« 映画「ザ・コーヴ」の試写会に行ってきました | トップページ | コラムyokoze「選挙について」 »

新最近みた映画(112)

【バックドロップ・クルディスタン】 野本 大
 2004年UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)前に強制送還に抗議して座り込んだ難民カザンキラン一家を追ったドキュメンタリー。この事件については同題材を扱った「難民を追いつめる国―クルド難民座り込みが訴えたもの」の感想文に譲ります。
 この座り込みの1年後、監督はカザンキランさんの住んでいたトルコへとわたります。現地の様々な人に話を聞きなぜ彼らが難民になったのかを探ります。
 この座り込みはドーガン一家も一緒に座り込んでいたのですが、本作には全く出てきません。本作自体がカメラマンであり監督である、野本氏からの視点でとられ登場人物を絞ったからこうなったのではるのでしょうが、ドーガン一家にちょっとは触れて良かったのではないかなと思います。カザンキラン一家にはかなり密着取材しているのですが、その周辺の人や支援している人たちが全く登場しないのも監督から目線ということなのでしょう。
 日本でのカザンキランだけでなく、1年後にトルコに行ったことにより彼の地でクルド人がどのような立場にあるかというのがわかり、映画に幅が出ています。24才の若者がとったということでそれ程期待していなかったのですが、なかなか良い作品です。
 前掲著でこの事件に関して予習はしていましたが、彼らが大変な境遇にあることカザンキランパパの迫力などは映像を見てより印象に残りました。
 次作を監督は撮っていないようですが、まだこの問題終わったわけではないので引き続き取材してほしい。この問題に限らずビギナーズラックと言われないように何か撮ってほしい。期待しています。
(★★★☆)

【ママ男】 ティム・ハミルトン
 ジョン・ヘダー、ダイアン・キートン、ジェフ・ダニエルズ。29歳でママ(キートン)と二人で暮らすジェフリー(ヘダー)。あるとき、ママがボーイフレンド(ダニエルズ)を連れてくる。ママがもしかしてこの男にとられてしまうかもしれない。ジェフリーは追い出し計画をたてるのだが。
 ママが自分の面倒みてくれるのは当然みたいな変な自信がみなぎってるジェフリー。映画には通常出てこないキャラクターですが、こういう息子もけっこういるでしょう。バス男のヘダーもこれに近いキャラクターでした。微妙なリアル感がいい。
 ヘダー目当てで見た映画で、それほど期待もしていなかったのですが、けっこうよくできたコメディでした。しかし、ドタバタコメディではなく親子、青春ドラマもしっかり描いています。クライマックスのパットパットゴルフ対決が面白かった。
(★★★☆)

【マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと】 デヴィッド・フランケル
 オーウェン・ウィルソン、ジェニファー・アニストン。ジャーナリストのジョン(ウィルソン)とジェニー(アニストン)は、結婚して子犬を飼うことにした。しかし、そのラブラドール・レトリーバー「マーリー」は誰の言うこともきかないヤンチャなワンコだった。大人になってもマーリーは相変わらずなのだった。
 米国で予想外の大ヒットとなった映画。犬モノですが、犬ととも暮らした家族の10年間の話です。10年には家族もいろいろあって、様々な思い出がワンコとともにうまれますがワンコは10年で死んでしまうのです。ヒットするだけのことはある、よくできた家族ドラマでした。
 私の家でも犬を飼っていましたが、人間の尺度からするとあまりにも早く犬の寿命をはやってきてしまいます。2匹目は私が飼いたいと言って飼ったバカワンコでしたが、死んだときはそれは悲しくて、以来ワンコは飼っていません。犬も亀ぐらい長生きしてくれるといいんですがね。
(★★★☆)

|

« 映画「ザ・コーヴ」の試写会に行ってきました | トップページ | コラムyokoze「選挙について」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/48668852

この記事へのトラックバック一覧です: 新最近みた映画(112):

« 映画「ザ・コーヴ」の試写会に行ってきました | トップページ | コラムyokoze「選挙について」 »