« 読書な毎日(211) | トップページ | lenovo R61eのファン交換 »

ubuntu diskを新しいdiskにクローン

 適当なHDがあったので、私のメインマシンであるwindowsとubuntuのデュアルブート環境をクローンして入れ替えた。やや、ひっかかったところがあったので手順をメモ。
 クローンには A-DATAのSSDにおまけでついていたAcronis True Image HDを使用。

1)クローンした新しいディスクに入れ替えて起動したところ、grub2は問題なく起動したが、ubuntuを選んでもwindowsを選んでも
no such device d31ff.......
hit any key to continue
というのが出る。windows はそのまま問題なく起動するが、ubuntuは
ALERT! /dev/disk/by-uuid/d31ff....... does not exist. Dropping to a shell!
というのが出て、busyboxというコマンドラインに落ちる。uuid以下のシリアル番号みたいなのは、no suchに出ていたのと同じ。
→結局これは HDを交換したことにより、パーテション固有のuuidが変わったがgrub.cfgでは前のHDのuuidのままだったので起動できなかった。

2)まずは新しいHDのuuidを調べる。busyboxのコマンドラインで"blkid"と入れると各パーテションのuuidが出てくる。linuxのbootパーテーションのuuidをメモっておく。

3)PCを再起動。grubの ubuntu linuxのところで"e"キーを押すと編集モードに入る。旧パーテーションのuuidになっている部分をさきほどメモった新しいuuidにすべて書き換える。F10キーを押すと編集した設定でubuntuがエラーなく起動する。

4)このままだと編集したgrubの設定は保存されていないので、コマンドラインから"sudo update-grub"コマンドを入力すると、grub.cfgを現在のuuidで更新してくれる。→完了


 もっとスマートなやり方があるのかもしれないけど、これで解決しました。これはgrubが出してるエラーなので、windowsだけのディスクのクローンならこの問題は起こらないでしょう。

 windows環境はクローンしたことあったけど、linux環境をクローンしたのは思い起こしてみると今回がはじめてだった。uuidなんてものがあるとは知らなかったがもっと簡単に更新できる仕組みをつくってほしいです。

|

« 読書な毎日(211) | トップページ | lenovo R61eのファン交換 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/56624346

この記事へのトラックバック一覧です: ubuntu diskを新しいdiskにクローン:

« 読書な毎日(211) | トップページ | lenovo R61eのファン交換 »