« 読書な毎日(199) | トップページ | 今年のアカデミー賞 »

コラムyokoze「官ロボ総理は交代だ!」

 管直人は地元(西東京方面)であって若いころから見ていたし、小政党の市民運動出身ということもあって、私はずっと好意的に見ていました。ところが、総理に就任してからの言動はなんでしょうか。私の今までの彼への評価を裏切るものでした。
 今の管という政治家は、まず”言葉がだめ”。彼が総理になってから、耳に心に残る言葉を発したでしょうか。”有言実行内閣”と口では言ってましたが何も言わず何もやらない。メッセージが無いということはポリシーも信念もないということです。信念がないので彼は総理になって何をやっていいかわからないのでしょう。ある意味アチョーと同じです。
 そんな管がここにきて力を入れているのは”消費税増税”と”TPP参加”です。与謝野を無理筋で連れてきたのも、自分一人ではできないから。なんでそんなに消費税をあげたいのか。それは財務系官僚の意向に他なりません。財政赤字は自民党時代に仕込まれたツケがそっくり今出ているのですが、自民党がこのマズイ状態をずっと隠していたからかなり重症になっています。これは放置できないのですが、それを直す特効薬は消費税の税率をいきなり単純に上げることではありません。ヨロヨロの患者に電気ショックをかけるようなもので下手すれば死んでしまいます。
 消費税のような間接税は世界中で実施されていますが一律○%とやっているのは日本ぐらいでしょう。食料品などの生活必需品などの税率は低くするのが一般的。ぜいたく品に多く課税するのです。既にかなり疲弊している貧乏人をいじめるとますます格差が広がり少子化も進み、日本はますます活力を失うでしょう。若者がきちんと仕事が出来てお金を受取り再生産できる国にする。つまり国の血行を良くする税のとり方に是正しなければいけないのです。
 TPPの方は米国の強い意向。彼らは自国の農産物(遺伝子組み換え豆や狂牛肉など)を関税を撤廃してじゃんじゃん日本に売りたいということです。
 ところで、最近仕分けはトーンダウンしていますが、まだまだ仕分けは十分ではありません。60年の自民党政権のアカは1年や2年では落とせないのです。動くことのない高速増殖炉もんじゅ、軍事費の段階的縮減、思いやり予算、無駄なダムなど。医療費に関しても、無駄なインフルワクチンとかホニャララワクチンなど製薬会社を儲からせるばかりのようなものに使わないようにしなければいけません。仕分けはこれからも続けるのです!

 ”国民の生活が第一”という小沢が考えたキャッチフレーズは新しい民主党のポスターからは消えるそうです。それもそのはず、今の管政権がやってるのは、”官僚(マスコミと大企業のエライさんを含む)の生活が第一”、”やっぱり米国追従が安心”というものだからです。管直人は財務省にいたときにチップを埋め込まれた(官僚や米国の思い通りに動くロボット用チップ)という冗談もあるようですが、最近の言動を見てると否定できないのがコワイ(^^;

 まあ、とにかく4月の統一地方選で民主党はボロ負けすることでしょう。もしかしたら、このときだけはまた官僚機構の一部のマスコミが菅政権を盛り上げて傷を最小限にしようとするのかもしれませんが。
 菅直人がだめでも、民主党自体がだめというわけではありません。腰砕けになったけれど、鳩山総理の方向性は良かった。官僚や米国ときちんと向き合って彼らから国民に主権を取り戻す。だから、足元すくわれて官僚ロボの管にすげかえられてしまったのです。

 それでは今後どうなればいいのか。次のようなシナリオが一応現状では理想でしょう。4月の統一選で民主党がボロ負けし管政権退陣。小沢もしくは小沢系の議員が総理に。

 小沢に関してはまだマスゴミが政治とカネと騒いでいますが、大騒ぎする話ではありません。証拠捏造 前田特捜検事のつくった小沢の大久保秘書の調書は証拠として不採用に。大久保被告は無罪になるでしょう。また、これも小沢の秘書だった石川被告(国会議員)を特捜検事が恫喝していた音声ファイルが証拠として採用されることになりました。これも無罪でしょう。小沢も素人集団に強制起訴されましたが、その根拠となる二人が無罪ですから当然無罪。つまり村木さんや福島の佐藤知事同様、事件のないところに事件をつくった冤罪事件なのです。官僚や米国にとって小沢は邪魔な存在ですから、でっち上げの名人たち(東京地検特捜部)を使って犯罪をでっち上げたのです。
 ウィキリークスで小沢と管を分断させて、官ロボの方を総理に据えようと米国が画策していたことがわかりましたが、鳩山以降の一連の流れはこのシナリオに沿っていたのです。

 というわけで日本国民に主権を取り戻す正念場が統一地方選の後にやってきます。マスゴミの援護射撃を受けて居座ろうとする官ロボをここで交代させないといけません!もちろんヅラ与謝野大先生もです!

|

« 読書な毎日(199) | トップページ | 今年のアカデミー賞 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/50692148

この記事へのトラックバック一覧です: コラムyokoze「官ロボ総理は交代だ!」:

« 読書な毎日(199) | トップページ | 今年のアカデミー賞 »