« 今年のアカデミー賞 | トップページ | 映画「ウィキリークス」 »

新最近みた映画(115)

【ラースとその彼女】 クレイグ・ギレスピー
 ライアン・ゴズリング、エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー。父と二人暮しで独身のラースは父が死に一人ぼっちになる。近くに越してきた兄夫婦が食事などに誘うがあまり楽しそうでない。そんなラースがある日、恋人を紹介したいと言ってきた。しかし、彼が連れてきたのは等身大のリアルガール(人形)だった。
 等身大の人形なので目立ちますが、世の中には人間ではないものを人間扱いする人がたくさんいます。例えば人形やフィギアやアニメなどのキャラクター、芸能人、ペットの動物など。彼らはある意味裏切ることなく思い通りになるので、付き合う方としてつきあいやすいと言えます。そのまま一生を終える人もあるでしょうが、ラースの場合は本物の人間との関係を持つステージに上がっていきます。彼がそうなったのも周辺の人たち、家族や町の人たちの思いやりがあったから。人形の彼女を人として受け入れることにより、ラース本人を受け入れていきます。もし、”頭おかしんんじゃない?これは人形だぞ!”なんて否定する人がいたら、彼は一生人形との世界に引きこもってしまうことになるのでしょう。
 うちのキッズもこの映画気に入ったようです。ほのぼのしていて雰囲気の良い映画です。
(★★★★)

【私がクマにキレた理由(わけ)】
 シャリ・スプリンガー・バーマン、ロバート・プルチーニ
 スカーレット・ヨハンソン、ローラ・リニー、ポール・ジアマッティ。原題は"THE NANNY DIARIES"。就職が決まらないアニー(ヨハンソン)は公園で出会った子連れの婦人にナニー(ベビーシッター)と間違われ、住み込みナニーを依頼され、アニーは引き受けてみるのだった。
 その家は金持ちではあったが、夫はほとんど家におらず婦人は習い事や社交に忙しく、子どもは言う事聞かないガキ(5歳)なのであった。見栄をはることだけが生きがいの婦人は家事も子育ても全くしない。思った以上につらい仕事だったが、同じマンションに住むハーバートのイケ面と知り合うのだった。
 日本にはあまりないナニーという仕事ですが、米国では金持ちの間では普通のよう。そのナニーにもランクがあり、若くて大學出の白人美人が最高ランク。年齢が上がったり、非白人だとランクが落ちます。アニーはいわゆる最高ランクのナニーになり、婦人は鼻高々。しかし、金持ちだけど夫の収入によって金持ちなだけで、実につまらない生活です。夫が家庭を大事にしてるなら別ですが、この映画のケースはできるだけ家にはいたくない雰囲気。この状況だったら養育費もらって離婚するのがいいだろうけど、お互いの見栄もあってなかなか難しいのだろうね。愛情に飢えてるこういうガキは恐らく大人になったらパパと同じようなオヤジになってしまうのでしょう(^^;
 邦題のクマは何かと言えば、監視カメラを仕込んだクマのこと。婦人はナニーを信用しないで監視してるのです!しかし、ネタバラシみたいな変な題名だな。
(★★★★)

【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 デヴィッド・フィンチャー
 ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット。ベンジャミン・バトン(ピット)は奇妙なことに生まれたときにおじいちゃんだった。母親は出産直後に死んでしまい、途方に暮れた父はその子を孤児院に預けてしまうのだった。ベンジャミンは不思議なことに年を取るに従い若返ってゆくのだった。
 2時間半をじいちゃんブラピが若返るという1ネタで引っ張れるのだろうか、と見る前は疑問に思っていたのですが、一人の人間が生まれて死ぬまでの一代記を、社会情勢と人間関係を織り交ぜながら物語を引っ張っていきます。若返るのはスパイスなのですが、この奇妙な味付けが実に効いていて、人が老いるということ、人の生死を際立たせています。今までデヴィッド・フィンチャーとは画づくり中心のややホラー系監督かと思っていたのですが見直しました。既に職人芸の域ですね。ピットはもちろん特殊効果でおじいちゃんになっていますが、そういうのが全く気になりません。これも演出が良いからでしょう。ブラピとウィンスレットはもちろん良い演技です。
 若者にはこの映画ピンとこないかもしれませんが人生の半分ぐらい生きると良さがわかることでしょう。
(★★★★☆)

|

« 今年のアカデミー賞 | トップページ | 映画「ウィキリークス」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/50715500

この記事へのトラックバック一覧です: 新最近みた映画(115):

« 今年のアカデミー賞 | トップページ | 映画「ウィキリークス」 »