« 新最近みた映画(112) | トップページ | 私のパソコン履歴書~5代目Contura AERO, 4/25~小さく軽いサブノート »

コラムyokoze「選挙について」

 もうすぐ参議院選挙です。結局選挙のホームページ解禁は鳩山辞任などのごたごたで見送られてしまいました。次の衆議院選からってことになるのでしょうか。自民党が万が一、主導を握ってしまうようだとまた当分先の話になるのでしょうが。
 さて、今回の選挙はなぜか「消費税」が争点にされてしまいました。しかし、争点と言っても与党の民主党は党としての方針を決めていないので、本来なら争点にできないのですが、官僚とマスコミ主導で争点としてしまいました。なぜ消費税を争点にしたいのか。官僚は単純に収入(税金)を増やしたいということでしょう。また、自民党のように言うこと聞かない民主党の勢力をそぎたい。大マスコミは既得権益を享受している一種の官僚ですから、この点で利害が一致。記者クラブ開放など余計なことをするので、なんとしても民主党が力を持ってほしくないのです。
 今回の選挙は本当なら、民主党政権の信任、鳩山総理が辞任することになった米軍基地問題が争点となるべき選挙です。米軍基地問題は国民がようやく気がつきはじめてしまったので今回の選挙ではすっかり隠されてしまいました。
 前回の衆議院選挙のように民主党が勝ちすぎるのも問題ですが、あれから8ヶ月しかたってないのに、今回民主党が大きく負けるような結果がもし出るようなら、この流れをつくってる日本国民っていったい何なの?ってことになります。マスコミの報道に踊らされてるだけ?勝馬投票券買ってるだけ?前回民主党に入れた人は8ヶ月ぐらいで主旨変更するの?。それこそブレてるってことじゃない。60年の自民党支配、明治時代からの官僚支配は8ヶ月ぐらいで変わるものではありません。

 今更自民党が逆転するということはありえないでしょうが、みんなの党がある程度躍進してしまうかもしれません。しかし、みんなの党ってのは果たして第三極になりえる政党でしょうか。官僚政治批判はいいとして、それ以外はかなり自民党に近いもので、政策は筋の通った感じがありません。候補者もかなりマダラ感が漂います。政党というより”かき集め”という感じ。私はとてもこんな政党には投票できません。
 こんな時に中村敦夫さんが欲しかった。彼の登場は日本にとって10年早すぎました。彼のような信念のはっきりした政治家はなかなかいないものですね。

 私の住んでる東京選挙区について見てみましょうか。前回から5議席になり、みんなの党に行ってしまった川田龍平候補が当選しました。今回のプラス1は誰になるのか。
 民主れんほうは確実(1)。組織票の強い、公明の新人竹谷も硬いのでしょう(2)。前回現職の保坂(今回比例)を落として丸珠を入れてしまった自民党は組織票を中川に集中しているようなのでこれも入るでしょう(3)。れんほうに票が集中して民主小川はやや苦戦ですが、組織票をこちらに集めるようなのでこれも入るでしょう(4)。最後の1議席を、最近東京選挙区で議席をとれなくなっている共産党の小池と、自民のもう一人東海と、みんなのタリーズ松田が争うことになるか。この中で優勢なのは小池。民主の批判票がある程度ここに向かうでしょう。タリーズ松田はポスターがやばい(ばっちい)ので、これでかなり票を減らすでしょう。東海は知名度もなく、組織票も期待できないのでかなり厳しい。
 その他、東京名物の唯一神マタヨシは今回も出てます、脱税告発されたマック赤坂も健在。ますぞえ党の海路はキャラ的におもしろそう。名物になってください(^^; 社民森原は基礎票20万票では当選圏がはるかかなた。かわいそうな捨駒。東京選挙区には無理してでも出さないといけないのか社民党!? ところで東京名物のドクター中松が幸福実現党の比例で出ている。ドクター!ついにいっちゃいましたか!

|

« 新最近みた映画(112) | トップページ | 私のパソコン履歴書~5代目Contura AERO, 4/25~小さく軽いサブノート »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/48784815

この記事へのトラックバック一覧です: コラムyokoze「選挙について」:

« 新最近みた映画(112) | トップページ | 私のパソコン履歴書~5代目Contura AERO, 4/25~小さく軽いサブノート »