« 日本でも電子書籍 | トップページ | 原発と私(8)〜 311前 »

東電のでんき予報には東北電力融通分も足されているのか!?

 気温が上がってるにしてもここ数日の東電管内の電力使用量の増加は不可解に思い、昨日8/9の各支店の電力ピークを足したところ4587万kWだった(山梨支店は15:00-16:00のピーク値なのでこれより幾分小さいはず)。発表されている東電菅内ピークは4807万kW.220万kWもの差が出ている。東北電力への昨日の融通分は140万kW。それでも計算あわないが、これが足されていると見るのが自然だろう。
 ついでに東北電管内についても計算。ピークは1246万kW。各支店の足し算は1248万kW(14:00-15:00ピークでない支店が複数ある)。こちらはたった2万kW差。つまり東北電管内の計算はほぼ合っている。
 しかし、今日になって東電のプレスリリースで供給能力は5600万kWで東北へ140万kW融通しているというのが出た。つまり東北電分はでんき予報に足してないということだ。計算が全然あわないのだが?
 しかし、東電の供給能力はうちでのこづちか?いくらでも増えていく。
 でんき予報上では今日も昨日のピークを上回っている模様。ついでに今日も光化学スモッグも3日連続で出ている。

|

« 日本でも電子書籍 | トップページ | 原発と私(8)〜 311前 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/52441285

この記事へのトラックバック一覧です: 東電のでんき予報には東北電力融通分も足されているのか!?:

« 日本でも電子書籍 | トップページ | 原発と私(8)〜 311前 »