« 沖縄の米ヘリ墜落は米軍が何かを隠している | トップページ | 平成版 治安維持法 »

ainol修理そしてampeを購入

Ainol7 twitterにはainolを修理に出してampeを購入したこと書いていたのですがブログの方には書いてなかったのでここにまとめます。

 特に問題なく使っていたainol novo7でしたが使用わずか3ヶ月ぐらいから液晶がちらつきはじめる。今回は落とした訳ではない。最初は電源入れたときだけだったがどんどん悪化し、映ったり映らなくなったりと実用不可能なレベルになってきたので購入した赤札天国に連絡したところ返送してほしいとのことで送ったところメーカー修理が必要だった。修理代は中国への輸送費の2800円+当方への返送費525円。ただし修理にはなんと3ヶ月もかかるとのことだった。これぞ中華リスク!?
 今回のトラブルは調べたところ同様のケース見つからないのでレアケースなのかもしれない。

Ampe タブレットが1台手元にないと不便なので今度は1万円アンダー(8980円)の7インチ中華pad ampe a78を購入。購入ポイントは1024*600の解像度で十分なこと。安価であること。リアカメラがついてることだった。1万円アンダーでリアカメラついてるモデルは少ない。
 本機はgoogle play入っているがダウンロードできないアプリが時々ある。例えばtwicca。これは調べてみたところGoogle Map APIが本機に入っていないのが原因とのこと。root化してこのAPI入れればいけるかもしれないようだが、リスクもあるのでやめてそのままにした。twitter純正クライアントなら問題なく稼働するのでこっちを使っている。google playで落とせなくともapp monster等使ってapkファイルから読み込めば動くアプリもある。
 既に一ヶ月以上使っていますがリアカメラが残念以外は実用上問題ない。この値段なら落として壊れても惜しくない。

|

« 沖縄の米ヘリ墜落は米軍が何かを隠している | トップページ | 平成版 治安維持法 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/58036244

この記事へのトラックバック一覧です: ainol修理そしてampeを購入:

« 沖縄の米ヘリ墜落は米軍が何かを隠している | トップページ | 平成版 治安維持法 »