« 緑の党と三宅洋平 | トップページ | ainol修理そしてampeを購入 »

沖縄の米ヘリ墜落は米軍が何かを隠している

 今回のヘリ墜落事故はいろいろと不審な点が多い。一報ではCH46が墜落という情報が流れた。事故前にCH46がこの近辺で訓練していたのが目撃されていたからである。後にHH60と米が発表してこれが落ちたことになっているが本当だろうか?
 CH46(CH47)はベトナム戦争のころから使われているヘリコプター草創期の老朽機。タンデムロータという特殊な構造で事故も多い機体。しかし、大型ヘリのラインナップが米軍で他にないため自衛隊含め今も広く使われている。米軍はこれを退役させて欠陥機のオスプレイにしようとしている。大型ヘリの分野において米国はロシアなどに比べ遅れをとっていると言って良いだろう。オスプレイという特殊な機体に固執していたおかげだ。
 CH46が墜落してもそれほど不思議ではないがHH60が墜落というのは珍しいことだ。HH60は実績のあるUH60ブラックホークの派生機種。UH60は米軍はじめ世界で広く使われている中型のベストセラー輸送ヘリである。
 しかも墜落したという映像を見ると不時着ではなく大破というか爆発したような状況。機体の破片すら見当たらず激しく燃えている。通常ヘリが墜落した場合こんなに燃えることはない。軍用機なら尚更だ。3人が脱出しているとのことだから、墜落の兆候がありパイロットは不時着を試みたはずだ。墜落してもせいぜいグシャッと潰れる程度だろう。
 仮にHH60だったとした場合は積荷に何か問題があったのかもしれない。翌朝になっても火は消えず、鎮火したとしたあとも、二日にわたって火が出ている。異例の航空規制を出してることからもただのヘリ墜落ではなく報道陣に現場に近づいて欲しくないのだ。
 これの真相が何だったのかという正確な発表を米軍は恐らくしないだろう。米軍は日本にそれを報告する義務が全くないからだ。それが日米地位協定というものだ。

|

« 緑の党と三宅洋平 | トップページ | ainol修理そしてampeを購入 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/57957128

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の米ヘリ墜落は米軍が何かを隠している:

» 沖縄マングースから高濃度PCB 米軍周辺、製品から漏出か [えすあい。]
JUGEMテーマ:事件・事故 沖縄マングースから高濃度PCB 米軍周辺、製品から漏出か  普天間飛行場など沖縄県の米軍基地の近くで捕獲されたマングースの体内に、有害なポリ塩化ビフェニール(PCB)の一種が高濃度で蓄積していることを愛媛大と名桜大(沖縄県名護市)の研究グループが19日までに突き止めた。  グループは、マングースが生息していた米軍基地周辺に、変圧器などPCBを使った製品による汚染源がある可能性が高いとみて「他の生物や周辺住民に汚染が及んでいる可能性もあり、詳細な調査が必... [続きを読む]

受信: 2013/08/19 09:30

« 緑の党と三宅洋平 | トップページ | ainol修理そしてampeを購入 »