« 東電の自然エネルギーお寒い事情 | トップページ | 浜岡3号を動かさないで 海江田大臣へのメール »

東電の電気は買いたくないから我が家を太陽光発電所に

 東電の電気は買いたくない!そこで太陽光発電を我が家につけるにはどうすればいいのか、どれを選べばいいのかというのを最近事情からめて書いてみました。我が家は2002年に新築の際パネルをのせています。東電の電気をできるだけ買いたくないから。


 まず、パネルメーカーですが。以下の3社あたりが良いのではないでしょうか。性能的にはどれもそれほど変わらないので、相談して乗り気になってくれる会社がいいと思います。
 パネルの容量は屋根の大きさによりますが、一般的には3KWあれば十分とされています。予算によりもっと減らしてもかまいません。我が家の屋根は小さいので1.56KWしかのりませんでしたが。
 太陽光発電にはパネル(モジュール)とパワーコンディショナー(売買電を調整する装置)が必要でこれに工事費が加わります(3KWで200万円弱かな?)。

○シャープ
http://www.sharp.co.jp/sunvista/consult/face_to_face/
○サンヨー
http://jp.sanyo.com/ses/agency/kanto.html
○京セラ
http://www.kyocera.co.jp/solar/


 ちなみに原発メーカーですが、三菱や東芝も有力メーカーではあります。我が家の場合、本当は嫌だったのですが、大工さんが三菱連れてきたので三菱になりました。
 海外メーカーだと、中国のサンテック、ドイツのQセルなどが有名です。


 施行に関しては、付き合いのある大工や施行会社があればそこに聞いてみるのがまずはいいのでは。そういう付き合い特になければメーカー等に相談して、見積りとって施行会社を紹介してもらうといいでしょう。見積りも複数社とって比べてみるのがいいかもしれません。値段的にはどこに頼んでも大きくは変わらないと思います。

 メーカーや施行会社は太陽光発電とセットでエコキュート(電気温水器)や電磁調理器、オール電化をすすめ、深夜電力料金に切り替えることをすすめてきます。これはきっぱりと断った方がいいでしょう。これら導入すると電気を多く使い、夜の原発の電気を使うことになってしまうので、本末転倒になってしまいます。


 次に補助金について調べてみたところ、国に関しては来年度も残っていましたが、東京都はなんと!昨年度いっぱいで打ち切りにしていました(1KWあたり100000円もついていたのだが)。さすが原発推進の慎太郎です。
 補助金の手続きは施行会社が教えてくれると思います。

補助金 国
http://www.j-pec.or.jp/
1KWあたり48000円

補助金に関しての情報
http://www.solardirect.jp/hojilyokinn.html


 ついでですが、窓がペアガラスになっていなければ住宅エコポイント制度がありますので、これも予算あればやっていいかもしれません。冷暖房費の削減につながります。

http://jutaku.eco-points.jp/


 以上、こんなところです。


参考までに昨年の太陽光発電展示会のレポート
http://homepage1.nifty.com/yokoze/tech/pvshow.htm

我が家のパネルに関して
http://homepage1.nifty.com/yokoze/home/sun_p2.htm
http://homepage1.nifty.com/yokoze/home/sun_p.htm

|

« 東電の自然エネルギーお寒い事情 | トップページ | 浜岡3号を動かさないで 海江田大臣へのメール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/51500618

この記事へのトラックバック一覧です: 東電の電気は買いたくないから我が家を太陽光発電所に:

« 東電の自然エネルギーお寒い事情 | トップページ | 浜岡3号を動かさないで 海江田大臣へのメール »