« 原発と私(4)~プラントのシミュレータ | トップページ | 原発と私(6)~たんぽぽ舎 »

原発と私(5)~中村敦夫とドクターグリーン

 1997/8/9のこと。突然の自爆交通事故により私にとっての転機が訪れました。入院7ヶ月、一時的とはいえ障害者になったことにより、世の中の見え方が変わり、ゆっくり考える時間ができた。

 また、この事故をきっかけとして私は自身のホームページを開設。今も更新中の石油生成設備高度化のページ。この当時ホームページつくってるのはコンピュータマニア。パソコン通信の方がまだ主流でインターネットにはダイヤルアップでつないでいた時代。内容は石油精製とはあまり関係ない、私の興味に関してのページ。そのコンテンツの1つに中村敦夫のページがありました。

 私が中村敦夫につながっていくくだりは以前書いた、”私のパソコン履歴書~6代目Thinkpad 230Cs”と重複しますので、そこから引用。
-------
 私の”石油精製設備高度化”のホームページのコンテンツは競馬と映画と読書と中村敦夫が中心となっていました。競馬は一口で持ってる馬に関して。映画と読書は入院中の感想文。なんで中村敦夫なのか。ちょうどその頃、中村敦夫が参議院の東京選挙区で立候補し私も投票したら、見事当選。その喜びをホームページにしたのがきっかけです。
 当時、中村敦夫ネタのホームページをつくってる人は日本広しと言えどほとんどいなかったようでyahooで中村敦夫で検索するとなんと、1番上に私のページが出ていたのです(^^;; そんな訳で中村敦夫ファンと思しき女性(たぶんおばさんだと思う)から、何度か直メールが私あてに届きました。”ホームページ楽しみにしてます。もっと中村敦夫さんのこと書いてください”という激励メールです(^^;; そう言われても知り合いなわけでもなく、ただ彼に投票した1市民にすぎなかった私は”中村敦夫新聞”があることを知り、購読することにしました。そうしたら、中村敦夫事務所から国民会議(中村敦夫が立ち上げた政治団体)1周年パーティーの招待状が届いたのです!私なんかが行ってもいいのかな?とも思ったのですが行っちゃいました(^^; そうしたら以来、事務所から電話がかかってくるようになったのです。国民会議の勉強会に来てみませんか?って具合に。せっかく誘ってくれるのだから行ってみようというわけで、出かけて行ったわけです。私のこのフットワークの軽さはオフ会で培ったものです
 行ってみて驚きました。中村敦夫さんは私のような一般人と一緒に本当に政治を変えようとしていたからです。政治の世界なんてお呼びでないとそれまで思っていたのですが、一人一人が意識を持てば変えることができるということに中村敦夫さんによって私は気づかされたのです。しかし、そこに集まっていた若い人があまりにも少ないことにも驚きました。
 以来、私の興味の軸足は政治や社会問題へと。
-------

 もちろん中村敦夫に興味持ったのは彼の番組”地球発22時”や”ザ・サンデー”を見て共感していたからです。そんな彼が政界に登場したのでずっと遠くから応援していました。しかし、近くに行って話を聞いてTVで見るよりずっとすごい人で哲学を持っていると感じました。

 それまでの私は技術系サラリーマンでした。毎日会社に通い仕事して、帰って寝る。友人は会社系と学生時代、趣味関連ぐらい。選挙で投票には行くけど、それ以上は関わらないし、デモなんて自分が行くことを想像したこともなかった。それが国民会議と中村敦夫と出会ったことにより自分も政治参加できることを知ったのです。投票する以上にもいろいろできることがあると。プロ市民がここに一人誕生したのだった。
 国民会議は定期的に講師を呼んで講演会を開いていました。そこで、広河隆一さんの講演を聞き、チェルノブイリは事故後も大変なことになっていることを知る。田中優さんの講演を効き、原発は無駄に電気をつくって余らせていることを知りました。中村敦夫によって私は原発無知から脱原発派になったのです。
 先の中村敦夫のページにドクターグリーンという劇が載ってますが、私もキャストとして参加。これはコメディタッチの環境啓蒙演劇。とある普通の一家がありました。彼らはゴミをポイポイ捨てるし、資源も大切に使っていません。そんな彼らに環境の伝道師ドクターグリーンがいろいろアドバイスするが耳をかさない。あるとき、原発が爆発し彼らは被曝。ねずみ(官僚)は安全です!大丈夫です!と言うのだが、心臓に穴のあいた子どもが生まれてしまうのだった。未来の福島を予言してるよう劇だったな.....。
 しかし、中村敦夫の登場は日本にとって10年早かった。彼の言ってたことがすべて現実になっていくこの世の中を見てるとそれを今感じるのだった。

|

« 原発と私(4)~プラントのシミュレータ | トップページ | 原発と私(6)~たんぽぽ舎 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/52057882

この記事へのトラックバック一覧です: 原発と私(5)~中村敦夫とドクターグリーン:

« 原発と私(4)~プラントのシミュレータ | トップページ | 原発と私(6)~たんぽぽ舎 »