« 猪瀬はなぜ辞職に追い込まれたか | トップページ | ピアノ発表会2014 »

meepご臨終

Wmeep キッズ用タブmeepは昨年4月に購入。我が家での人気は3番手ぐらいだったがそれなりに特段問題なく使っていた。
 キッズが複数遊びに来ていた1月のとある日。meepの液晶がわれていることに私が気がついた。誰も心あたりないと言うのだがきっと落としたのだろう。本機は特殊な液晶パネル使ってるため割れても飛び散らないようなのだが、液晶は割れただけで真っ白になり何も見えなくなってしまった。当然何の操作もできない。
 過去にも我が家で3タブレットの液晶が割れた。2タブはタッチパネルが不能となった。そのうち1タブ(Archos80)は割れあとのシミがドンドン広がって白っぽくなってチラついたが操作不能にまではなっていない。Archos101は液晶の表示自体は影響なし。lenovoA1はクモの巣状のヒビが入ったが液晶にもタッチにも影響無く今も現役(^^; 仕事で使っているAcerA700もガラスが割れてタッチ不能にはなったが液晶は問題なかった。つまりmeepが一番液晶の割れに弱かったということなのだ。

 購入してまだ1年たっていなかったが液晶の割れは保証外でしかも修理も不能、下取りもしないとmeepサポートから言われた。つまりmeepを引き続き使いたかったら新品を買うしかない!せっかくキッズ用に丈夫なタブレット買ったつもりが、我が家で最も寿命の短いタブレットということになった。
 meep2は海外では昨年末にリリースされているが今のところ日本では発売予定ないとのことだった。あまり売れてないと思われるのでおそらくこのまま撤退ではなかろうか。

 日本でも1万円程度でエントリーレベルのタブレットが購入できるようになってきた。いくら丈夫につくっても壊れるときは壊れるのでキッズにはキッズ用を買うより、お下がりタブか安いタブを与えておくのが良いだろう。キッズタブの市場も引き続きあるだろうが現状のサービス体制ではmeepはおすすめできないね。私は人柱になってみただけなのでまあ、いいのだが(^^;

|

« 猪瀬はなぜ辞職に追い込まれたか | トップページ | ピアノ発表会2014 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/59269860

この記事へのトラックバック一覧です: meepご臨終:

« 猪瀬はなぜ辞職に追い込まれたか | トップページ | ピアノ発表会2014 »