« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

各国のフクシマ後脱原発事情

スイスと台湾がフクシマ事故をうけて、脱原発国の仲間入りしました。そこで、各国の事情をまとめてみた。

・ドイツはもともと脱原発で2022年までに廃止だったものを、一旦14年間延長していた。しかし、今回の福島事故を受けて元に戻し、2022年までに廃止の意向(法案審議中)。17基稼働中だが旧式のもの7基を停止。原発の発電シェアは24%。
・スイスは2034年までに原発を廃止すること閣議決定。また新設を禁止。5基稼働中。原発の発電シェアは40%。
・台湾は今回の福島事故を受けて2025年までに稼働中の原発を6基を廃止。建設中の一基については安全性を再確認。今後の新設は認めない。発電シェアは20%
・イタリアは既に6基を廃止。6/12,13に原発再開の是非を問う国民投票が予定されている。実施されれば原発廃止が大幅に上回る見通し。
・ベルギーは既に2025年までに稼働中の原発を7基を廃止予定。
・スウェーデンは2010年までに廃止の予定だったが、現在も10基稼働中、順次廃止の予定は変わらず。発電シェアは40%。
・オーストリアは国民投票で脱原発を選択。憲法に原発建設・稼働の禁止を明記。
・オランダは一旦2004年に原発廃止を予定していたが、稼働延長。2033年までに全廃予定だが、今回の事故で早まる可能性もある。1基稼働中。発電シェアは4%。
・スペインは原発の新設を停止。9基稼働中だが稼働期間を延長している。発電シェアは34%。新設建造物への太陽光発電を義務化している。
・アメリカはスリーマイル島事故以来原発の新設を停止。近年、新設が計画されていたが、今回の事故で一部は既に中止となり不透明になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書な毎日(202)

【A3】 森 達也
 オウム真理教を撮ったドキュメンタリー映画「A」「A2」の続編にあたるルポ。A3も一応映像化も考えてカメラを回していたが今のところ映画にするつもりはないそうです。なぜなら前2作であまりにも客が入らなかったからだそう。
 本著はプレイボーイに連載されたものを加筆単行本化したもの。松本被告とその信者らの裁判が中心です。著者は彼らに何度も面会しその周辺にも精力的に取材を重ねています。森氏らしいステレオタイプではないオウムと松本智津夫を本著では見ることができます。私は森氏の2本の映画はもちろんのこと、その関連書も読んでいますが、本著読むまで知らなかったオウムをたくさん発見しました。オウムについて私もまだまだ知らなかったのです。
 松本氏は熊本生まれで目が不自由。宗教家となる前は鍼灸を職としていますが、ヨーガ教室をはじめオカルト系雑誌にとりあげられるようになり、宗教法人へと変わります。マスコミにもとりあげられるようになり、教団が大きくなっていく過程で信者の突発的死亡事故が発生する。これを隠蔽工作したことが、暴走のきっかけとなります。秘密を共有した幹部信者らの粛清行動はエスカレートし、第二第三の殺人を招きついには後戻りができなくなっていく。松本智津夫はもちろんこれらの事件を知っていた。指示もした。しかし、彼自身は盲目でもあり殺人の実行犯であったことは一度もなかった。実行犯の信者たちが気の狂った人殺しだったわけでもない。つまりは組織防衛な訳で、警察の圧力が強まれば強まるほど結束し先鋭化していきますが、彼らは訓練された軍隊ではありません。統率はとれていないし無計画で適当な素人集団。国家転覆などどだい無理。宗教法人が隠れみのになってしまったところがありますが、もっと早く警察はなんとかできなかったのだろうか。証拠がばらまかれているというのにそれを捕まえられない警察の無能ぶりも露呈しています。もっと早く動けていればサリン事件など起こることは無かったのではなかろうか。浅間山荘の事件も言ってみればこれに似ている。下手に追い込むから彼らは暴走してしまうのです。
 松本智津夫の人物像ですが、人好きのする人望のあるタイプだったようです。自然と彼の周りには人が集まり、話も上手だった。非常にまじめで宗教家としてもそれなりのレベルにあり、第六感も鋭かったようですが、お金への執着がけっこうあったようで、これが教団の拡大化と暴走につながっていった感じです。
 裁判に関してはもう最初から松本智津夫死刑ありきで進んでいきます。オウム関連すべての事件に松本氏は関わっていると言ってよいので、膨大な審理が必要とされるはずですが証言や証拠も不確かなものでもかなりのスットバシで裁判は進められようとします。更にはあろうことか、松本氏の弁護士を引き受けた安田弁護士が目障りということで、不当逮捕までします。法治国家以前の世界。日本ってこんなスゴイ国なんだね(^^; そんなこんなやってるうちに盲目の松本氏は独居房で意識が次第に混濁し、ついには意思疎通が不能な拘禁反応状態に。けれどもこれを詐病とし、裁判は続けられる。廃人となった松本氏は何も語らない。事件を検証する機会は失われてしまったのです。
 なぜオウムに高学歴の若者がひかれたのか、とよく言われましたが私たちだって何らかの組織に属しています。原子力村の人たちを”なぜあんな放射能をまき散らすプラントをつくったのか!”と人々は責めるかもしれませんが彼らはそれが良いもので自分の人生をかけるに値するものだと思うからやっているのです。一度乗った船の方向を自分で修正したり否定するのは難しいことなのだ。
 著者はオウムの地下鉄サリン事件つまり、1995年3月20日が日本にとっての大きなターニングポイントだったと言っています。何がというのは森氏の著作を何冊か読めばわかるでしょう。確かに私もそうだったと思いますが、あれから16年。日本にとっての次のターニングポイント2011年3月11日がやってきてしまいました。時代はまた大きく動こうとしています。
(★★★★☆)

【原子炉時限爆弾】 広瀬 隆
 ”東京に原発を”の著者の久しぶりの原発警告書。福島の原発震災にあわせたかのように2010/8に発売されていたものでした。この本が出ているの気がついてはいたのですが、書いてあることは想定できたので読まず。原発震災後になって読みました。一応想定内の内容でしたが、2010年の6月に福島第一で今回の前兆とも言える冷却水喪失事故が起きていたとは本著を読んではじめて知りました。ワールドカップサッカーのバカ騒ぎのかげでこの事故はほとんど報じられていなかったのです。
 広瀬氏はチェルノブイリ事故をきっかけに日本の脱原発を目指す市民運動組織、たんぽぽ舎を設立しました。同組織は現在も活動中で大きなテーマの1つとして取り上げられていたのが地震起因の大事故の原発震災でした。本著はその原発震災に絞って書かれた本でその多くの部分を地震のメカニズムとそれが起こる周期そして場所についてさいています。震度7の地震が来れば原発はもちろんどんな建物でも持ちこたえることはできないので、地震が来れば原発が壊れるという話は自明ということかその点についてはそれ程詳しく書いていません。
 今回の原発震災で東電と経産省は事故の原因を津波にしたがっています。なぜなら津波なら防波堤や発電機の増設で見た目の対策がやりやすいから。もし津波の前に地震で壊れていたとしたら大変なことになります。今回の揺れはたったの500ガル程度。それで壊れたことになりますから他の全ての原発の耐震補強をしなければならなくなります。しかし、既に稼働している原発に耐震補強するのは限界があるため多くを廃炉にせざるを得ない状況に。これは彼らが考えたくないシナリオなのです。
 今回の原発震災で広瀬 隆はひっぱりだこになりました。なにしろ東電が想定外と言って言い逃れしようとしている地震と津波のシミュレーションがここにはまんま書いてあるからです。しかも広瀬 隆とたんぽぽ舎は本を書いてるだけでなく、このシミュレーションについて何度も東電や他の電力会社に申し入れ質問状も出しています。しかし電力会社はこんな事はありえない!ととりあわず、想定しなかっただけなのです。私もこの運動に関わっていますので、東電の性質はよく解ってます。情報を隠したり、嘘をつくのは常套手段。彼らが守っているのは自分の組織だけ。プライドだけはものすごく高い。だから私は今回の事故も最初から東電の言うことなんか1ミリも信じていません。周辺情報を集め彼らが何を意図してウソついているかというのをいつも推測しています。太陽光発電を8年前に我が家に設置したのもそんな東電からできるだけ電気を買いたくないからです。
 事故からもう二ヶ月もたってしまいましたが、ようやく風向きが変わってきました。人々も東電や経産省がどんな組織で、原発というパワープラントがいかに問題多きものかと言うことを認識してきました。広瀬氏や小出氏が国会に呼ばれるようになっています。本当は原発爆発という劇薬が無くても脱原発できなくてはいけないのだろうが、劇薬あってしてもなかなか進まない状況を見ると、これがないと日本は変われなかったんだろうなと思う。脱原発は単に原発をやめるということだけでなく、脱官僚(大手マスコミ含む)でもあるのです。それが日本のジャスミン革命たる所以です。
 今回の事故で脱原発が仮にできなかったとしたら、脱官僚も達成できなかったということになるでしょう。そしてまた事故が起きます、そのときは官僚もろとも日本は終わり。正に亡国の官僚だね。そのときは地下帝国でもつくるのかな?
 やや読みにくい本ではあるのですが、あまりにも正確に近未来を予言していた本なので、★1つプラスしました。
(★★★★☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿区南榎町 ご近所にホットスポット

 ガイガーを手に入れてから、今まで家のすぐ近くでしか放射線はかっていなかったので、この辺りにそんな高い場所はないんではないかとやや楽観していたところもあったのですが、昨日近所の雨どいの下の複数箇所で1マイクロsvを越える場所を見つけてしまいました。
 最近の家は屋根の雨を集めた雨どいが直接地中に入って下水に流れている家が多いのですが、古いタイプの家でときどき雨樋が露出している場合があります。雨どいの下が高いという情報が散見されたので、もしやと思いはかったところ一気に空間線量の10倍近い1マイクロsvを越えたのです。そしてこの家が特別ということはなく、複数の雨どいで空間より明らかに高い値を計測しました。また道の脇の砂ががたまってるような場所でもところによって0.5マイクロsv程度を計測。雨どいの下にわざわざ座る人はいないと思いますが、汚染の砂は風がふけば舞い上がりますから相変わらず注意が必要ということになります。
 核種はもちろんわかりませんが、原発爆発から2ヶ月たちヨウ素はほとんど消えていると思われるのでセシウムが中心の汚染なのでしょう。ということは30年はこのまま!?
 砂やコケは取り除けばある程度消えるのでしょうが、コンクリの除せんはどうやってやるんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱windows計画(18)

 前回もAndroidのこと書いたのですが、半年で状況は更に加速しています。私が年末に購入したarchos101ですが。今となっては毎日いじり持ち歩いている、なくてはならないツールとなっています。特に原発震災のときは随分と役立ちました。パソコンなら開いて(ノートPC)起動して目的のアプリ立ち上げて、しかも椅子に座ってという世界でしたが、タブレットならスリープ状態が一瞬で起動して目的の情報にたどりつきます。夜も枕元に置いといて目が覚めたら情報チェック!原発がまた爆発してないかチェック!線量あがってないかチェック!ツイッターもチェック!というわけで既に必須ツール。とは言えパソコンがいらないわけでもありません。ソフトキーボードでのフリック入力は私にとっては非常手段。文書書くときはやはりPCでないと無理。でも、閲覧用途ならこいつで十分なんです。ニュースやwebサイト、動画サイト、中継サイト、ツイッター。トシだからフリックに慣れるのはもう無理だね。あと20年ぐらいすると昔のソロバンのごとく、おじいちゃんはキーボードって言うイボイボしたもので入力してる!って若者に言われる世界になるんでしょうが(^^;
 Androidはまだ不安定だったり、遅かったりという部分もありますが、今後のモデルでは解消されて行くでしょう。値段もそのうち2万円ぐらいで落ち着き、一過性のブームでは終わらず一つの定番商品となるのではないかと私は見ています。

 archos101に関しては軽くて扱いやすいのがよい。ファームウェアはあれから5回ぐらいアップしてかなり安定してきた印象。動作はやや緩慢なとこありメモリも足りない。512MBのデュアルコアぐらいほしいとこだねやはり。その点この春移行にリリースされているAndroid3.0モデルなら問題ないと思われます。この秋出るArchosの次世代モデルもたぶん問題ないだろう。

 ipadに関しては初代モデルから既にけっこうな完成度でした。ipadにするかandroidにするかはその属する宇宙が許容できるかの問題でしょうね。私に関しては出来不出来の問題よりジョブズの世界はありえない。
 おそらくlinuxもタブレット用ディストリビュートが出てそのうちこの業界に進出してくると思われます。それが証拠に新しいubuntuはタッチをかなり意識したインターフェースになっています。
 おや?windowsのことは一言も書いてなかった。タブレット業界ではすでに眼中にないです(^^;
 ハードに関してもIntelの世界は静かに終わろうとしています。これらタブレットではARMアーキテクチャと言われる電話由来のCPUが使われています。ARMは低消費電力が売りでしたがwindowsを動かすには非力だった。しかしタブレットの世界なら鈍重で電気食いのwindowsなんか相手にする必要ありません。スマートフォンやタブレットのCPUをあっという間に席巻してしまった。ARM自体の性能もどんどんアップし、今やPCの領域まで侵食しようとしています。
 原発が爆発して先行き考えると困ったことも多いのですが、こと脱windowsに関しては明るい光が見えてきた。あ、原発に関しても爆発という劇薬のおかげで脱原発の明るい未来が見えてきたのだった。脱windowsそして脱原発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱原発(日本のジャスミン革命)に向けての当面の目標5/16改訂版

4/21 私のツイートで以下の3つの目標をあげました

脱原発(日本のジャスミン革命)に向けての当面の目標
1)浜岡原発停止 2)菅内閣退陣 3)東電解体(国有化)

 このうち、1番は達成。2番に関しては替えなきゃ駄目かと確信していたのですが、どうやら菅総理は”脱原発”が人気につながると認識しはじめたよう。ポピュリスト的で危険ではあるのですがもう少し様子を見たい。官僚に担がれていた菅神輿をこちらに向けさせることができるかもしれない。
 3)に関しては正に進行中で良い兆候が見えてきています。キーワードは”発送電分離”ですが、これは東電解体と同意です。
 止める原発に関しては1つづつ目標を絞って止め廃炉に持って行く良いでしょう。島根の知事が前向きなので次に狙うは島根だ!とにかく福島第一と同じマーク1型をまずは全部止めよう。そしてもう一つ欲張って目標を増やしました。動かない高速増殖炉もんじゅ廃炉で核燃料サイクルにトドメをさすのだ!
 といわけで目標を設定し直してみました。

脱原発(日本のジャスミン革命)に向けての当面の目標5/16改訂版
1)発送電分離(東電解体)2)菅内閣脱原発化 3)老朽化原発(マーク1)停止 4)もんじゅ廃炉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書な毎日(201)

【ウィキリークス以後の日本 自由報道協会(仮)とメディア革命】 上杉 隆
 現在大活躍中!?のフリージャーナリスト上杉氏のメディア論。上杉氏と言えば、鳩山邦夫の元秘書で本籍はゴルフジャーナリストだそうですが、記者クラブと官房機密費問題の追求で頭角をあらわしてきたジャーナリストです。本著3.11原発震災の前に出版されています。
 まず、ウィキリークスについての言及。日本でのウィキリークスは否定的な報道が多く”暴露サイト”という表現をされています。しかし、上杉氏はウィキリークスの登場によってメディアが新たなステージに入ったと見ています。ウィキリークスとはオーストラリア出身のジュリアン・アサーンジが主催する内部告発メディア。情報提供者の身元を秘匿することを約束しています。今までの投稿系メディアは情報提供者の身元を守るものではありません。当局の要請があればあっさり情報を渡してしまいます。例えばyoutubeに投稿してあげられたsengoku38さんのように。また、ウィキリークスは世界中からの寄付で成り立っているためどこかの資本の介入を受けることがありません。
 当初は比較的好意的にウィキリークスを世界は見ていました。しかし、米国の機密文書を続々と公開はじめたあたりから、特に米国の姿勢が変化。まるでウィキリークスがテロリストのような扱いです。ノルウェーに圧力かけてアサーンジを強姦容疑で提訴させる。ウィキリークスが公開している機密文書に関してはスルーで別件ハレンチ容疑でアサーンジの身柄確保を狙っています。アサーンジは自分が拘束されたら、とっておき?の機密文書を公開すると公言しています。そんなウィキリークスに世界はいろんな意味で注目しています。
 日本に関しては今までそれほど重要ではない文書しか公開されていなかったのですがこのGWあたりから、ウィキリークスの攻勢が日本でもはじまりました。ウィキリークスは自らのサイトに公開するだけではなく、複数マスメディアにもその文書を検証あわせて渡し、同時に公開するという手法をとっています。日本で選ばれたマスコミは朝日新聞でした。しかし、日本のメディアで選ばれたのはこれだけ。あとはニューヨーク・タイムズにも同じ情報をリークしているようです。内容についての検証はここでは控えますが、ついに黒船が日本にも来てしまいました!今のところまだ、政府もマスコミも半分無視の状態を決め込んでいますが、いつまでもトボケルのは無理な話でしょう。
 こんな状況が日本に来ることを予見して上杉 隆らが立ち上げたのが自由報道協会(最近”仮”がはずれました)です。現在のマスコミというのは記者クラブが牛耳っていてここに入れないフリーや週刊誌、弱小マスコミや海外の記者もここから排除されています。記者クラブでは歌舞伎の芝居のような台本通りの会見が行われ、政府や大企業の思惑通りのニュースが配信されます。今回の原発震災の会見も当初はこの状態だったのですが、あまりに大きな事件だったので記者クラブの屋台骨がついに揺らぎはじめ、ゲリラ戦のようにフリー記者らが突入。そこについにやってきましたウィキリークス爆弾が日本にも落下という状況です。戦後築きあげられた 官僚、マスコミ、自民党、経済界の城がついに崩れ落ちよとしています。ウィキリークスが日本関連の文書を公開しはじめたのは今が日本にとっての大きな転換点であると認識しているからに他なりません。
 やや読みづらい部分もありますが、そんな訳でこの本は今読むべき本です。日本が今どういう立場におかれ状況であるかを理解するのに役立つことでしょう。
(★★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜岡が止まる!

 海江田大臣に私が送ったメールは関係無かったのでしょうが送って約1時間半後に3号だけでなく4,5号も止めるという政府の決断。5/6は歴史的な転換日になったのかもしれない。この流れを着実にすすめてほしい。
 今日は渋谷の脱原発デモに行く予定です。天気がもってほしい。

 以下、海江田大臣に送った御礼メール。

-------------------------

海江田 経済産業大臣へ

 昨日、メールを出したものです。
 3号だけでなく、4,5号まで止めるという決断ありがとうございます。
 まだ道のりは長いですが、世論を後押しに脱原発へと着実に向けてほしいです。応援しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜岡3号を動かさないで 海江田大臣へのメール

 浜岡を止められるかという重要局面にきていると思われる。海江田大臣は東京一区=千代田・新宿・港。私の選挙区で投票もしてます!というわけで3号機動かさないように海江田大臣に要望メール送りました。ここが止まると大きい。逆に動いてしまうとなし崩しに


○海江田万里のホームページ
http://kaiedabanri.jp/

>東京新聞記事 経産相が浜岡視察 安全策週明けにも判断
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2011050602000033.html


 以下が送ったメール。週明けに決断ということでどうなるのか...。

---------------------------------

題:浜岡3号を動かさないでください


海江田 経済産業大臣へ


 新宿区南榎町在住の横関と申します。いつも海江田さんに投票し応援しているものです。私は以前、中村敦夫議員を支援しており街宣でご一緒したこともあります。

 浜岡原発を止めるかどうかという重要局面に現在あると思います。経済産業省としては原発を止めるというのはなかなかできないことかもしれませんが、日本のために世界のために、子どもたちのためにも脱原発へと日本が舵を切るときです。浜岡3号機をまずは動かさないようにお願いします。
 今回の震災で原発というプラントは地震そして津波に耐えることができないことが明らかになりました。どんなに頑丈につくろうが、堤防をつくろうが地震国日本に原発は無理なのです。
 一気に原発を止めることは難しいと思いますので、まずは地震の危険性の高い浜岡の3号の起動させないことをお願いします。順次4、5号基も止め、使用済燃料も安全な場所に運び出していただきたい。そしてドイツのようにロードマップをつくり老朽化原発、地震の危険性の高い原発から順次止め、代替エネルギーへとシフトするのです。日本の技術は代替エネルギーで示せばいいではありませんか。ヒロシマ・ナガサキで核廃絶のリーダーになったように、フクシマ(トウデン)で日本は脱原発のリーダーになればいいのです。
 原発産業も廃炉や廃棄物の無害化などの仕事や考えることがまだ山のようにありますので原発を止めても仕事はなくなりません。廃炉技術も世界に売り込めばいいではないですか。

 とにかく、ここが踏ん張りどころ。もし3号機を動かしてしまうと次の原発大事故が起こるまで日本は変わることができないかもしれません。二ヶ所で原発が爆発したら日本は本当にオシマイになってしまうでしょう。海江田さんなら止められます!脱原発への一歩をお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »