« 2016年10月 | トップページ | 2017年10月 »

都議選情勢分析

 投票率の低い都議選は組織票がききそれほどまぎれがないので、昨今のモリカケ問題で自民党の支持率が下がったとしてもそれほど影響ないかと予想していたのですが、国政同様ここしばらく自公協力であった都議選はどうやらそうではない。
 公明の事前の二連ポスターはいつもなら党首の山口なつおだが、今回は小池との二連で色も小池カラーの緑。この時点でオヤ?とは思ったのですが、例えば新宿では自公はそれぞれ候補をたててどちらも当選枠に入ってくるので、自公が対決しているとは思わなかった。ところが告示されて他の選挙区をみたところ、1人区2人区にほぼもれなく都民ファーストの候補がたちそれを公明が推薦する図式。このような選挙区は今まで自民候補を公明が支援し票も入れて当選していたもの。つまり公明は今回の選挙では自民と別れ小池看板でのガチンコ対決姿勢なのだ。
 そうなってくると自民候補はうかうかしておれない。ただでさえ逆風なのに公明の支援がない。実績のない都民ファーストだが、無党派票がこちらにざざっと流れるかもしれない。都知事選をふりかえってみると、公明は小池ではなく自民の増田の方を支援していた。この流れがいつ変わったのかわからないが、まさかここまであからさまにやるとは。公明は都議会でキャスティングボードを握るつもりで小池の都民ファースト支援という勝負に出たと言っても良いのかもしれない。

 もちろん私は小池にも投票してないし、都民ファーストを推すつもりもまったくない。選挙直前で小池は築地は残して、豊洲へも移転、というどちらにもいい顔をする八方美人ぶりを発揮。決断できない知事ということでそろそろ賞味期限切れだと思うのだが...。
 ちなみに公明はバリバリ豊洲移転推進、自民も同様である。小池はここに配慮して豊洲移転を口にしはじめたのだろう。

 ここで新宿選挙区を分析してみよう。新宿は4人区。公明の吉倉引退で後継の古城、共産の大山は6選のベテランでここまでは安全圏。残りの2議席は自民の秋田と区長で出た吉住の議席を補選で自民の大門が持っていた議席。自民はこの2議席を守れるかというとけっこう厳しいだろう。自民の組織票はおそらく秋田に集中される。なので秋田も当選圏に入ってくるだろう。残りの1議席を先の大門と都民ファーストの森口、民進の青地が争うという構図に。大門は区議から補選で都議に入ったが実績なし。森口は若く誠実な感じではあるが知名度なく小池イメージ頼み。青地は親の介護で出馬を断念した元都議の猪爪にかわり出てきた候補。かつて猪爪は新宿でトップ当選していたのであるが、民主党への逆風で前回落選。補選でも大門に屈していた。とはいえ、海江田が二人三脚で応援しているので知名度なくても民進青地は当選の可能性あり。
 実は青地さんは知人でもあり考え方も近い市民系。であるが、出馬するとは新宿区新聞見るまで知らなかった。それだけ突然の出馬だったということだ。今回は猪爪さん出ないようなので大山さんかなと思っていたのですが、青地さん出るならこちらを応援だ。とはいえ、もう選挙期間だし1週間ないんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2017年10月 »