« コラムyokoze「官ロボ総理は交代だ!」 | トップページ | 新最近みた映画(115) »

今年のアカデミー賞

Kingsp 今年も小粒な印象ですが、”ソーシャルネットワーク”が最有力と言って良いでしょう。対抗馬となっているのが、”英国王のスピーチ”。どちらも見てないのでなんとも言えませんが、英国王の方は吃音のジョージ6世がそれを克服して、第二次大戦に英国が参戦するスピーチをするという話。このストーリーだけで正直見る気がしない(^^;; 王様をしかも戦争突入のスピーチを持ち上げてどうすんねん!!その後いっぱい人が死ぬんじゃないのか!?

 ところがアカデミーに関してはノミネート具合見るとどうやら”英国王のスピーチ”が有力っぽい。アメリカの映画祭で地味なイギリス系の俳優ばかりの英国王が主役の映画に賞あげるの!? キングズイングリッシュだからこの映画は外国語映画賞じゃないのか!? 去年のハートロッカーもかなり違和感あったのですが、今年もなんか変な雲行きだ!
 そしてまたおかしなこと発見してしまいました。この”英国王のスピーチ”つくってる映画スタジオは”See Saw Films”という今まで全く聞いたこともないスタジオ。調べて見るとこれはオーストラリアのインディペンデント系のスタジオで、英国王のスピーチ以外の映画をつくっていない。ん!これは昨年のハートロッカーと全く同じではないか。ハートロッカーもインディペンデント系でVoltage Picturesという全く聞いたこともないスタジオでした。ハートロッカーがはじめてつくった映画で、その後はスティーブンセーガルのゴミ映画なんかも撮ってるようですが、ハリウッドでのポテンシャルで言えば”カス”のようなスタジオです。

 もし、今年も順当に”ソーシャルネットワーク”がとらずに”英国王のスピーチ”が作品賞をとったら、アカデミー賞は今までと違うものになったと見ていいでしょう。スタジオ力学や、作品の良し悪し、興行など関係なく、見えざる力で操作される賞ということです。たぶん見えざる力の人はフェイスブックなんか嫌いでしょう(^^;?

 ラジー賞についても簡単に書いておきます。
 作品賞は最近ラジーの常連になってるシャマランの”エアベンダー”、”セックスアンドシティ2””エクリプス/トワイライト・サーガ”あたりが有力のようですな。
 今年からワースト3D映画部門というのもできました。キャッツアンドドックス2 3Dなんかが有力みたい。

|

« コラムyokoze「官ロボ総理は交代だ!」 | トップページ | 新最近みた映画(115) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/50702133

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のアカデミー賞:

« コラムyokoze「官ロボ総理は交代だ!」 | トップページ | 新最近みた映画(115) »