« 原発と私(5)~中村敦夫とドクターグリーン | トップページ | 500A以上使う会社や店はさっさと脱東電しよう! »

原発と私(6)~たんぽぽ舎

 中村敦夫と出会ったことにより、原発の社会的、経済的、環境的な問題点を理解したところでしたが、この時点でもまだ原発がSLであることを知りませんでした。火力がお湯を沸かしてタービンを回している原理は知っていましたが、原子力が同じ原理とはまだ夢にも思わず。それを知ったのは”たんぽぽ舎”に出入りするようになってから。
 たんぽぽ舎は”脱原発”一点に的を絞って活動している市民団体。チェルノブイリ事故をきっかけとして広瀬隆が立ち上げ。私も国民会議の活動に参加するようになり、たんぽぽ舎と柳田さんの存在を知ってはいたのですが勉強会には行ったことありませんでした。たんぽぽ舎に行ったきっかけは、川田龍平の母親の川田悦子選挙を応援したことがきっかけです。川田悦子は中村敦夫が支援して2000年に当選するのですが、その選挙を通じて現在のパートナーの彩と知り合う。彩は茨城の東海村出身で1999年のJCO臨界事故をきっかけとしてたんぽぽ舎の活動を支援、この川田悦子選挙も支援していたのです。

 そんな経緯で”たんぽぽ舎”の勉強会に参加するようになった。ここは普通の原発情報を超越した場所でした。聞く話は驚きの連続で正に目から鱗の状態。お湯を沸かしてタービンを回してるだけの発電の仕組み。PWRとBWRの違い。制御棒が挿入され、緊急停止する仕組み。地震や津波で原子炉が破局的状況に陥る可能性。劣化ウラン弾。核燃料サイクル。原発と核兵器の関係など。福島事故後の今ならそういう情報は探せばネット上にもゴロゴロしてますが、当時としては得がたかった。知れば知るほどに原発の問題点が露になっていく。
 と同時に、東電をはじめとする電力会社、経産省、保安院などの組織自体にも非常に問題があることも認識。だから、彼らの福島事故対応があの有様なのは想定内の出来事なのです。
 また、原発問題というのが実にタブー多く、主張によって言論活動を封殺されたり、出入り禁止になったりする場合があることも知りました。それだけ利権がからんだドロドロした世界だったのです。脱原発とは一筋縄ではいかない、実に手強いテーマであることが徐々にわかっていったのだった。
 今はロックスターのようになってしまった小出さんもたんぽぽの常連で時々講演をしていたものでした。山崎さんや望月さん、槌田教授の話も実に勉強になりました。私が研究者レベル!?の原発知識を身につけてしまったのも彼らがいてたんぽぽ舎があったからこそなのです。

|

« 原発と私(5)~中村敦夫とドクターグリーン | トップページ | 500A以上使う会社や店はさっさと脱東電しよう! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/52084295

この記事へのトラックバック一覧です: 原発と私(6)~たんぽぽ舎:

« 原発と私(5)~中村敦夫とドクターグリーン | トップページ | 500A以上使う会社や店はさっさと脱東電しよう! »