« facebookの映画 | トップページ | 読書な毎日(198) »

新最近みた映画(113)

【コララインとボタンの魔女】 ヘンリー・セリック
 声の出演 ダコタ・ファニング、テリー・ハッチャー、ジョン・ホッジマン。ナイトメア・ビフォアー・クリスマスのセリック監督のストップモーションアニメ。劇場公開時3Dだったので、てっきりフルCGかと思って見ていたのですが、なんと人形だったというのがメイキング見てやっと気がつきました。CGを見すぎて私の目は退化してしまったようです(^^; メイキングを見るとわかるのですが3Dにするために、この映画は1コマは2ショットの写真撮っています。タダでさえ大変なストップモーションアニメだというのによくやりました。まあ、私は3Dには興味ないですが。コララインがアジア人っぽい雰囲気だなと思ったら、キャラクターの原案はイラストレーターの上杉忠弘という日本人でした。
 パパとママと娘のコラライン(11才)は郊外の築150年の家に引っ越してくる。同じ家には、元女優のおばさまや元曲芸師?のおじさんが住んでいる。パパもママも仕事(園芸記事の執筆編集)が忙しくてコララインの話なんか全然聞いてくれない。
 こういう映画の場合、絵がものすごいけどストーリーは....というがけっこうあるけど原作がしっかりしてるだけあって、非常によくできてる映画です。映像も雰囲気も素晴らしい。子どもはコラライン、大人はパパママに感情移入してこの映画を見るのでしょう。一応子ども映画ですが、大人が見ても飽きません。子どもはちょっと怖いでしょうが。
 うちのキッズ特にりんどろ(6才女)にはかなりウケたようで、何度も何度もこのDVD見てます。けいどろ(3才男)の方は言うこと聞かない場合「パパの目がボタンになっちゃうよ!」と言うと効果テキメン!おりこうな子どもになります(^^;
(★★★★☆)

【サンシャイン・クリーニング】 クリスティン・ジェフズ
 エイミー・アダムス、エミリー・ブラント。シングルマザーで掃除夫の姉ローズ(エイミー)とウェイトレスの妹ノラはパッとしない日々を送っている。ローズの高校時代の友人で現在の不倫相手でもある警官のマックから実入りの良い殺人現場の掃除の仕事をまわしてもらうことにしてもらい、妹と二人でサンシャインクリーニングという会社を立ち上げる。殺人現場に立ち会うことにより、様々な人間模様にも出会う二人。
 イケテない普通の人々が人生と格闘する姿が描かれています。サクセスでも痛快でもない話ですが、誰でも共感できる部分はあるのでしょう。死人と向き合うというところで、「おくりびと」っぽいところも多いです。
 話の本筋とは違いますがこの映画の死人の何人かは銃によるものです。銃という道具があることにより、人間はいろんな意味で死にやすくなってしまうのでしょう。必要のない道具です。
(★★★)

【モール★コップ】 スティーヴ・カー
 ケヴィン・ジェームズ、ジェイマ・メイズ。アダム・サンドラー プロデュースの日本未公開作。ショッピングモールの警備員をしているポール(ケヴィン)は仕事に誇りを持って働いているが警官になることを夢見ている。シングルファザーの彼だったが、あるとき売り場で魅力的な店員エイミー(メイズ)がいることに気がつく。
 デブオヤジが主人公のラブコメ。警官と警備員というのは格がかなり違うようで、モールの皆様は警備員が何を言っても無視します。けれどまじめなポールはいつもがんばっています。そんなモールに強盗団がやってくる。
 普通におもしろいコメディです。ケヴィン・ジェームズはサンドラーファミリーのデブ役定番ですが、憎めない好感度デブですね。最後のオチ(あいつまで強盗団!?)はいらなかったと私は思います。
 本作の重要アイテムとして登場するセグウェイ。日本では公道で乗れないことになってしまいましたが、米国ではOK。と言っても見た目がやっぱり格好悪い。ケヴィン・ジェームズだから格好悪いんでなくて、誰が乗ってもこれはだめだ。コンセプトはいいと思うんだけどもっとスタイリッシュにできないものかね。
(★★★)

|

« facebookの映画 | トップページ | 読書な毎日(198) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/49871456

この記事へのトラックバック一覧です: 新最近みた映画(113):

« facebookの映画 | トップページ | 読書な毎日(198) »