« 原発と私(7)~ 東海村 | トップページ | ベビー・ブラックマーケット »

3人目が待機赤ちゃんに

Taiki 3人目のみおちゃんが2月に生まれ、9月から兄と同じ家から徒歩3分の弁天町保育園に入れるつもりだったのですが、6人の枠に9人の応募があり見事くじ引きではずれてしまいました。うちの子は2/25うまれ。生後日数の関係で4月から保育園には入れません。なので、9月入園の予定で準備していましたが、年度途中の新宿区保育園の募集はなんと純粋なくじ引きであるということを今回知りました。4月の場合はポイントが計算され高い順番から決まるのですが、9月は両親がフルタイムでも、兄が同保育園に入っていても関係ないのです。単純にくじ運だけ!

 仕方ないので、弁天町を空き待ちにして他の保育園もしくは、認証保育園にしようと思ったらなんとそれも空きが全くありません。すべて順番待ち。9月までまだしばらくありますので、空く可能性もありますが、もし空かなかった場合は認証保育所の一時預かりという枠で毎日預かってもらうか区外を探すしか方策ないようです。
 一時保育の場合は一ヶ月に保育料が16万円ぐらいかかります兄の分を加えると18万円。もし、認証に入れたとすれば一ヶ月5万円(2万円補助が出る)なので兄と加えて7万円。公立なら二人で5万円ですむところなのに。クジに外れただけで、天と地のようなこの差はどうにかならないのでしょうか。
 もし、仮に育休をのばして来年の4月に3人目を入れようとした場合、この子は一才枠となります。しかし、一才枠は非常にせまくて誰も退出がなければ弁天町は一人しか増員になりません。ここでも入れる可能性はあまりないのです。

 震災の影響も出ています。外国人の子どもは今回の震災で多くが出国し、一時的にその枠が空いたようですが、逆に被災地から東京に疎開した子どもが認証保育所に入るケースもあり、全体としてはより待機児童が増えている状態のようです。

 今までのうちの二人は4月入所で難なく入れていましたが、一度正規のルートを外れてしまうとこのように困難な状況になってしまうのですね。新宿の保育には現状セーフティーネットがない。
 ぼやいてるだけでは仕方ないので、いくつか今後やった方がいいという方策を考えてみました。

案1)4月同様9月もポイント計算して高い順に割り当てる
案2)生年月日の関係で4月に入園できない0才児には9月枠を優先する。
案3)公立に申請して抽選に外れた0歳児は優先的に認証保育所の枠を与える。
案4)入所枠を増やす。

 本来なら認可保育園に希望者は全員入れるべきでしょう。待機児童ゼロを目指して新宿はやってはいるようですが、不景気も相まって待機児童はどんどん増えています。更に、民間の認証保育所にも全く空きがないという現況はちょっと異常です。原発爆発して食物が汚染されてるだけでも大変な状況で子ども手当てはなくなりそうだし、保育もこのような状況では日本の少子化はますます加速することでしょう。

 月曜以降も引き続きみおちゃんの行き先を探さねば。しかし待機児童って言葉は実状を表していません。児童とされるぐらいの年齢、つまり3歳ぐらいになれば幼稚園などもあるのでそれほど入るところに困ることはありません。枠が狭くて困っているのは0歳、1歳の赤ちゃんなのです。というわけで待機児童という単語は”待機赤ちゃん”に変えるべきと私は思います。困ってる赤ちゃんがたくさんいるのです。

|

« 原発と私(7)~ 東海村 | トップページ | ベビー・ブラックマーケット »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/52356897

この記事へのトラックバック一覧です: 3人目が待機赤ちゃんに:

« 原発と私(7)~ 東海村 | トップページ | ベビー・ブラックマーケット »