« 新最近みた映画(119) | トップページ | 原発震災から1年のロイター記事にみおさんらの写真掲載 »

くじびき保育園再質問の回答

 年末に送った再質問状が1/23には届いていたのですが、私自身がその頃から超忙しい状態になりツイッターの方には書いたのですがブログにまとめるのに時間かかってしまいました。こんなに忙しい要因の1つが我が家に待機児童がいるからでもありますが。
 その前に、4月からうちの待機赤ちゃんが兄と同じ保育園に入れることになりました!(一緒にくじにはずれた兄弟のあるもう一家族も入れた)4月入園の1才募集枠は0だったはずなのですがね!?

 まず、年末に出した質問がこれ

 その回答要旨は以下になります。

・回答が遅れた理由は、担当が改善できる点は改善しようと一定時間をかけて検討していたため。前回のように回答が大幅に遅れる場合はメールなどで個別に連絡するように改善した。
→その割に前回の回答はゼロ回答に近かったのですが、その後検討した結果「抽選による入所決定」を取り止めると今回の回答には明記してありました!みんなが納得いかなかったペットボトルのフタでの抽選がなんとなくなったのです!

・9月入所予約で今までは同一指数時の優先項目はすべて摘要していない。
→つまり4月にはある兄弟優先、待機日数による優先などすべてなく、フルタイムなら同一指数でくじびきだったということ。

・毎月の入所審査でも同一指数時の優先項目は摘要していない
→それではいったいどうやって引越しなどで空いた枠に入れる人を決めているのだろう?毎月くじびきはやっていないぞ。

・きょうだい在園を優先しない理由はすべての保育園で入所予約が実施できないから。もし行った場合は4月の枠を大幅に減らさなければならない。
→前回の回答とほぼ同じ。4月と9月の条件が違うことがおかしいと言ってるのにそれには回答していない。

・同一指数でのくじびきは公平と考えて実施していたが、検討した結果くじ引きは取り止める。
→やった!はじめての成果だ!

・入所予約を実施している区が5区でそのうち3区がくじ引きしているので、くじびきは特殊な選考方法とは考えていないが検討した結果くじびきは取り止める
→お役所的なもってまわった回答だが、くじびきの問題点は理解してくれたようだ。

・認証保育所に入所前に保育料を払う必要はない。もし、そのような認証保育所があるなら指導する。
→そうは言っても相手は営利企業で入れ食い状態なので枠が空いていて応募があれば入れてしまうのが現実。現実を理解しようとしないお役所の姿。お役所が待ってる間の保育料払ってくれるなら認証保育所は待ってくれるだろうが。

・入会金は保育料に含まれない準備経費と認識している。ご理解願いたい。
→だから何?実際にお金は出ていくのだ。しかも2万円以上も!公立の保育園には入会金なんてない。まったく理解できない。

・認証保育所の金額が高いとの指摘あるが厳正に審査し指導している
→金額高いのでは?という質問に回答していない

・新宿区では中山区長の就任した平成15年より待機児童の解消を最重要課題として取り組んでいる。様々な手を尽くし平成23年度までに1390人の受入枠拡大をした。就学前人口に対する区内保育サービス定員の割合は23区内でトップクラス。しかし、それでも足りていないことは認識していて更なる待機児童の解消に取り組んでいきたい。
→増えた枠はほとんどが認証保育所。認可保育園は共産党の調べた資料によると平成14年度から平成22年度でたった172人しか増えていない。その認可保育園も民営が増えている。これで最重要課題として取り組んでいると言えるのか?

・待機児童は厚生労働省の定義に従っていて、認証保育所に入っているこども、転園希望者は含まれていない。うちの子は待機児童に該当。
→2001年以前の旧定義では認証保育所に入りながら認可保育園の入園を希望するものも待機児童に入っていたが現在の新定義では含まれない。なので、うちの子も入っていないのでは?と思って聞いたら入ってると言う。つまり、区外の認証保育所なら待機児童になるのか?この件は再質問してみる。ちなみに共産党の資料によると新宿区の2011年4月の待機児童は92人(旧定義だと223人)。これぐらいの数がなんとかできないのだろうか?

・緊急性の高い児童とは児童相談所からの相談があった場合、指数が大変高い場合が該当。基準を遵守したうえで定員以上を受け入れる場合もある。
→児童相談所とは児童虐待のことを指しているそうだ。指数が大変高いというのは、満点のうちら以上ということだろうから母子家庭などのことだろう。例年弁天町保育園1才児は3枠ぐらいはある(規模からすると5枠ぐらいあっていいはずだが)のだが今年はゼロだった。ということはそういう子どもが3家庭もあったということ?信じがたい話だ。ゼロ枠でうちらが入れたのはこんな質問状送ったりと面倒な親なので緊急性の高い児童に昇格していたりして(^^;

・1才児の募集枠がゼロになってしまったのはやむを得ない理由で0才児を多く受け入れた結果で不手際でない。
→区としてはこういう回答になるのだろうが、そんなにやむ得ない子どもがたくさんいたのか!?信じられない。

・ゆったりーのは前回回答した通り必要な施設でなくすつもりない。
→何度聞いてもこう答えるのだろう。牛込地区は最も待機児童の多い区域だからこれを保育園に戻すのが最も即効性が高いのだが。一度はじめた事業はやめられないのがお役所だからね。

・2月、3月うまれの子どもは5月、6月入所の申し込みを受け付けている。今後2月、3月うまれの子どもへの配慮も検討したい。
→生まれる月は選べないのだからなんとかしてほしいけどね。

 だいたいこんなところです。今回の質問の成果としては。くじびきがなくなったこと。入所予約制度の改善について検討すること。質問に対する回答に遅れるときは連絡もらえるようになったこと。一応、労力かけただけのことあった。そして、この質問の結果ではないのだろうがうちの子は4月から入れることになった。しかし、この半年は職場にも迷惑かかったしさすがに大変だったよ。
 こんな苦労は誰にも味わってほしくないので、もう一回ダメオシ質問状を送って、この件に関してはしめたいと思っています。

|

« 新最近みた映画(119) | トップページ | 原発震災から1年のロイター記事にみおさんらの写真掲載 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/54170728

この記事へのトラックバック一覧です: くじびき保育園再質問の回答:

« 新最近みた映画(119) | トップページ | 原発震災から1年のロイター記事にみおさんらの写真掲載 »