« 技術系講演&展示会レポート9件蔵出し | トップページ | 衆院選について »

脱windows計画(22)

 14.04LTSからunityに乗り換えたデスクトップ環境ですが、すっかり慣れて今やunityの方が使いやすいぐらいになった私でした。gnomeを使っていたことさえ忘れかけていたのですが、その慢心!?を突かれたのか今回、自宅のPCをアップグレードしたところなんとunityが立ち上がらなくなってしまいました(^^; アップデートした後に何かエラーが出ていたので気になったのですが、unityでログインするといつまでも壁紙の状態でランチャーが出てこない!一瞬データを救出しなきゃいけない状況か!?とも思ったのですが、gnomeでログインしたところOKでした。unityを入れ直しても状況は変わらず。検索しても同じ症状で悩んでる人はいないようなのでこれは私のPC特有の現象かもしれない。gnomeに戻ってもいいのですが、あまりにもシャクなのでこれを機会に64bit版のubuntu14.10でクリーンインストールすることにしました。このマシンでクリーンインストールするのは本機を購入以来ですから、5年ぶりぐらいだろうか。まあ、ゴミがたまっても仕方ないか....。

 クリーンインストールの方は何の問題もなく完了。ただし、UnetBootinでlinuxからUSBにインストールイメージつくったらインストールできず、windows上から同ソフトでインストールイメージつくったらうまくいったという不思議な現象に遭遇しました。この件はそれ以上掘り下げていません。
 このPCは64bitCPUだったのですが、ubuntuを最初に導入した当時はubuntu64bit版というのが存在していなかったので32bit版を使っていました。ずっと上げたいなとは思っていたのですが機会なく今に至っていた。64bitに上げたことによって速くなったとか何も感じないのですが、64bitの方が現状メインストリームだそうなのでちょうど良い機会であった。このPCは壊れそうにもないしパフォーマンスも問題ないのであと5年ぐらいは使えるかな!?

 いつもなら自宅PC上げて問題ないこと確認してから職場も上げていましたが、今回は前述の通り”中トラブル”に見舞われたのでしばらく待って本日アップしました。職場PCもアップグレードの終了間際にエラーが何かボチボチッと出て不安になったのですが、結果としては特に問題なくアップグレード完了したようです。ただし、今までこんなエラー出たこと無かったし、14.04から必要がなければ上げない方がいいなんて記事が散見されますので、無理して上げなくてもいいのかもしれない。見た目も機能も今回のアップグレードはほとんど変わってないようなので。しかし、その割にトラブル多いというのは根本の何かをいじってるのだろうか!?

 今回はこれでしまいではないぞ!ubuntuの話でもAndroidでもない話を次回近く書きます。そうそうあれね火狐OSの話ですよ。
(つづく)

|

« 技術系講演&展示会レポート9件蔵出し | トップページ | 衆院選について »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/60732248

この記事へのトラックバック一覧です: 脱windows計画(22):

« 技術系講演&展示会レポート9件蔵出し | トップページ | 衆院選について »