« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »

原発と私(9)〜311後-1

 多くの人がそうだと思いますが311の震災により世界が変わってしまいました。様々な意味で。
 私の場合、この震災くる前から大きめの地震があると原発が問題ないかチェックするというのがいつもの行動パターンになっていました。今回の311地震は長かったけど東京ではそれほどとは私は思わなかった。震源が宮城沖だったので女川が危険ではと思い原発のモニタページでチェック。だいたい原発は震度5程度の揺れで緊急停止します。女川は震度5強でモニタリングポストの値は問題なさそう。しかし、やはり緊急停止していた。そして福島第一、第二も緊急停止。けれど福島は震源からやや遠いのでそれほど気にしていなかった。
 東京でも余震が何度かあり、崩れた荷物などを直しながら動向を引き続き動向をチェック。そんな折、女川の値が消える。電力会社が”値を隠したのでは!”。今やみなさまご存知でしょうが、電力会社は都合の悪いことはウソついてでも隠すという体質を持っているので”隠した!”とその瞬間思ったのです。もしや福島もと思い見たらこちらも消えていました。そしていくら待っても表示される様子は無かった。”奴らやりやがったな”と思いこのページを見るのやめたのですが、このモニタリングポストの値が消えた理由は津波だったというのが後でわかる。ポストや電源設備が津波をかぶって機能を喪失していたのだった。

 その日はもう仕事どころではなく、会社は早めに終了。電車が止まっていたので歩いて帰宅。家に帰ってからも原発に関して気になってずっとチェックしていたが。自動停止した。津波がきたが大丈夫だった。というニュースが繰り返されるだけで新しい情報はほとんどなかった。それよりテレビは地震と津波の被害の衝撃映像を繰り返し流していた。
 この約2週間前に我が家には3人目のベビーが誕生していた。母親は産休中で東海村の義母が家事を手伝いにきていた。この日3/11に義母は東海村に帰る予定だったが電車が止まり当然帰れなかった(バスが復活するまでこの後1週間かかる)。東海村の義父とも電話が込み合っていてほとんど連絡がつかなかった。
 地震の後、携帯も固定電話もほとんどつながらなかった。これはある程度予想できたが、このときは携帯メールもなかなか送信できず。結局この日家族の安否が確認できたのはmixiのつぶやき機能によってだった。
 このとき、私はツイッターアカウントをとりあえず持ってはいたけど全く使っていなかった。刻一刻と変化する地震&原発情報も信頼おける人のツイートが一番早く正確でツイッターの有用性をはじめて認識する。私のツイッターデビューは311後だった。

 それまでは”140文字程度で何が語れるのか!?”、”チャットの延長程度のものだろう”と思っていたのですが、短縮リンクはったり写真はったり他人のツイートをリツイートしたりという機能を持っており、140文字というのもサラッと読み流すにはちょうど良い。書くときも簡潔にまとめるに丁度良い長さ。また、気になる人だけフォローすればよい。早速androidタブレットにもツイッターアプリをインストールして使いはじめたらこれは無くてはならないものになった。パソコンだとわざわざ起動しなければならないがタブレットはボタン押せば起動してすぐ読める。寝るときも枕元に置いて東電や政府の夜中の記者会見のツイートを追った。東京から我が家も避難すべきか!?ツイッターとネットの情報や知人の動向を見ながら家族で相談したのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セカンドガイガJG22N購入

Jg22n 我が家では原発爆発後ガイガーの必要性にかられecotest黒terraを4月に購入しましたが実に重宝していて知人らからも正にひっぱりだこ状態。私は福島に行ってないけどこのガイガは10回以上福島入りし、飯館やふくいち正門前にも行った歴戦機です。そんなわけで我が家にもう1台ぐらいあってもいいなとなり、このたびセカンドガイガを購入。ファルームのJG22N.中国製造の国産製品で49800円。本機はベータ線も一緒に拾う仕様だそうで黒terraよりも高め(3-4割増し)の値が出る。また、放射線値を1秒毎に取得し平均化計算はしないそうで値がけっこうばらつく(黒terraは1分の平均値)。ただし、大きめのガイガ管使っているそうで感度は良い感じ。値があまりに振れるので最初は不良品なのかと思ってしまった(^^;がそれが特性だった。ガイガ毎にけっこうクセがあるもので、場面によって使い分けるのが寛容かと。
 本機はJG22Nの新型とのことで3桁表示ですが、いつも同じ値(例えば0.166マイクロは出るが0.168は出ない)が出るので3桁にする必要無かったのではないかなと思った。また、本機はベクレルやcpm、グレイなどの別の単位にも換算して測れるという特徴を持っている。saikomsはベクレル表示されるところが気に入ったそうだがこれで土や食品を測る場合はあくまで目安の感じだ。やや本体は大きめだが付属のケースがちょうどよい大きさでしっかりしたもので良い。ちょと値段が高いしクセあるのでみんなが持ってないガイガーがいい!と言うマニア向けかな。

○ファルーム JG22N
http://www.faloom.com/geigercounter.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone5を待たなくていいのか

 iPhone4Sが売れている。今回はCPUアップのマイナーチェンジだったがジョブズが亡くなったのが大きいのだろう。
 iPhone4Sが発表されるまで、この発表はiPhone5の発表と思われていた。結果としてiPhone4Sのみの発表だったが、リーク情報などからiPhone5の発売もそう遠くないと思われる。今回に本当は間に合わせたかった間に合わなかったのだ。今のところ発売は来春ではないかと言われている。ということは、半年先である。
 iPhone5はAndroid同様NFCチップを積んでおり筐体デザインも間違いなく一新される。NFCチップを使い決済や非接触認証ができるようになる。正にフルチェンジでこれが恐らくジョブズの思いがこもった最後のiPhoneになるだろう。そんな訳で今先を争ってiPhone4Sを買う必要はないのでは?と私は思う。ここまで待ったのだからあと半年待てばいいのだ。まあ、今回iPhone4Sを買った人の多くはそのときiPhone5に乗り換えるのだろうが....。

 ちなみに私はiPhoneユーザーでないし、Apple製品を一度も購入したことがない。なぜなら、私はアップル製品を見て触って仕事でも使っているが、欲しいと思ったことが1ミリもない。私の感性と全くあわないのだ。自分でも不思議に思っていたが、ジョブズの伝記を読んでその理由がわかった。私がジョブズと合わないのだ。それだけアップル製品はジョブズを体現している。

 そんな訳で外野のつぶやきにすぎないのだが、今回のiPhone4S狂騒を見ていて違和感を感じたので書いてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Laptop VS Tablet by Mio(Age 0)


海外の動画で赤ちゃんにLaptopとTabletを選ばせているもの( http://www.youtube.com/watch?v=mPHtt_tUkNo )があり面白かったので我が家の赤ちゃんにも選ばせてみました。結果はいかに!?
使用機種はASUS 1215T と Archos101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kindle fireは誰が買ってるのか!?

Kindlefire  kindle fireに25万台の予約が入ったそうだ。$199は確かにリーズナブルだが驚くほどの安さではない。カメラがついていないし、性能が他のAndroidタブレットに比べて良いわけでもない。果たしてこのタブレットを予約しているのはいったい誰なのだろうか。おそらく、今までipadやandroidタブレットを買ったことがない層なのだろう。
 ipadはスタイリッシュだが一般的にはとっつきにくそうに見えるデバイスだろう。はたして自分が使えるものだろうか?そう思って二の足を踏んでる人たちはけっこういる。スタイリッシュなのが逆に恥ずかしいという側面もある。androidタブレットは更にマニアックでギーク向けだ。
 ところがkindle fireはどうやらkindleの延長線上にありそうなデバイスだ。更にkindleでは見れなかった動画が見れるし、カラー。つまり、まず第一にipadなどのタブレットを持ってないkindleユーザーが興味を示しているのだろう。加えて、本を読まないけどタブレットに興味のある層も取り込んでいるのではなかろうか。Amazonは今や本だけのストアではない、なんでも売っている。本しか読めないkindleに興味はないがkindle fireに興味を示す層も多いに違いない。
 タブレットというデバイスに興味あるけど、もしかして買っても使わないかもしれない。でも$199なら失敗してもいいし、最悪でもamazonのカタログストアとしては使えるだろう。そういう打算があるに違いない。クリスマスシーズンにもこのkindle fireは売れるだろう。プレゼントとして適当な値段。タブレットをいじったこと無いパパやママのプレゼントにも良さそうだ。
 同じ層を狙ったように見える、ブラックベリーのplay bookやHPのtouch padがなぜ失敗したか。値段もあるだろうが、kindle fireはみんなが使っているAmazonという店と直結してるということが大きいに違いない。
 一度タブレットを使った人たちはそれを新たなツールとして受け入れるだろう。kindle fireはタブレットというデバイスを一般化し裾野を広げるのに貢献する。

 Amazonは用意周到だ。今回のkindle fireは一般大衆向けタブレットだが、ギーク向けには10インチのハイスペックandroid4.0 コードネームHollyWoodを年明けに用意している。ギークはもちろんそのことを承知していて、今回のkindle fireは見送りHollyWoodの登場を待っている。まだAmazonはすべての手札を見せていないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新最近みた映画(118)

【ハンナ】 ジョー・ライト
 本作は飛行機で見ました。シアーシャ・ローナン、エリック・バナ、ケイト・ブランシェット。氷原の山奥で男(バナ)が少女ハンナ(ローナン)を鍛えている。彼女は超人的に強い。二人は当局からなぜか狙われている。
 監督が今までとってるのとはずいぶん毛色の違う作品と思われる。ニキータとレオンと設定的には似てるがハンナがかなり浮世離れしてるのでET的な要素もあります。総合するといまひとつ。なんで彼らは狙われているかというので物語をひっぱるのですが、そのオチもだめ。監督はこの映画でなにを訴えたかったのか?
 こんな映画でもケイト・ブランシェットは輝いています。もったいない。
(★★)

【ブルー 初めての空へ】 カルロス・サルダーニャ
 本作は飛行機で見ました。フォックスのフルCGアニメ声の出演。原題はRIO。ジェシー・アイゼンバーグ、アン・ハサウェイ。日本では結局未公開決定。飛べないオウムブルー(アイゼンバーグ)は故郷のブラジルで飼い主からはぐれる。そこで出会ったオウム ジュエルと冒険をする。
 人気のゲームAngryBirdsとムリムリタイアップした映画ですが、映画自体は全くAngryBirdsと関係ありません。なにしろ絵のトーンが違いすぎる。私は先にAngryBirdsでこの映画の予習(^^:?していたので、出てくるキャラクターには親近感がわいたがただそれだけ。映画自体は凡作です。主役の人間に華がないので、なんかつまんない。おそらくAngryBirdsとタイアップしたプロモーション効果は大きかったのでは。私もタイアップしてなければこの映画見てないもの。
 ゲームの方はまだ完結してないのだが、最近更新されない。もうやる気なくなったのか、まさかRIOの続編をつくるのか....。
(★★☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »