« 新最近みた映画(114) | トップページ | 加瀬亮がトッコタイの幽霊の映画 »

コラムyokoze「尖閣ビデオとWikileaks」

Wikileaks 連日報道されている尖閣ビデオについて私の見解をちょっと書いてみます。

 そもそも、この事件が騒ぎになったのは漁船の船長らを拘束して日本まで連れ帰ってしまったのが発端。この海域は東京新聞に出ていた記事によると、今まで中国と日本の漁船がどちらも操業している場所だったとのこと。つまり、船長らを拘束したのは今までと日本側が違うことやったということになります。ビデオで見てもわかる通り相手は普通の漁船。尖閣上陸を目指す活動家が乗ってるわけではありません。なのになんで捕まえちゃったの?誰の判断で捕まえたのが問題ですが、これについては追及されていません。
 そして結局船長を釈放するわけです。魚とってただけですから捕まえておく理由もないわけです。船を衝突させたと言うのが逮捕容疑と言うのかもしれませんがあれはいわゆる”ころび公妨”という警察側の常套手段。捕まえたい目標に接触してわざところんだり、ぶつけられたふりをして公務執行妨害で逮捕するのです。ビデオでは確かにぶつかってますが、ぶつけられるように海保側が仕向けたというのが実態でしょう。彼らはビデオを捕まえるための証拠として撮っているのです。
 10時間も海保の二隻の船は1隻のしょぼい漁船を追い回していました。海保の船はミニ軍艦みたいなもので、相手を撃沈可能な機関砲装備し速力だって漁船の比ではありません。装甲車で軽トラを追い回しているようなもの。漁船が逃げ切るのは不可能だし、おそらく怖かったに違いありません。なにしろ最悪撃沈されるかもしれませんから。そんな状況で海保の船に漁船がぶつかったからどうだと言うのでしょうか。

 そのビデオは海保側にとっては重要な逮捕の証拠ですから裁判まで隠しておくというのは一応筋でしょう。けれど、結局船長らを釈放してしまいましたから、その時点でこのビデオは裁判に使うものではなくなりました。あれは公妨では無かったという決着なのです。とはいえ、撮ったのは海保ですから彼らが公開したくなければ公開しなくてもかまわないでしょう。ところが自民党をはじめとする野党が”見せろ!”と騒ぎ立てました。
 けれどそのビデオを編集した映像は海保内では共有フォルダに9月中旬。つまり、証拠として重要だった時期に放置されていたのです。放置したのはミスのようではあるようですが実にいい加減な情報管理と言えます。海保内でこれが共有されていたのを知っていてコピったのはsengoku38さんだけではなく海保内では既に拡散していたに違いありません。

 sengoku38さんはとりあえず法律的には何も罰せられる必要はありません。あれは既に裁判の証拠でも機密情報でもなく、ただの景色ですから。もし仮に海保や船長がengoku38さんを訴えでもしたら別ですが。
 しかし、今回のばら撒いた行為自体は海保の内規に抵触するでしょう。どこの会社でも役所でも、社内情報の守秘義務と、会社の社会的信用を失墜させた場合の罰則があるはずです。sengoku38さんは、自分が管理しているわけでもない情報を上司の了解もなく複製して持ち出し、バラ撒いてしまいました。海保のボスは馬渕国道交通大臣ですが、おかげで海保の情報管理のお粗末さが露呈。信用は失墜し、大臣の首がとびかねない事態です。sengoku38さんは海保内では罰せられて当然のことしてしまったわけです。

 今回のビデオを、もしマスコミにsengoku38さんが持ち込んでいたなら違った展開になっていたでしょう。どこかのマスコミのスクープとなり、情報提供者としてのsengoku38さんはそのマスコミによって守られたはずです。ところがyoutubeにポーンと投稿してしまったため、逆にマスコミは"youtubeに抜かれた!"と頭に血が昇り、犯人探しに奔走。googleという会社(youtubeの親会社)は権力迎合の弱腰会社ですから、あっさりとsengoku38さんの情報を捜査機関に提供。sengoku38さんは身元を簡単にあばかれてしまいました。せめてノラwifiでも使ってれば良かったですが、自宅近所のまんが喫茶ではだめだ(^^;

 マスコミにsengoku38さんが持ち込まなかったのは面倒くさかっただけかもしれませんが、マスコミを信用していなかったのかもしれません。マスコミはsengoku38さんが自分たちにリークしてくれなかった理由をよく考えてみる必要があるでしょう。実際マスコミは都合悪いと判断した情報はにぎりつぶすこともあるし、捜査機関に売られたり、情報が漏れてしまうこともあるかもしれません。これはもちろん日本だけのことではありません。というわけで、Wikileaks(ウィキリークス)というサイトがあります。ここは投稿者の身元を隠すことを保障し、隠されている機密文書を公開するサイトです。それもなんでも公開されるわけではなく、ジャーナリスト達が内容を審査して本物と思われるものだけ公開しています。今のところイラク戦争関連が多く、日本語情報はないですが、そのうちwikipediaのようになるかもよ。そんときはどうするのマスコミさんたち!?

|

« 新最近みた映画(114) | トップページ | 加瀬亮がトッコタイの幽霊の映画 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/50056012

この記事へのトラックバック一覧です: コラムyokoze「尖閣ビデオとWikileaks」:

« 新最近みた映画(114) | トップページ | 加瀬亮がトッコタイの幽霊の映画 »