« そもそも現在の日本の保育行政は問題が多い | トップページ | 東京都の住民投票条例について訂正 »

東京で原発住民投票

 現在東京都で原発再稼働の是非を問う住民投票の署名が行われているが、国民投票は憲法の条項についてのみ法整備されているため同じ件で現状は国民投票ができない。本当なら一般事項でも国民投票できるような法律をつくるべきだがそこまで行くのはハードルが高い。だから一般事項でもできる自治体レベルの住民投票条例からはじめている。つまり現状はイタリアやスウェーデンのような原発国民投票は日本ではできないのです。
 東京都と大阪市だけでまずはじめたのは単純にマンパワーの問題でしょう。当初は浜岡原発のある浜岡などでも計画していましたが、電力の大量消費地でもある両都市ではじめることになりました。他の自治体でもやる気があればどんどんやればいいのです。
 住民投票は法的拘束力はないものの巻町原発建設を止めたりと実績があります。住民投票なら各自治体単位で今すぐにでもはじめられる。詳しいこと知りたければ今井一氏の「住民投票」を一読あれ。日本の住民投票のバイブルです。また、今回の住民投票運動のサイトも下記にURL。

○住民投票 観客民主主義を超えて
http://www.honyaclub.com/shop/g/g12747729/

○みんなで決めよう「原発」国民投票
http://kokumintohyo.com/

 私は2000年、渋谷区公園通り駐車場入口の建設を問う住民投票運動に関わりホームページ作成署名集めなどを手伝った。このとき規定の5倍以上の署名を集めたが、議会では否決され住民投票は行われず。駐車場入口は建設されてしまった。これが無駄な活動だったかと言えばそうとも言えない。これを進めた小倉区長は再出馬しなかった。今もあの駐車場入口の墓標を見るたびに私は住民投票を思い出すし、住民投票と聞けばあの入口を思い出す。私が日本の政治の不条理を感じ今も政治に関わっているのもあの住民投票の闘争があったからだろう。
 以下、そのときのレポートです。

2000/12/5 駐車場問題 渋谷ロケハン
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9222/kokkai/shi0.html

2000/12/10 公園通駐車場入口問題で揺れる渋谷で住民投票の会支援行動の第一弾
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9222/kokkai/k_go31.html

2000/12/17 渋谷で住民投票の会支援行動の第二弾
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9222/kokkai/k_go32.html

2001/2/9 渋谷住民投票臨時議会
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9222/kokkai/ent2.html

 ちなみに住民投票という手段を行政側や政治家の多くは極度に嫌っている。なぜなら住民投票にかけられる案件は彼らの利権に反することばかりだからです。だから彼らは衆愚政治などと批判するのですが、これも民主主義の一つの手法です。世界的に普通に行われています。政治家に任せていては駄目な案件だから住民投票をしている。この住民投票というのはもちろん反対運動ではありません。是非を問い、はっきりさせるために行うものです。八ツ場ダムだって本当は住民投票をすればいいのです。曖昧なままずるずるやってるからいつまでも決まらず、利権側に引っ張られるというオチになるのです。
 日本の場合は住民投票運動とリコール運動がセットで行われることも多い。住民投票の署名を集めたところで、議会が否決すれば住民投票が行われないため、議会や首長をリコールするのです。有権者の1/3の署名を集めれば(有権者数40万人超の自治体は1/6の署名)無条件にリコールとなる。これを拘束型住民投票と言うが、住民投票条例の有権者1/50に比べて署名のハードルは格段に高い(一般条項に関しても法的拘束力を持たせる拘束型にする動きもあるようだが、今のところ実現していない)。

 その後、私はリコール運動にも関わった。2001年に行われた石原都知事のリコール署名運動。慎太郎をなぜリコールかという説明はいいですね!?この当時は石原都知事の一期目にあたり知事はかなり人気がありました。アドバルーンの政策をボンボン上げマスコミを賑わしていた。結局、ほとんどの政策は宙ぶらりんか消えてしまったものばかり。カジノ構想、ホテル税、オリンピック、横田基地の国際空港化、ロードプライシング。唯一実現したようにみえるディーゼル規制ですが、東京の大気汚染は改善しておらず、喘息患者はむしろ増えています。うちの長女も喘息だ。実績はバイクレースと東京マラソンぐらい?ところが、何もしないで暴言ばかりのあの都知事が4期目です。都民の目は腐ってるんではなかろうか。
 このリコール署名運動自体は失敗に終わりこの運動があったことを知っている人もわずかでしょう。そのときのレポートも残っていた。デモを4人でやったりしていた!

2001/1/7,8 石原都知事リコール会議 新宿・渋谷街宣を応援
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9222/kokkai/ishi1.html

2001/2/11 石原都知事リコールデモ
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9222/kokkai/ishi2.html

2001/2/13 石原バイバイオークション
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9222/kokkai/ishibai.html

2001/3/13 石原都知事リコール開始記者会見
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9222/kokkai/ishi_pre.html


 そんなわけで私の活動の原点は住民投票だった。住民投票に関わった人は政治的に目覚めるのです。だから、利権政治家やお役人は住民投票を極度に嫌う。
 民主主義というと選挙で投票するだけと思ってる人が多いのですがそんなことはありません。自分が立候補もできるし、住民投票やリコールのような直接請求もできます。デモやストだって民主主義の手法の1つです。

 渋谷の住民投票は渋谷区民では無かったので支援するだけでしたが、今回の原発住民投票は私の所属する自治体での初めて住民投票です。しかもテーマは原発。参加しない理由はありません。おまけに住民投票の教祖と言える今井さんまでついてるとは百人力。これで規定数の署名集められなかったら我々が本気でやってなかったってことでしょうね。まあ、相手は強大な電力マフィアでありますが!
 ツイッターで一言書くつもりだったのがこんな長くなってしまった(^^;;

|

« そもそも現在の日本の保育行政は問題が多い | トップページ | 東京都の住民投票条例について訂正 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/53725585

この記事へのトラックバック一覧です: 東京で原発住民投票:

« そもそも現在の日本の保育行政は問題が多い | トップページ | 東京都の住民投票条例について訂正 »