« 都知事選の予想 | トップページ | 1/26細川小泉at巣鴨 »

都知事選について

 細川が出るまで都知事選について考えるのは保留していたが1/22の細川の会見&質疑1時間半をもらさず全部見た。出馬に至る経緯、なぜ東京で脱原発かというあたり説明されており理解した。質疑応答も良かった。それより驚いたのは彼の政治信条、目指す社会モデル、グラウンドデザインがいわゆるみどりの思想。つまり私とも同じだったということである。宇都宮さんよりも近い。こんな候補者は中村敦夫以来である。確かに小泉がくっついてるのは気になるのだが彼が自民党の候補を応援せず、細川支援というのはそれだけの覚悟あってのことだろう。それだけ脱原発が喫緊の課題ということなのだ。小泉ばかりが目立ってはいるが脱原発界の重鎮の鎌田慧や広瀬隆までもが細川支持を打ち出した。これはけっこうエライこっちゃ。彼らもここが勝負だと思っているのだ!
 都民は原発のことを忘れたというより忘れたがっている。しかし、地震はやってくるし原発はどんどん老朽化する。逃げようがないのだ。今やらなければまた同じことが起こる。自民党だろうがナ二党だか関係ないのだ。

 というわけで宇都宮支持を表明していた私ではあったが今回の都知事選は細川支持へと変えました。一人しか選ばれない首長選は保守もリベラルも経済界も市民の声も拾わなければならない。脱原発をなすには保守の力も必要だ。脱原発こそが次の日本のパラダイムシフトのキーとなるのだ。次の4年は細川に託したい。

|

« 都知事選の予想 | トップページ | 1/26細川小泉at巣鴨 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/59000106

この記事へのトラックバック一覧です: 都知事選について:

« 都知事選の予想 | トップページ | 1/26細川小泉at巣鴨 »