« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

原発と私(8)〜 311前

 結婚して子どもうまれましたが、引き続き原発と私の付き合いは続いていました。先にも書きましたが原発ってのは単なるパワープラントではなく、政治、経済、軍事、環境、社会、地方などあらゆる問題に深く関わっており、調べれば調べるほどに驚くべき発見があるのです。もちろん、こんなものは存在してはいけない!という発見ですが。というわけで飽きないというかキリがない。”脱原発”をライフワークにしてもいいぐらい。脱原発系人脈もどんどん広がる一方、非原発系の人たちとはやや疎遠になり、趣味にしていた馬系も時間とエネルギー配分の関係で縮小していったのでした。

 しかし、世間の原発への関心は東海村臨界事故以降急速に風化。原発が何かも知らないし興味もないという人がどんどん増える。そいうい人に脱原発を訴えても全然響かないのです。それでも私は気がついてしまった人間なのでいちサラリーマンエンジニアの立場で地道に発信していた。私の過去ブログを見ていただければ、途切れなく5回に1回ぐらいは原発ネタを取り上げている事がわかるでしょう。少なくとも私の周辺の人は私のことを”原発のことをよく語る人”だと認識していたことでしょう。

 一方、世の中の流れはと言うと着実に原発は増えていました。事故は繰り返され、2007年には柏崎原発を地震がおそい7基全部が停止。今も復旧してない炉もあるぐらいですが、”日本の原発は地震に強い”と逆に居直る。ゴアやオバマの登場で環境問題に興味が移ったように見えたのですが”CO2を出さない環境にやさしい原発”とまるでジョークのような文言が普通に語られるようになってしまい、脱原発が進む様子は全くありませんでした。
 一筋の光が見えたのは自民党から民主党へ政権交代したときのこと。民主党は”脱原発”までは掲げていませんでしたが、再生エネルギーを重視する姿勢を見せていました。原発は自民党の利権ですから、脱原発に進むかもしれないという淡い期待を抱いた。ところが、びっくり政権交代したら”CO2削減”の金看板を掲げその手段が原発の増設!”そんな話聞いてないぞ!”って奴です。そして、むしろ自民党よりもノリノリの原発推進で海外セールまでバリバリやりはじめたのです。この人たちは正気なのだろうか?と思っていたトコにやってきたのが311だったわけだ.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東電のでんき予報には東北電力融通分も足されているのか!?

 気温が上がってるにしてもここ数日の東電管内の電力使用量の増加は不可解に思い、昨日8/9の各支店の電力ピークを足したところ4587万kWだった(山梨支店は15:00-16:00のピーク値なのでこれより幾分小さいはず)。発表されている東電菅内ピークは4807万kW.220万kWもの差が出ている。東北電力への昨日の融通分は140万kW。それでも計算あわないが、これが足されていると見るのが自然だろう。
 ついでに東北電管内についても計算。ピークは1246万kW。各支店の足し算は1248万kW(14:00-15:00ピークでない支店が複数ある)。こちらはたった2万kW差。つまり東北電管内の計算はほぼ合っている。
 しかし、今日になって東電のプレスリリースで供給能力は5600万kWで東北へ140万kW融通しているというのが出た。つまり東北電分はでんき予報に足してないということだ。計算が全然あわないのだが?
 しかし、東電の供給能力はうちでのこづちか?いくらでも増えていく。
 でんき予報上では今日も昨日のピークを上回っている模様。ついでに今日も光化学スモッグも3日連続で出ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本でも電子書籍

 日本の本業界は出版社、取次、印刷会社、書店というレイヤーがあり、今まで外国では普通になりつつある電子書籍が入る余地がなかった。そこにiPadが発売され、昨年ぐらいから日本の本業界が動きはじめました。今のところまだはじまったところでこの先わからない状態ですが、現状の勢力はこんなところか。

1)凸版・東芝:booklivebookplace
2)大日本印刷・ドコモ・ジュンク堂・丸善:honto
3)TSUTAYA・シャープ:TSUTAYA GALAPAGOS
4)Panasonic・楽天:Raboo
5)富士通:BooksV
6)Sony・KDDI・朝日新聞・凸版:ReaderLismo Book Store
7)紀伊國屋:kinoppy
8)nifty・ドコモ・日販:パピレス
9)ソフトバンク:ソフトバンク ブックストア
10)ソフトバンク・凸版・小学館:ebookjapan
11)電子書籍出版社協会:パブリ
12)ローソン・HMV:エルパカBOOKS

 他にもまだまだたくさんあるのだが主なのはこんなとこ。今のところ海外系のAmazonやgoogleなどの黒船は和書では参入できていない。
 印刷系は危機感を感じているのだろうが、がんばっている。凸版陣営のbooklive、DNP陣営のhontoなど。本屋系のkinoppyあたりもダークホース。一方トーハンなどの取次系の動きがにぶい。このままdisってるとこの中抜き業界は絶滅するかも。
 SONY、シャープやpanasonicなどは専用リーダーに力入れているが、リーダーはあくまでさまざまなコンテンツの表示媒体という位置づけとなると思われるので、そのうち専用リーダーは絶滅するだろう。AmazonはkindleをAndroidタブレットに切り替える用意をしているところだ。
 老舗のパピレスはガラケーやパソコンで見る仕様になっている。きちんとスマホ対応しておかないと取り残されるだろう。老舗系はどちらかと言えばアニメ・コミックを中心としたサブカル系の書店が多い。これはこれで固定ファンが残るのかもしれないが、一般の人はこれらの電子書籍サイトを開いただけで引いてしまうことでしょう。
 出版社が自社出版だけを専用アプリから売ってるケースもあるが、読者は出版社に縛られたいわけではないのでこのやり方はおそらく廃れる。本を売るノウハウはやはり書店が持っている。電子書籍とはいえならべておくだけでは売れない。書店と組まないと生き残るのは難しいと私は思う。
 ipadで話題になった電子書籍であったがipadで電子書籍を購入する場合はitunesを経由して購入することを強要されるようになった(売る側は手数料30%徴収される)ため、出版側はこれを敬遠する向きもある。売る側にとって、ipad上で売ることはandroidで売るより経費がかかることになる。

 なにはともあれ、こんなにたくさんの電子書籍書店は生き残れないので、数年後ぐらいには3つぐらいに絞られるようになるだろう。その中にはたぶんAmazonも入っているだろう。
 ちなみに米国ではAmazon、バーンズ&ノーブル(Nook)、SONYのReader、AppleのiBookstoreなどが主な電子書籍書店となっている。またgoogleが後発ながら参入している。一方、ヨーロッパの電子書籍化は国によって差がある。ヨーロッパでもタブレットが普及しつつあるので、電子書籍化は今後進んでいくことになるだろう。

 現状日本の電子書籍の問題点をあげてみます。1)サービスにしばられ、互換性がない。2)電子出版される書籍が限られている。3)アプリの出来がいまいちの場合あり。
 1)に関して、複数サービスのアプリを入れればそれで一応解決ではあるのですが、あの本はここ、かの本はこっちなんて散らばるのは利用者にとって本意ではありません。サービスはそのうち淘汰されるのではあるでしょうが。2)、3)はそのうち解決することでしょう。

 今まで私は電子書籍を傍観していたのですが、androidタブレット購入をきっかけに1つ試してみました。液晶で本なんか読めるか!?と思ってたけど、意外に問題ない。パソコンだと読む気しないが、タブレットだと気軽に読める。文字の大きさも調節できるなど紙にない機能もあってけっこう便利。値段もやや安いし、場所もとらず。人にかせないという問題はあるが、短所はそれぐらいか。というわけで、私も電子書籍はイケルと思ったわけなのです。

 androidタブレット使いはじめて半年以上たちましたが、毎日いじってます。スマホやタブレットは多くの人が普通に使うアイテムになるでしょう。なにしろ手軽になんでも見れるのがいい。今はスマホというのは音声通話のための機器ですが、これはそのうちスマホの1機能に成り下がるでしょう。様々な媒体にアクセスしコミュニケーションする機器がスマホやタブレットになるのです。子どもも大人も一台は持っていて、値段は2万円ぐらいでどこでも売ってる道具にとなる。
 もう少ししたら我が家も家族用に追加タブレットを買うことになるでしょう。そうしないと私がいじれないので(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学生の環境浄化ポスター展で一番多いテーマは「節電」

P1010335_2 大江戸線の中野坂上駅で現在、小学生の環境浄化ポスター展というのがやっています。お題が”環境浄化”だというのに一番多いのは”節電”をテーマにしたものでした。全部で119枚あったのですが、これをテーマ毎に分類してみた。

節電  33枚
ゴミのポイ捨て・分別  28枚
自然・地球を大切に  23枚
リサイクル  8枚
温暖化・CO2削減  6枚
タバコポイ捨て  5枚
大気汚染・排ガス  2枚
節水  2枚
挨拶しよう  2枚
複数テーマ   7枚
その他  8枚

 約3割が節電。例年ならおそらく節電は2枚程度で、ゴミのポイ捨てとCO2削減がもっと多かったと思われます。それだけ”節電キャンペーン”が効いているということでしょう。その他に含まれているもので”グリーンカーテンをつくろう”と”太陽光パネルをつけよう”というのが1枚づつありましたが”○○をやめよう””○○を大切にしよう”という消極的なものがほとんどでした。このご時勢ですから1枚ぐらい脱原発とか除染しようというのがあってもいいのではと思ったけど全くなかった。大気汚染について2枚しかないというのもびっくり。こんなにたくさん喘息の子どもがいるというのに、その原因が自動車の排ガス由来の大気汚染という意識がないんだろうね。
 ”自動車の速度を落として節電 時速140キロ→70キロ”というのがありました。自動車も電気で動いてると思ってるんでしょうね。70キロでもスピードだしすぎだと思いますが(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保育園くじ引きは同じ点数だったそうだ

 両親がフルタイムでも兄弟がいても関係なくくじ引きと、先のブログ記事には書いたけど、今回の抽選くじ引きは全員同じ点数だったという情報をもらいました。このポイントの根拠について公開はされていないのですが、兄弟が同保育園にいる赤ちゃんはうち含め三家族(うち二家族ハズレ)だったので、兄弟がいてもポイント加算にならないということなのでしょう。
 結局、両親が働いていれば全員同じポイントってこと?くじさえ引かせてもらえない赤ちゃんもいたってこと?
 けれど、4月の場合はポイントつけたうえで兄弟がいるとかなんたらかんたらで、更に重みづけしてるということらしいので、9月はやっぱり単純なくじ引きと言っていいのでしょう。

 というわけで、ポイントの付け方に問題がありそうですね.....。

 今後はあきがあるたんびにくじ引きか!?新たなくじ運の強いひとたちと毎回争って、くじ運のない人は認可保育園には一生入れなそうだ....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベビー・ブラックマーケット

 昨日の続報ですが、うちの待機赤ちゃんは結局自宅のある新宿では預け先みつからず。彩の職場の千代田区もいっぱいな状況なので私の職場の中野区の認証保育に預けることになりそう。
 新宿や千代田より中野は状況ましなようだ。

 今まで問題なく区立の認可保育園に預けられていたので、それ以外の世界を意識していなかったのですが、保育業界というのはけっこうブラックなマーケットというのが今回わかりました。

 まず、区立の認可保育園があります。最近は民営の認可保育園も増えていますが、条件的には区立にあわせることになってるので、料金や保育条件はほぼ同じ。ただし、ここに入るにはいろいろ書類を用意し勤務先にも証明書出してもらったりとけっこう手間がかかります。そしてフルタイムで働く両親や母子、父子家庭が優先して入れるようになっています。ただし、基本は退園児がいないと入れないので途中から入るのはかなり困難。
 今回のようにここに入れないとマーケットはどんどんブラックな感じになるのです(^^;;

 認可保育園の次に認証保育所というのがあります。これは東京の場合は都が基準をつくって、その条件に合致した保育所にお墨つきを与えるというもの。区によって補助がつく場合もありますが、それでも区立に預けるよりは高くなります。特色を出したり、区立より遅い時間に預かったり、病後時保育をやっていたりする場合もあり、お金を気にしなければ預ける場合もあるのでしょう。区立に入れない待機児童の受け皿にもなっています。
 区立のように面倒な書類や審査はなく金さえ払えば入れます。しかし、ここも基準枠以上には保育していはいけないことになっており、枠が少ないときは希望入所日より前の申し込み時点からの枠を押さえるためのお金まで要求されます。入会金や更新料金もとられます。なんか不動産の契約みたいだ(^^;
 ちなみに2008年に話題になった”じゃんぐる保育園”はこのカテゴリの保育園です。言葉がしゃべれないのをいいことに幼児のごはんにたまごボーロなどしかあげず食費などを安くして儲けていた悪質な業者の事件。
 このじゃんぐる保育園は認証取り消され、廃業してるものだろうと思ったらなんとびっくり、何事もないかのように存在しています(^^; そして先のたまごボーロ事件の記事はほとんど発見できません。これ関連の情報は共産党のページなど(下記URL)に残るのみ。恐るべし、じゃんぐる保育園。この事件を契機に認証保育所がまともになってることを望みます。

http://www.kitanet.ne.jp/~sone/tuiseki.06/08toseijohou.zyanguruhoikuen.h080303.html
http://www.hoiku-shi.com/009/ent706.html

 認証保育所も入れない場合は更にその次があります。その名も”ベビーホテル”。略すとベビホ!?。これはいわゆる認可外保育所とも言われるものです。どこかに認可受けてるわけでもないので、保育環境も料金も業者次第。犬猫のペットホテルのようなものです(^^;
 新宿区では千葉成田ミイラ事件で冤罪を主張する、シャクティパットグル・ファウンデーションの経営する”そらまめ学園”。開いてて良かった24時間営業の愛嬰幼保学園。フランスかぶれの原発推進ベビーホテル”シェ・マミー”。”ベビーサロンきこり”なんてイカシタ名前のベビーホテルもあります。

 しかし、くじ引きに外れただけでこんなブラックな世界に赤ちゃんを放り込んでしまうとは、日本はかなりヤバクネ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »