« そろそろSSDに替え時か!? | トップページ | 脱windows計画(19) »

原発と私(11) 311後-3

 原発が爆発した3/12以降、日本はチェルノブイリから学ぶ段階に入ってしまったと私は認識した。広河さんの著書「原発被爆」を引っ張り出してチェルノブイリの汚染地図を見たところ東京はばっちり範囲に入っていた。ドイツの気象局のシミュレーションでは放射能雲が東京方面にも流れていた。あまりに恐ろしく信じがたかったがこれが事実だった。
 東京から子どもだけでも京都の親戚に避難することも検討したが、放射能汚染は長期化することが予想された。さすがに数ヶ月もお世話になるわけにはいかない。2/25にうまれたばかりのくたくた赤ちゃんとの避難生活よりは自宅で汚染と戦った方が負担が少ないだろうという結論に達した。
 外出は極力減らし、帽子にマスクをつけ、雨にあたらないように気をつけた。子どもたちも親の言うことを理解してくれた。原発の状況はどんどん悪化し、そろそろごまかしのつかない状況になっていた。しかし計画停電になりスーパーの棚からあらゆるモノが消え、人々の関心は原発より物資や食料の確保へと向いていた。TVではまともな情報が流れないのでTVはほとんど見ていなかった。twitterやUSTREAMが重要な情報源になった。
 東京にも放射性物質が降ってくるのだろうか?こんな私でも半信半疑だったが目に見えない放射能に対処するにはガイガーカウンタが必要だろうと思いネットで探したが既にこの時点で主なものは売りきれていた。オークションなどで出ている場合もあったが定価の数倍10万円以上はざらだった。ガイガーカウンタなんてどこ製がいいか全くわからなかったがいろいろ調べてるうちに目をつけたウクライナ製ecotest社のterra MKSー05の在庫が昨日まで品切れだったネットショッピングサイトで出ているのを見つけた。値段は55000円と当時としてはかなり良心的な価格。これは即決だ!ということで購入処理。思った通りこのサイトの在庫はその直後に売り切れになった。
 このガイガーはその後ひっぱりだこであちこちにかして、私らは一度も福島言ってないが20回ぐらいは福島入りしているだろう。ガイガーを手に入れたことにより私らも体感的にマイクロシーベルトの値がわかるようになった。近所に1マイクロ越えのホットスポットも見つけた。あんな遠くの福島から本当に飛んでくるものなんだ。爆発前とは違う東京になったことを認識した。
 エステーのエアカウンターなら今5000円で売っています。放射能をはかることは温度をはかるようなものです。何も特別なことはないのです。ちなみに今我が家はガイガー4台持ち。

 原発爆発からもう1年以上がすぎています。原発は全部止まりましたが、事実上の脱原発なだけで国はまだ脱原発方針をとっていません。原子力保安院も安全院も経産省も東電もそのままのカタチで存続しています。あれだけの事故が起こってもこの状況ですから、脱原発運動というのはとてつもなく強大な力と戦っていたんだなと感じています。
 利権の砦にいる人はそのままですが人々の意識は変わっています。今や原発を知らない人はいません。そしてあれが爆発すれば放射能が広範囲にふることも知っています。過半数を越えなくとも1/3の人々の意識が変わればひっくり返せるでしょう。原発がいらないと。
 相手の人数は少ないですが強大な利権をまだ握っているのでなかなか降参しません。この戦いはまだまだ続きます。粘り強く続け、第二第三の事故が起こる前に原発の息の根を止めよう。

|

« そろそろSSDに替え時か!? | トップページ | 脱windows計画(19) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/54765680

この記事へのトラックバック一覧です: 原発と私(11) 311後-3:

« そろそろSSDに替え時か!? | トップページ | 脱windows計画(19) »