« 参院選 東京選挙区レビュー | トップページ | 沖縄の米ヘリ墜落は米軍が何かを隠している »

緑の党と三宅洋平

 全国比例の緑の党は約45万票。みどりの風は上回ったものの当選ラインの1/3だった。しかし、選挙公示直前に緑の党に飛び込んだ三宅洋平が個人票として17万票も獲得した。三宅洋平について私も選挙前まで知らなかった。youtubeで本人確認し、公示日の吉祥寺の選挙フェスday1に行く。行ってみてその歌とメッセージが一体となったスタイルに魅了された。演説もリズムがありその内容も人々に訴えかけるもの。選挙フェス目当てでない人たちの足も次々と止まりその輪は広がって行った。内容も良い。そしてこれが原稿もなく即興のようなのだ。毎回違うことを語っている。カリスマ性もある。これはただものではない、すごい人物がいたものだ!
 東京選挙区に関しては公示前から山本太郎と決めていたが、全国区に関しては決めていなかった。緑の党を盛り立てたくもあったが、ほとんど話題にならず120万票には遠く及びそうになかった。死票にするよりもっと可能性のありそうなところに、そんな折に三宅洋平を見てこの人だ!と思った。もちろん当選するほどの票を集めるかわからなかったがそのポテンシャルは持っていた。

 緑の党のベースは11年前に中村敦夫が立ち上げた緑の会議。9年前の参院選で90万票を獲得したが当選はできず、中村敦夫は引退。組織はみどりのテーブル→みどりの未来となり、今回の緑の党になった。しかし国会議員も有名人もいない緑の党の注目は随分と低いものだった。ちなみに6年前の参院選でみどりのテーブルは川田龍平を支援して当選させている。川田はその後みんなの党にうつってしまうのではあるが。
 今回の選挙、先の衆議院選挙でも緑の党は山本太郎を支援している。今回の山本太郎の当選は緑の党と三宅洋平のコラボによる相乗効果も大きな要因だっただろう。
 民主党はダメ、社民党はジリ貧、みどりの風は消滅、生活の党も風前の灯という現状。市民の支持できる政治勢力がなくなっている。そんな折だからこそ市民が自分たちでつくりあげる政党が必要だろう。投票する、もしくは投票もせずに文句言ってる場合ではない。幸いなことに山本太郎は当選し、三宅洋平はやる気満々でいてくれる。これはまだスタートにしかすぎないのだ!
 中村敦夫は9年前の選挙に敗北したときに「日本に緑の党のような環境政党ができるのは10年以上先だろう。食えなくなるまで日本人は気がつかない。私は年齢的にも体力的にも限界だから30代に道を譲り引退する。」と語っていた。その時が日本にもようやく来たのだろうか!?

|

« 参院選 東京選挙区レビュー | トップページ | 沖縄の米ヘリ墜落は米軍が何かを隠している »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/57862303

この記事へのトラックバック一覧です: 緑の党と三宅洋平:

« 参院選 東京選挙区レビュー | トップページ | 沖縄の米ヘリ墜落は米軍が何かを隠している »