« 読書な毎日(204) | トップページ | 新宿保育園くじびきの件ようやく回答が届いた »

ハシズム現象に関して

 大阪のダブル選挙で橋下氏率いる大阪維新の会が勝利した。マスコミ主導のネガティブキャンペーンをはねのけての勝利だからこれは今までと違う流れと言ってよい。今までの橋下氏はマスコミを味方につけて選挙を勝ってきたが、今回は一転してネガティブ。鮮度の落ちた人物を”数字がとれない人物”としてマスコミは時に引きずりおろすが、今回はそれではない。やはり電力の地雷を踏んだからに違いない。マスコミはほとんど報道しないが、橋下氏は今回脱原発を掲げていた。これを当選させてはまずい!とマスコミは温存していたとっておきのネタを引っ張り出した。それが部落とヤクザだ。今までの選挙ならこれはゴールデンハンマーと言えるもので、半分結果は決まったようなものだった。私も、これで橋下はヤラレタと思った。しかし、違った。マスコミのゴールデンハンマーは空振りになった。いくらネガティブキャンペーンをうとうがツイッターで自ら発信する橋下氏に有権者は有権者はアクセスできるのだ。地道なゲリラ戦がこの選挙を勝利に導いた。
 ここまでは今回の選挙の分析でハシズムが良いと言ってるわけではない。ここには書かないがハシズムには多くの問題があり、私も手放しでは支持できない。しかし、ここまで腐って固着した電力をはじめとする産業界、官僚組織をひっくり返すにはハシズムのような劇薬が必要なのだろう。ハシズムは勝ったのだからこれを利用するしかない。国民同士で潰し合いをしたのでは元の木阿弥。官僚天国の再構築になるだけだ。

 どうやらソフトバンクの孫氏、元経産官僚の古賀氏は橋下氏を支持している。更には民主党の小沢氏も橋下氏に近いところにいるようだ。彼らの目的は一緒。官僚主権から国民主権に変えることだ。
 官僚機構の一部であるマスコミは今後も橋下氏の足元をすくおうとしてくるだろう。私らはそれらに惑わされずに、良いところはサポートし、問題のあることろは批判しながら監視してゆくべきだろう。

 東京の石原知事もハシズムと似ているように見えるかもしれないが、彼はがっちり官僚&産業界側。戦ってるフリをしているだけの歌舞伎役者です。それが証拠に石原都政の10年で何も変わってない。強いてあげればディーゼル規制ぐらいだが、あの程度では大気汚染は解決しない。うちの子含め、ぜんそく患者は今も増えているが新たな対策は何もない。まだオリンピックなんて寝言を言ってるし、勘弁して欲しいわ。

 官僚のお膝下の東京都民は原発が爆発しても目覚めなかったけど、大阪は一歩踏み出したのでしょう。大阪人の方が感度がいいってことだ。日本のジャスミン革命は大阪からになるのか!?

|

« 読書な毎日(204) | トップページ | 新宿保育園くじびきの件ようやく回答が届いた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/53355764

この記事へのトラックバック一覧です: ハシズム現象に関して:

« 読書な毎日(204) | トップページ | 新宿保育園くじびきの件ようやく回答が届いた »