« 都知事選について | トップページ | 都知事選レビュー »

1/26細川小泉at巣鴨

Hosokawa01_2 1/26細川小泉at巣鴨に行った。元総理とあってか厳重な警備と報道陣。カメラがヤグラのように林立して候補者がよく見えなかった。二人あわせて40分ぐらいの演説。強い風がふき小雨もぱらついたが聴衆はほとんど帰らず皆聞き入っていた。原発がなくても日本はやっていける。自然エネルギーへのシフトを。細川小泉とも本気である。引退した彼らをこの場に引き出したのは311があったのに元の原発推進に戻ろうとしている現政府だ。あれほどの被害を出し国土を失ったというのに無かったことにしようとしている。今回の選挙に舛添が勝てば柏崎は再稼働され原発は再びベース電源と位置づけられるだろう。次の事故が起こるまでこの方針を変更することは困難になる。
 細川小泉はほとんど原発のことしか話さなかったが目玉政策の脱原発をなせば自ずと他の政策もついてくるということ。一点突破の正に桶狭間の戦いなのだ。

Hosokawa02_2 しかし小泉の口から脱原発が出てくるとは311前では思いもよらなかった。「過ちては則ち改めるに憚ること勿れ」という論語を引き合いに出し「私は311を経験して間違ってることがわかったから脱原発と言ってる」と、なかなか言えることではない。
 本当に小泉が?と思う人は一度街頭演説に行ってみるとよい。彼らの本気度がわかるだろう。

|

« 都知事選について | トップページ | 都知事選レビュー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/59020422

この記事へのトラックバック一覧です: 1/26細川小泉at巣鴨:

« 都知事選について | トップページ | 都知事選レビュー »