« 原発と私(1)~原発と私は同じ世代 | トップページ | 原発と私(3)~工業化学学科 »

原発と私(2)~チェルノブイリ!!

 スリーマイルの事故があったことは9才だったこともあるでしょうが全く意識にありません。ですが、チェルノブイリのときは既に高校生となっておりよく覚えています。遠いウクライナの事故だったので、自らの危険は感じなかったのですが、原発が爆発するととんでもないことになるものだと恐怖しました。当時の日本の報道はソ連だから起こったことで彼らは情報を隠すし、事故対応もお粗末でとんでもない、とやっていました。
 けれど、これが日本の原発で起こったらどうなるか!?までに思いは至らず。日本のどこに原発があるのかも知らなかったし、調べようとも思いませんでした。チェルノブイリは遠い国の出来事だったのです。
 原爆の怖さについては学校や本や映画でみてよく知ってるつもりでした。「はだしのゲン」は我が家にもあったし、小学校の学級文庫にもありました。しかし、それと原発は全く結びつかず。何事も二面性があるように、原子力は爆弾にもなれば、原発のような平和利用にも使えるものという程度のおぼろげな意識はあったかもしれません。チェルノブイリがあったというのに、原子力が暴走すると日本でも恐ろしいことが起こるとは想像できなかったのです。いつしかチェルノブイリ事故のことも忘れてしまったのだった。

 チェルノブイリの事故後に、データイーストというゲームメーカーからアトミックランナー・チェルノブ 戦う人間発電所というアーケードゲームがリリースされました。チェルノブイリ事故で放射能を浴びて超人化した炭鉱夫が悪と戦うというアメコミみたいな設定で、インパクトが強かった。私は高校時代ちょっとしたゲーマーであり、何度かこのゲームもプレイしたけどムズかったよね!チェルノブイリと聞くと今でも思い通り動かないチェルノブの後ろ走りと片足ジャンプの姿が脳裏に浮かぶのだった....。

|

« 原発と私(1)~原発と私は同じ世代 | トップページ | 原発と私(3)~工業化学学科 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/51995462

この記事へのトラックバック一覧です: 原発と私(2)~チェルノブイリ!!:

« 原発と私(1)~原発と私は同じ世代 | トップページ | 原発と私(3)~工業化学学科 »