« 新最近みた映画(117) | トップページ | 原発と私(2)~チェルノブイリ!! »

原発と私(1)~原発と私は同じ世代

 私のうまれは1970年。うまれたときから原発があった世代というか、原発も私と同じ世代。つまりうまれて40年。物心ついたときには原発はありましたが、まだそれほど大きな存在感は持っていませんでした。私も原発に興味があったわけでなく、うまれたときから脱原発であったわけでもありません。そんな私がなぜ脱原発に至ったのか!?という経緯を何回かの連載にわけて書いてみます。

 私の親は福祉系の地方公務員。親戚に電力関係いるわけでもなく、原発プラントとは縁もゆかりもない環境にありました。ただ、5歳ぐらいから住んだ現在も両親の住んでいる実家。武蔵村山の一戸建てのすぐ近くに高圧線があった。当時はまだ高圧線の電磁波の影響についてあまり騒がれていませんでしたが、今思えば影響のある範囲に住んでいたと言えるのでしょう。後にその高圧線は倍ぐらいの高さに工事されたことがそれを証明しています。
 高圧線の近くに住んでいるということで、我が家にはよく東電がやってきました。名目は高圧線の見回りで、何か高圧線に異常あれば連絡してくださいね、ということ。ただ来るだけでなく、広報誌と、ときどき簡単な家電製品やマグカップなどの東電グッズをもプレゼントしてくれました。高圧線の見張りと言ってもただそこに住んでるだけで何をしてるわけでもないから、なんか役得!ぐらいにしか私は思っていなかった。広報誌にはくらしの情報的なレシピとか旅の話と原発含む東電のピーアールなどが載っていたと記憶しています。実はこれ迷惑料、我が家も東電マネーの影響下だったわけだ。
 また、あるとき私の母親が柏崎の原発見学ツアーに東電に誘われて行きました。”原子炉の上を歩いたんだよ”なんて母親が話してましたが”ふーん”ぐらいにしか思いませんでした。私は理系指向の人間でしたが、原子力には当時ほとんど興味なし。コンピュータとバイオテクノロジーに強い興味を持っていて、将来的にはどっちかに進みたいと考えていた。
(つづく)

|

« 新最近みた映画(117) | トップページ | 原発と私(2)~チェルノブイリ!! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/51983259

この記事へのトラックバック一覧です: 原発と私(1)~原発と私は同じ世代:

« 新最近みた映画(117) | トップページ | 原発と私(2)~チェルノブイリ!! »