« 2015年10月 | トップページ | 2016年4月 »

フォトブックをしまうまに乗り換えた

 毎年1年分の記録をフォトブックにしているのですが2005年から使っていたphotobackを今年からしまうまプリントのフォトブックに変えました。決め手はもちろん値段。制約と編集ソフトの出来、仕上がりも違いますが1/5価格にはかなわなかった。
 photobackはフォトブックの先駆で当時は他に同様のサービスは無かったが、後発がたくさんでてきました。それでも、私は今までの蓄積と使い慣れていることからこのphotobackを使い続けていたのですが一昨年からすべてのサービスを6色プリントのみにし、実質の値上げ。私の使っていたBUNKOの72ページはボリュームディスカウントやクーポン、ポイントなどでもう少し安くなりますが一冊3539円(税込)。これはちょっと高すぎだなと思い昨年はページ数減らして60ページにしました(税込3282円)。今年もこれでいくつもりだったのですが、昨年末に親戚がつくっていたしまうまプリントのフォトブックを見せてもらいこれが破格の安値ということを教えてもらう。編集ソフトをいじってみたところ、いろいろな制約あり、レイアウトも少なく、ソフト自体の出来も今ひとつではあったのですが、文庫本サイズの72ページという同じ仕様で税込537円!なのです。次元が違いすぎる価格。仕上がりはphotobackと比べるものではないと思いますが許容範囲。これでいいじゃんレベル。photobackも競合がここまで値段を下げてくると、いくら老舗で製品の出来が良いことを誇ったにしても、ちょっと厳しい。

 今回、しまうまの”文庫”でも良かったのですが、その上のサイズの”スクエア”でも値段がたいして変わらないのでこちらで作成。いつものように写真放り込んでいたら組写真レイアウトが最大2枚しか配置できないこともあり気がつくと100ページオーバーしていた(^^; しまうまの場合96ページの次はポンと飛んで144ページになってしまう。144ページは多すぎるので自分で組写真画像つくって96ページでおさまるようにダイエット。それでも値段は753円(税込)です。
 先日仕上がったものが届きましたが、このサイズはけっこうデカイ。でも写真がよく見えるのでこれでいいだろう。編集ソフトでは写真の画像がぼやけていてきちんと印刷されるのかやや心配だったのですが、きれいに仕上がっていました。今後も1年に1度しか使わないでしょうが、特段のことがなければ来年もしまうまスクエアの96でフォトブックをつくることになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

android 6代目

 この文書は2015年10月に新しいタブレット購入してからしばらくして書いたのですが、アップし忘れていたので今更ですが私の備忘録としてアップしておきます。ちなみにこの記事にあるHUAWEI T1 8.0は今も問題なく使っています。さすがメーカー品の安定性。筐体も非常にしっかりしている。バッテリの持ちも相変わらず良い。重さは1ヶ月ぐらいで慣れて今は特に重いと思わなくなりました。また、割れたcolorfly E708 Q2はオークションに出したら数百円ですが売れましたので手元にはありません。
 では、以下の分は書いた当時のままで掲載。

Huaweit1_2 colorfly E708 Q2は購入以来1年半以上現役で使っていたのですが、あるとき枕元に置いておいたらキッズが蹴ったか踏んだか不明なのですが液晶ガラスが割れていました。一応タッチ操作は効くのですが、タッチしていなくてもタッチしたと誤作動する状態。こうなるともう使えません。バッテリの持ちは落ちていましたが、まだまだ現役で使えていたのに残念ですが、これでお別れです....。
 中華padとしてこのcolorflyは3代目にあたりましたが、最も良い品でした。最初のainol novo7 は液晶の表示はきれいでしたが強度あまく一度修理に出したが二度めも同じように液晶がちらつくようになり、最終的には何も表示されなくなってしまった。ampe a78はしばらくは問題なく使えていましたが1年たつ前に起動しなくなる。初期化などいろいろ試みたが結局ダメでした。
ainolもampeもメーカーとしては今も存在して新製品出しているようですが、赤札堂など日本の輸入業者では最近扱っていません。やはり故障など品質に問題あったということでしょう。逆に言えば、淘汰されてきたので最近売ってる中華padはそれなりの製品であることが期待できます。

 私にとってandrodiタブレットは必需品ですので、今回もcolorflyにしようかなと思って物色していたところ、HUAWEI T1 8.0税込11800円 というモデルを発見。日本でHUAWEIのタブレットは今まであまり売っていなかったのですが、ここ1年ぐらいで売るようになってきた。本当は7インチが良かったのですが1280*600の解像度が欲しかったので、前記のモデルを購入しました(画像の左がHUAWEI右が割れたcolorfly)。
 たった1インチの違いだが画面大きく感じる。また、筐体が重く、幅が広くなるので片手でやや持ちづらい。手の小さな女性や子どもでは片手で持てないだろう。重さには使ってるうちに慣れたが、やはり7インチが携帯タブレットとしてはベストか。筐体は重いが非常にしっかりした印象。さすが一流メーカー品のことだけはある。CPUのベンチマークはやたら良いが動作の印象は先代のcolorflyよりやや良いぐらいの感じ。もちろん実用には何ら問題なし。バッテリの持ちがかなり良い。充電しなくても数日もつレベル。インターフェースがhuawei独自のEmotion UIになっている。平面的なiOSライクなアイコンで可もなく不可もなく。画面出力のHDMI mini端子が本機にはついてない。miracastには対応しているが。
 総合すると、これで7インチなら文句なし。ipad miniの影響か最近8インチタブ多くなっているがちょっとデカイだろう!?しかし、この値段でこの性能。リスク覚悟で中華タブレットを買わなくてもいい時代になっちゃったか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サダコの鶴と増山さん参院選出馬

Rena 増山麗奈さんが参院選東京選挙区より社民党で出馬予定です。増山さん一家とはもう10年来の家族ぐるみでのつきあいで「桃色のジャンヌ・ダルク」の公開のときは私の勤める会社でホームページをつくったりなんてこともありました(2010年公開の映画で現在ホームページは閉鎖してしまいました。DVDは売ってます。)。最近は増山さん自身が映画をつくるようになり「サダコの鶴」では一家総出でサポート&出演してたりします(こちらもDVD売ってます)。
 そんな増山さんが参議院に出馬と。増山さんには今までも区議などで出馬しないかとの打診あったようですが、出るなら国会議員だろうなと私は思っていました。彼女が扱っているテーマもそうですが、区議でおさまってしまうにはもったいない人です。
Sadaturuj 今回東京選挙区は定数6に増えますがだからといって社民党公認であれば入れるという状況ではもちろんありません。なにより最近のマスコミは与党ばかりとりあげ、今回の選挙でも"与党で決まり!選挙に言っても何も変わらない"という雰囲気をつくるでしょう。その結果、組織票の厚い自公が有利になります。選挙分析については機会をあらためてもっと詳しく書くつもりです。
 今度の参院選で私は増山麗奈全面支持です。市民系候補はこれから出るのかもしれませんが、遅すぎる...いつものことですが。与党候補は当然のことながら、共産党も民進党もとっくの昔に選挙モードです。どんなに良い候補でもGW明けて出馬表明なんて遅いのです。まあ、これからどんな候補が出てきても今までの我が家との関わり含め増山さん以上の人はいないでしょうが。
 先に書いた「サダコの鶴」ですが、こんなに早く映画を撮りきって公開できる段まで持っていけるとは私も思っていませんでした。増山さんは彼女のパフォーマンスばかり注目されていますが、プロジェクトをまとめるプロデュース力、目標に向かって仕上げる実現力はたいしたものです。画はもちろんのこと、ジャーナリストとして書いている記事もなかなかのもの。また、彼女に政治家の血が流れていたというのは今回はじめて知りました。こういうところが社民党の目にとまったのではないでしょうか。
 今回の参院選は正に「桃色のジャンヌ・ダルク 第二章」と言ってよいもの。事実あの鵜飼監督も始動しています。既に様々な方面から様々な反響あり文字通りジャンヌ・ダルク状態。テキは強大ですから、前作よりはるかにスケールの大きなものとなるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページを移動中

 1998年niftyがホームページサービスをはじめて以来使っていた @homepageサービスが今年の9月で終了するとの連絡が先日届く。そして、同niftyの運営するlacoocanというレンタルサーバ的なサービスが移管先として示された。@homepageサービス使っていた人には料金表にはないミニという特別メニューが用意され、追加料金なしでここに移動できるそうだ。サービス的には容量増えるのでアドレスが変わってしまう以外は概ね問題なく、ボチボチと移行作業しています。ファイルだけは自動でコピーしてくれるが、CGIは使えない(ミニではダメ スタンダード以上)、アクセスカウンターは使えなくなるそうだ。そういえば、アクセスカウンターって最近つけてるページ見ないね。
 1998年から一応定期的には更新していますので、つまり17年もこのページをいじってたということですね。サイトの設計は当時のままですので、ホームページのクラシックカーみたいなもんだ。

元ページはこちら http://homepage1.nifty.com/yokoze/

移動先はこちら http://yokoze.la.coocan.jp/

yokoze第二サイトは最近全く更新していないのですがこちらも移動しました。 http://yokoze2.la.coocan.jp/

 参考までに現行サービスとの対比表はこれ

 まだ、新サイトの方はデータコピーしただけで内容チェックしていませんので旧サイトからリダイレクトするようにはしてません。cgiやアクセスカウンターは旧サイトの方を見てるのでとりあえずは動いている模様。
 lacoocanというサービスは上位サービスではDBなども使えるのだが、ミニでは使えません。以前、一瞬だけホームページをCMS形式に移行しようかなと思ったことあったのですが、月額の追加料金かかるし移行作業も手間なのでそのまま手つけないでいました。今回もしばらくはミニのまま使う予定。ゆくゆくはCMSにしたいけどね...無料(追加料金なし)でDBが使えるようになるなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年4月 »