« コラムyokoze「iPadと電子書籍に関して」 | トップページ | 新最近みた映画(112) »

映画「ザ・コーヴ」の試写会に行ってきました

Covep6/9中野ゼロで行われた雑誌「創」主催の映画+シンポジウムに行ってきましたのでその簡単なレポートと映画の感想文を書きます。
 私がこの試写会チケットを買った時点では上映中止はニュースとなっていなかったのですが、ニュースとなった後あっという間にチケットは完売してしまったようです。当日券100枚を求め、劇場前では長蛇の列となり100人程度はチケット買えなくて帰ったそうです。
 警察の警備はありましたが、右翼の街宣活動はなく上映反対ビラを配る人がいました。しかし、その配られたビラは名無しのゴンベイビラで誰がこの主張をしているか、このビラに関してどこに問い合わせるかが書いていないものでした。このビラの主張は主に二点。コーヴの製作者はテロ集団シーシェパードと関係していて、資金援助も受けているがそれを隠している(映画の中にもシーシェパード関係者が出てきて何も隠してはいないのだが)。食肉用の牛や豚を殺すシーンを見せる映画などない。そういう神聖な場を隠し撮りするとはなんと非常識な人たちなのか(隠し撮りは製作者側も本意ではない。牛豚の屠殺は知られているが、イルカ漁はほとんど知られていないし漁民が必要以上に隠そうとしている)。
Cove
 上映後、森達也氏や鈴木邦男氏などが登壇し、創の篠田氏司会でシンポジウムがありました。上映できなくなったのは言論の自由の問題ではなく”自粛、事なかれ主義”によるもので、憲法うんぬん以前の話。警察までモザイクをかけるとはやりすぎ。太地の人に言論の自由を言うのは筋違い。イルカが楽しんでショーをやっているわけではないとはじめて知った。問題作は上映中止しそうな映画館にかけると話題になり大ヒットになる(冗談)。上映中止を訴えている団体はそんなに多いわけではなくおそらく数十人レベルだろう。などの意見、感想がありました。もう少し時間があってみなさんの話が聞きたかった。
 右の写真は携帯カメラなので画像悪いですが、シンポジウム写真。立っている3人のうち一番右がオバリー氏。

 映画の感想文かなり長くなりましたが、こちら

|

« コラムyokoze「iPadと電子書籍に関して」 | トップページ | 新最近みた映画(112) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/48610799

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ザ・コーヴ」の試写会に行ってきました:

« コラムyokoze「iPadと電子書籍に関して」 | トップページ | 新最近みた映画(112) »