設定で消しました。最近やたらピカピカ光るマザーボードとかグラボとかありますが、あれって家とかデスクサイドでピカピカ光ってると邪魔でしかないよな。サイドパネルがガラスってのも重いだけ放熱も悪いしで意味ない...てみんな思わない!?

| | コメント (0)

« 2023年4月 | トップページ | 2023年8月 »