« 翁長知事死去にともなう沖縄知事選で辺野古基地建設反対の玉城デニー氏当選の想定問答 | トップページ | 脱windows計画(25) »

新宿区長選について2018

 私は新宿区民です。新宿区長選挙について考察をしておきますか。今回は現職の自公推薦の吉住と新人の野沢との一騎打ちとなった。吉住は二期目になる。彼の目立った政策としてはデモ規制。新宿でデモができるのを公園使用基準の見直しだけで新宿中央公園一箇所にしてしまった。あたりまえですが、市民系からは抗議あったのですがこれをほぼ無視して強行。決定プロセスも議会にかけずに決めてしまった。それまではそれほど目立ったところのなかった無難な区長なのかと思っていたのですが一気に株を落とした。もともと私は自公系の候補には入れませんが、この一点で吉住さんはアウト!退場!デモは市民の権利で、これを独断で制限するとは憲法にも抵触する。その意味がわかっていないのですから政治家失格。
 そんな吉住区長だというのに区長選の対立候補はなかなか決まりませんでした。押し出されるように出てきたのが野沢氏。彼は自由党に所属していますが2012年に日本未来の党で衆院選に出て落選しています。半分忘れていましたが私はこのとき未来の党に期待して彼に投票していた!もしやと思い、自分のtwitter見返して思い出した(^^; しかし落選にもめげずその後も野沢さんは政治家あきらめず続けているのだからしつこいというか骨のある人なんでしょう。
 今回は共産党に立憲民主も彼を支援。共産党は自党候補レベルで応援し逆効果かもしれませんが野沢氏支持の共産党ビラまでポスティングしています。
 野沢氏は投票した私でさえも自分が投票したこと忘れるぐらい印象うすい。近所の矢来町に住んでいるとも知らなかった。日比谷 東大から野村證券と行ってなぜか政治家へ!?実物に会ったことないのでわからないのでありますが、山本太郎やその他市民系がこぞって応援する構図になっていますのでおしだし今一つな感じですが彼にかけましょう!ついこの前の中野区長選も雰囲気としては同じ感じなのでいけるかもしれません。
 ちなみに前回の区長選は乙武くんが出るか!ということで話題になったところでスキャンダル噴出。白けた無風状態で吉住氏が区長ポストを拾ったといいう選挙でしたっけね。

|

« 翁長知事死去にともなう沖縄知事選で辺野古基地建設反対の玉城デニー氏当選の想定問答 | トップページ | 脱windows計画(25) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新宿区長選について2018:

« 翁長知事死去にともなう沖縄知事選で辺野古基地建設反対の玉城デニー氏当選の想定問答 | トップページ | 脱windows計画(25) »