« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

新最近みた映画(119)

【はだしのゲンが見たヒロシマ】 石田優子
 はだしのゲンの原作者の中沢啓治が自身の被曝体験を語ったドキュメンタリー。中沢氏は当時小学1年生だったそうです。はだしのゲン自体が彼の体験に基づいて描かれていたことがわかります。原爆により彼の弟と姉、そして父親は家の下敷きとなり焼死。奇跡的に助かった母親のお腹には子どもがいましたが、子どもは生まれて数ヶ月で死んでしまう。母親は被曝の影響で健康がすぐれず若くして死んでしまう。著者自身もたまたまコンクリート塀の影にいて助かっただけで彼と話していた友人のお母さんは爆風で即死。爆弾を投下したB29を著者は見たそうですがそのとき不思議なことに空襲警報は鳴らなかったという証言もしています。
 さすが漫画家が語るだけありその表現力は、すさまじい。ひさびさに頭がクラクラする映画でした。爆発直後もたいへんでしたが、その後のくらしもずっと大変。住む場所もなくなり差別もあったそう。また、お父さんが戦争に反対していたがため特高警察に連行され1年後にボロボロになって帰ってきたというエピソードも。あらためて原爆の非人道性と戦争のむごさを感じました。
 はだしのゲンは私も小学生のとき読みましたが忘れようのない漫画です。もし読んでない人がいたら読んで欲しい。そしてこのドキュメンタリーも是非見てほしい。中沢氏の貴重な証言は歴史に残り語り継がれることでしょう。
(★★★★☆)

【放射性廃棄物 終わらない悪夢】 エリック・ゲレ
 2009年製作の仏ドキュメンタリー。高速増殖炉のあるフランスのラ・アーグ、核兵器の製造施設のあるアメリカのハンフォード、核施設が爆発(ウラル核惨事)したロシアのチェリャビンスクなどを巡ります。驚いたことに核廃棄物を規制する国際法はつい最近まで無かったそうだ。それをいいことに知らんぷりして捨てていた。これはやはり核兵器製造国の理論なのでしょう。
 ウラル核惨事が起こったのは1957年でしたが、ソ連はずっとこれを国内外で隠していた。明らかになったのはなんと20年後!汚染は広がり、健康被害も広がっていた。一帯は今もかなり高い線量のまま。今この施設は原発などの廃棄物処分場になってるそうだ。フクシマの未来を見てるようだ...。ハンフォードも似たようなもので、爆発はしていないものの。核の廃液が川や地下にしみだし、大気に飛散し付近の人に健康被害を及ぼしている。ラ・アーグも同様。フクシマ並にひどいところが世界にはたくさんあるんだと感心してしまった。つまり、核エネルギーは発電にも兵器にも使ってはいけないということだ。
 中国やインドでも今原発をじゃんじゃんつくっています。そのうちこれらも事故を起こすことでしょう。既に起きているのに隠しているかもしれません。日本もこれほど手痛い目にあったというのに、まだ外国に原発を売ろうとしている人たちがいます。正気とは思えない。
 核廃絶とは核兵器だけでなく原発も含めなければいけないでしょう。そうしないことには核の汚染はなくならない。カネと命をてんびんにかけているのが核エネルギーってことだ。いい加減気がつこうよ!
(★★★★)

【未来の食卓】 ジャン=ポール・ジョー
 南フランスのバルジャック村の1年を追ったドキュメンタリー。村長は学校給食と高齢者の宅配給食をオーガニックにするという試みをする。オーガニックとは農薬や化学肥料を使わない栽培方法でつくられた野菜のことです。この給食の試みが子どもから親にも広がっていくという流れになっています。
 映像きれい、子どもかわいい、食べ物おいしそうです。BGVとしてもいい感じですね。ただちょっと心配だったのはこれを引っ張った村長がいなくなった後もこれが続いていて今も継続してるのかということ。人は易きに流れやすいので、信念を持ってやっていないといつの間にか戻ってるなんてことが多いからね。
 本作は原発爆発後に見ました。今や日本ではオーガニックも重要だけど、ベクレルフリーも重要な食生活になってしまいました。本当に余計なことしてくれたよな東電と経産省!
 ちなみに同監督は次作の「セヴァンの地球のなおし方 」のプロモーションのために爆発後の日本に訪れ、原発のドキュメンタリーを撮りたいと言っていたようです。もちろん脱原発です!
(★★★☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都の住民投票条例について訂正

東京都の住民投票条例について私も混同していた。住民投票に関しては”東電管内の原発再稼働”の○×でした。
下記条例案7条2項。

http://kokumintohyo.com/wp-content/uploads/tokyo_joureiank.pdf

住民投票条例と国民投票についてはしっかり分けて議論しないといけないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京で原発住民投票

 現在東京都で原発再稼働の是非を問う住民投票の署名が行われているが、国民投票は憲法の条項についてのみ法整備されているため同じ件で現状は国民投票ができない。本当なら一般事項でも国民投票できるような法律をつくるべきだがそこまで行くのはハードルが高い。だから一般事項でもできる自治体レベルの住民投票条例からはじめている。つまり現状はイタリアやスウェーデンのような原発国民投票は日本ではできないのです。
 東京都と大阪市だけでまずはじめたのは単純にマンパワーの問題でしょう。当初は浜岡原発のある浜岡などでも計画していましたが、電力の大量消費地でもある両都市ではじめることになりました。他の自治体でもやる気があればどんどんやればいいのです。
 住民投票は法的拘束力はないものの巻町原発建設を止めたりと実績があります。住民投票なら各自治体単位で今すぐにでもはじめられる。詳しいこと知りたければ今井一氏の「住民投票」を一読あれ。日本の住民投票のバイブルです。また、今回の住民投票運動のサイトも下記にURL。

○住民投票 観客民主主義を超えて
http://www.honyaclub.com/shop/g/g12747729/

○みんなで決めよう「原発」国民投票
http://kokumintohyo.com/

 私は2000年、渋谷区公園通り駐車場入口の建設を問う住民投票運動に関わりホームページ作成署名集めなどを手伝った。このとき規定の5倍以上の署名を集めたが、議会では否決され住民投票は行われず。駐車場入口は建設されてしまった。これが無駄な活動だったかと言えばそうとも言えない。これを進めた小倉区長は再出馬しなかった。今もあの駐車場入口の墓標を見るたびに私は住民投票を思い出すし、住民投票と聞けばあの入口を思い出す。私が日本の政治の不条理を感じ今も政治に関わっているのもあの住民投票の闘争があったからだろう。
 以下、そのときのレポートです。

2000/12/5 駐車場問題 渋谷ロケハン
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9222/kokkai/shi0.html

2000/12/10 公園通駐車場入口問題で揺れる渋谷で住民投票の会支援行動の第一弾
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9222/kokkai/k_go31.html

2000/12/17 渋谷で住民投票の会支援行動の第二弾
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9222/kokkai/k_go32.html

2001/2/9 渋谷住民投票臨時議会
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9222/kokkai/ent2.html

 ちなみに住民投票という手段を行政側や政治家の多くは極度に嫌っている。なぜなら住民投票にかけられる案件は彼らの利権に反することばかりだからです。だから彼らは衆愚政治などと批判するのですが、これも民主主義の一つの手法です。世界的に普通に行われています。政治家に任せていては駄目な案件だから住民投票をしている。この住民投票というのはもちろん反対運動ではありません。是非を問い、はっきりさせるために行うものです。八ツ場ダムだって本当は住民投票をすればいいのです。曖昧なままずるずるやってるからいつまでも決まらず、利権側に引っ張られるというオチになるのです。
 日本の場合は住民投票運動とリコール運動がセットで行われることも多い。住民投票の署名を集めたところで、議会が否決すれば住民投票が行われないため、議会や首長をリコールするのです。有権者の1/3の署名を集めれば(有権者数40万人超の自治体は1/6の署名)無条件にリコールとなる。これを拘束型住民投票と言うが、住民投票条例の有権者1/50に比べて署名のハードルは格段に高い(一般条項に関しても法的拘束力を持たせる拘束型にする動きもあるようだが、今のところ実現していない)。

 その後、私はリコール運動にも関わった。2001年に行われた石原都知事のリコール署名運動。慎太郎をなぜリコールかという説明はいいですね!?この当時は石原都知事の一期目にあたり知事はかなり人気がありました。アドバルーンの政策をボンボン上げマスコミを賑わしていた。結局、ほとんどの政策は宙ぶらりんか消えてしまったものばかり。カジノ構想、ホテル税、オリンピック、横田基地の国際空港化、ロードプライシング。唯一実現したようにみえるディーゼル規制ですが、東京の大気汚染は改善しておらず、喘息患者はむしろ増えています。うちの長女も喘息だ。実績はバイクレースと東京マラソンぐらい?ところが、何もしないで暴言ばかりのあの都知事が4期目です。都民の目は腐ってるんではなかろうか。
 このリコール署名運動自体は失敗に終わりこの運動があったことを知っている人もわずかでしょう。そのときのレポートも残っていた。デモを4人でやったりしていた!

2001/1/7,8 石原都知事リコール会議 新宿・渋谷街宣を応援
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9222/kokkai/ishi1.html

2001/2/11 石原都知事リコールデモ
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9222/kokkai/ishi2.html

2001/2/13 石原バイバイオークション
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9222/kokkai/ishibai.html

2001/3/13 石原都知事リコール開始記者会見
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9222/kokkai/ishi_pre.html


 そんなわけで私の活動の原点は住民投票だった。住民投票に関わった人は政治的に目覚めるのです。だから、利権政治家やお役人は住民投票を極度に嫌う。
 民主主義というと選挙で投票するだけと思ってる人が多いのですがそんなことはありません。自分が立候補もできるし、住民投票やリコールのような直接請求もできます。デモやストだって民主主義の手法の1つです。

 渋谷の住民投票は渋谷区民では無かったので支援するだけでしたが、今回の原発住民投票は私の所属する自治体での初めて住民投票です。しかもテーマは原発。参加しない理由はありません。おまけに住民投票の教祖と言える今井さんまでついてるとは百人力。これで規定数の署名集められなかったら我々が本気でやってなかったってことでしょうね。まあ、相手は強大な電力マフィアでありますが!
 ツイッターで一言書くつもりだったのがこんな長くなってしまった(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そもそも現在の日本の保育行政は問題が多い

 待機児童で我が家はたいへんな思い続行中ですが、そもそも日本の保育行政は問題が多いのです。本当はまだ預けたくなくとも、保育園に入れなくなるから預けるというケースがわざわざ増えるような状態にしています。

 よく、”0歳なんて小さい赤ちゃんを保育園に預けるの早いんじゃない?”と言われるのですが、現状は0歳のしかも4月でないと保育園に入れません。何月生まれでも関係ありません。現在は4月に0歳枠をほとんど埋めてしまうので、以降は誰かが引っ越すなど退園しないと入れないのです。1歳枠はわずか。うちの子らも1人目は9月うまれで、2人目は2/2うまれですがどちらも4月入所。本音を言えば、生まれて2ヶ月のクタクタ赤ちゃんを保育園に入れたくなかったのですが、0歳4月でないと入れないから4月に入れました。そして3人目も2月でしたが、4/1に入れる日数に到達していなかったので9月にしたら見事入れませんでした。これが現実。
 0歳4月に枠を埋めてしまうのでなく、いつでも入れるという保証があればもっと育休とって1歳ぐらいになってから入れる家が増えるでしょう。現在はそれをすると入れないという大きなリスクを伴うため、競って4月に入れてしまうのです。

 育休時の所得がなく、税金だけはしっかりとられるというのも職場復帰を早める要因になっています。職場(健康保険)によっては育休時にある程度(多くて4割程度)の所得を払ってくれる場合もありますが、産前6週、産後8週以外は基本無給です。無給なのに住民税はしっかりとられます。当然ですが所得が多いほどこの負担は大きいので、長々と悠長に休んでるわけにいかなくなります。ちなみに健康保険と年金に関しては育休中は免除になります。
 育休時でもせめて2割でも所得あればゆっくり育休をとるという選択肢もあるでしょう。実際のところ育休とるどころかこどもを生んで休むんならヤメテという職場も多いでしょう。復職後も子どもが病気で休んだり、迎えで早く帰らなければならないようになるからです。派遣の場合は休んだときから契約終了で無給。
 男が育休とるというのも現状は絵に描いた餅ぐらい現実味がない。なにしろ前述の通り、育休時は所得がないのです。夫婦二人で休んでいてはのたれ死に。奥さんが育休ととって収入ないからこそ働かなければなりません。

 これらが改められない限り、育休をゆっくりとるという選択肢はありえないでしょう。逆にこれさえやればみんな必死で4月に入ろうとはしなくなるのです。なんでこれぐらいのことができないのだろう。実に不思議だ。


<育休増やしたいならこれをやればいい>

1)入園枠の弾力化(半年毎に一定入園枠の確保)

2)育休時の住民税免除。

3)育休時の所得補助

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »