« 参院選 東京選挙区 予想 | トップページ | 参院選分析&都知事選予想 »

新最近みた映画(123)

【映画 暗殺教室】 羽住 英一郎
 山田 涼介、椎名 桔平、菅田 将暉、山本 舞香。声の出演 二宮 和也。漫画原作の映画化。全く興味無かったのだがキッズが卒業編の方の映画見たいと言っていたので先に前作をビデオでかりてみた。地球破壊を宣言する謎の生物 命名”殺せんせー”の暗殺を落ちこぼれの中学生3Eの生徒が託された。期限までに殺せんせーを殺せば地球は救われる。そして賞金が100億円。
 設定からストーリー運びまで漫画チックでかなり粗め。辻褄とかリアリティとかあまり考えてはいけない作品ですね。殺せんせーの造形とキャラクターは独自性あり興味深いですが。本作ではさまざまなプロットがちりばめられてほとんどの謎が解けないで終わってしまいます(^^; つまり卒業編を見ろっ!ってことなのね。しかし、本作から卒業編までの公開タイムラグが1年とけっこう長い。うちらはすぐ見るけどこんなに謎をぶちまけといて1年も空けるとは殺生な...。
 高校生役の役者は見たことない人ばかりでフレッシュで良かったです。
(★★★)

【海月姫】 川村 泰祐
 能年 玲奈、菅田 将暉、長谷川 博己。オタク女子が住む男子禁制のアパートに女装男が入りびたるようになってしまう。これが大家にばれたら大変なことに!主人公の月海はクラゲおたく。その他のオタクは映画の長さの時間の制約ということもあってあまり目立たないのですが、和モノオタ、鉄オタ、三国志オタ、枯れ専というかなりマイナーな部類のオタですね、というよりそんなオタあんのかい!?
 女装男の鯉淵家の父は政治家で兄はその後継が予定されています。少女漫画だと政治家ってけっこうステージ高めの金持ちという描かれ方するのですが、現実はそんな単純なものじゃない。世襲政治家はボンボンみたいなロクデモナイのばかりだし、世襲でない野党政治家は優秀でもいつも選挙に落ちる可能性あり資金もカツカツという大変な状況なんだけどね。
 本作での一番の驚きは菅田 将暉の女装。女装すると女にしか見えません。しかもキレイ。体のラインから足からしぐさから表情から女!さすがに声は男だけどそれも言われなければわからないだろう。なのに女装してないときは普通の兄ちゃんでそんなイケメンでもないという不思議。ちなみに彼は暗殺教室の業役で出演していてなかなかの存在感だったのですが、これから注目の役者だろう。
 能年もあまちゃんブレイクの後の絶頂期に本作に出演してなかなかハマリ役ですが、事務所とのトラブルとかいう噂あり本作以降は正に干されている状態で2年近くテレビも含め仕事していません。何のトラブルかわかりませんが芸能界ってイヤなとこですね...。能年さんはいい役者なのにいつまで飼い殺し状態なんでしょうか...。
(★★★☆)

|

« 参院選 東京選挙区 予想 | トップページ | 参院選分析&都知事選予想 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/63844489

この記事へのトラックバック一覧です: 新最近みた映画(123):

« 参院選 東京選挙区 予想 | トップページ | 参院選分析&都知事選予想 »