« 読書な毎日(217) | トップページ | ホームページを移動中 »

新最近みた映画(122)

【怪盗グルーの月泥棒】 クリス・ルノー、ピエール・コフィン
 スティーヴ・カレル(笑福亭鶴瓶)、ジェイソン・シーゲル(山寺宏一)、ラッセル・ブランド(伊井篤史)。ユニバーサルのフルCGアニメ。怪盗グルーシリーズの1作目。2作目見て謎が多かったので1作目DVDレンタルしようかと思ったらいつも貸出中だったので、リセールで安くなっていたのを買って見た。その後感想文書いてなかったが、3作目のミニオンズの感想文書くにあたり思い出して書いてみた。
 ミニオンズがなんでうまれたかというのが気になって見たところがあるのですが、本作ではミニオンズの謎はほとんど解明できませんでした(^^; 既にグルーと一緒に暮らしており、博士も既にいる。でも、本作では主役はまぎれもなくグルー。泥棒の腕は一流だが、性格ヒネたオッサンというおよそキッズ映画の主役らしからぬキャラクター。それが行きがかり上キッズの面倒見るハメになりという、スリーメンアンドベイビーっぽい展開。まあ、これはこれで面白かったが、やはり女性の描き方が奇妙だ。キッズはかわいいのだが。
 ミニオンズはストーリー展開とはほとんど関係ないニギヤカシの存在。けれど、グルーだけではおそらく本作の続編は作られなかったのだろうなと思う。よくわからないが不思議な魔力がミニオンズにはあるようだ。
 ちなみに本作DVDをうちのキッズは一回見ただけで二度と見てません(^^;
(★★★)

|

« 読書な毎日(217) | トップページ | ホームページを移動中 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/62509031

この記事へのトラックバック一覧です: 新最近みた映画(122):

« 読書な毎日(217) | トップページ | ホームページを移動中 »