« 脱windows計画(26) | トップページ | 都知事選分析2020 »

脱windows計画(27)

 連続してこのネタということはまたトラブル案件ですね。今回はトラブル2ネタ。
 1つ目は私のデスクトップ。ubuntu20.04LTSがリリースされているのにいつまでもアップグレードがかからない。普通のアップデートはかかる。コマンドラインでアップグレードかけても、autoremoveかけてもダメ。結局は以下のサイトにあったアップグレードの強制コマンドがきいた。

sudo do-release-upgrade -d

https://www.omgubuntu.co.uk/2020/04/how-to-upgrade-to-ubuntu-20-04

 もう1つは新規インストールの話。うちのキッズ用に今回1台ノートPCを購入し、デュアルブート化したのだが通常インストールではwifiのドライバがあたらなかった。機種はHP 14s-dk0098AU。wifiのチップはRTL8821CEだった。
 結局これは手動でドライバをインストールして、セキュアブートを外すことによって解決した。参考にしたのは以下のサイトあたり。
 セキュアブートを外さないでも解決するケースもあるようだがこのPCの場合は外さないとwifiのドライバがあたらなかった。
 セキュアブートというのを今まであまり意識していなかったが、OS起動する前のBIOSレベルでのセキュリティ機能ということになっているがこれがlinuxでは悪さすることがあるということなんだろう。今のところは外せばいいのだが今後もこれ要因で不具合起こるかも。
 しかし、wifiのトラブルは多いっすね!
 
https://qiita.com/PHOO/items/d77a9de94ca1662516e8
https://medium.com/@kimiyukiyukawa/installing-rtl8821ce-network-controller-on-ubuntu-335d8ccb8a92

|

« 脱windows計画(26) | トップページ | 都知事選分析2020 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。