« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

新最近みた映画(111)

【アバター】 ジェームズ・キャメロン
 サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー。タイタニックの記録を塗り替えた昨年一番の話題作早くもDVD化ということで早速見ました。近未来、惑星パンドラという星で人類は自分たちに有用なレアメタルを見つけ採掘しようとしている。しかし、そこにはナヴィと呼ばれる住民がいる。人類より2倍ぐらい長身で身体能力も高く知性も高い彼らは自然とともに原始的な生活をしている。
 オーガスティン教授(ウィーヴァー)はナヴィのコミュニティに、アバターと呼ばれる人類の分身を送り込んでいる。サリー(ワーシントン)の兄もこのプロジェクトに関わっていたが事故死してしまった。同じDNAだとアバターがシンクロしやすいということでサリーは惑星パンドラに呼ばれたのだった。サリーは海兵隊に所属しているが、戦闘による負傷で下半身不随となっている。
 3Dということで話題になった映画ではありますがストーリーがしっかりしています。けれど、タイタニックに比べて一般受けしなそうなSF色の濃い映画で、よくあれだけヒットしたなと思いました。
 人類はどこの国の軍隊とは言ってませんが海兵隊ですから米国なのでしょう。ナヴィは知性が高く英語を話す人もいます。人類側もナヴィ語を話す人がいて一見両者は交流しようとしているかのようにも見えるのですが、人類側の真の狙いはレアメタル。企業ではなく、軍が出てきて国家プロジェクトとして金儲けのお膳立てをつくろうとしています。ナヴィ側は人類が何を求めているのかはかりかねている感じ、彼らを信用していいものかどうか。
 ネイティブアメリカンのコミュニティに資源を求めて侵入していくアメリカ人、イラクに資源を求めて侵入していくアメリカ人がこの映画にかぶっていきます。アメリカ人にとって彼らはエイリアン。交流する相手ではなく排除の対象なのです。しかし、主人公のサリーはアバターとなりナヴィのコミュニティに入ることにより、人類が間違ったことをしているということに気がつきます。けれど、国家プロジェクトをそう簡単に止めることはできない。
 以下ネタバレ含みます。今回の局地戦ではナヴィ側がなんとか人類を撃退します。しかし、退けたのは中隊レベルの米軍でしかなく彼らが本気を出して戻ってきたらおそらくナヴィは絶滅させられてしまうでしょう。もちろんサリーはこの侵略はいけない!と訴えているのですが、米軍中枢までその思いは全く届かないでしょうから、普通なら増派して反撃に戻ってきます。映画はそこまでの話はやらないのですが、今後きっとそうなってしまうでしょうから、映画見終わっても私はすっきりしませんでした。映画的には人類が二度と攻めてこない理屈を何かつけて欲しかったのですがね....。
 内容が多いので、映画には盛り込めなかったのでしょうが、サリーの兄と、サリーの本作の前の話が見たかった。また、アバタープロジェクトの一番最初の立ち上がりのところも。というわけで、本作は二部構成にしても良かったのではないかなと私は思います。しかし、これだけヒットしたのだからスピンオフ企画が出るかもね。アバター2でナヴィや鳥さんたちが絶滅というストーリーは見たくないですが(^^;;
(★★★★)

【戦場でワルツを】 アリ・フォルマン
 イスラエル映画。監督自身の戦場体験の記憶を様々な人に会いながら紐解いていくドキュメンタリーチックなアニメ映画。アニメは実写のキャプチャーを元にした感じの独特の絵づくりをしています。アニメにはAdobeのFlashが使われているということだ。
 様々な映画賞を受賞し、アカデミー賞外国語映画賞最有力と言われていた作品ですが、この年は下馬評をくつがえし「おくりびと」が受賞しています。本作見てとるべきはこちらだったなと思いましたが、内容はイスラエル人がふれたくない内容なので、やはり政治的な力が働いたのではないかなと思います。
 原題は"WALTZ WITH BASHIR"。バシールとは当時カリスマ的人気を持っていたレバノンの政治団体、ファランヘ党の指導者の名前です。ファランヘ党はアンチパレスチナ勢力で武装組織でもあったのですが、バシールが暗殺されて暴走、サブラ・シャティーラ難民キャンプで住民虐殺をしてしまいます。
 以下ネタバレ含みます。監督はこのときイスラエル軍に従軍していて、この虐殺を見ていたのですが、なんと記憶がスッポリ抜けていたということが様々な人の証言をきくうちにわかってきます。よく見る謎の夢もこの事件に関連していた。映画を見ている人も監督と同じ視点で、イスラエル軍の様子や、虐殺があったことを体験します。確かにアニメ映画ではあるのですが、この題材を伝えるにはベストの手法だったのでしょう。テーマや映画の出来からしても外国語映画賞というより作品賞とってもいい映画ではないかと私は思いました。
 イスラエル軍は徴兵で主に構成され、監督も徴兵により従軍します。彼らの任務は一応治安維持と警備ということなのですが、戦車に乗ってウロウロしているだけ。見えないパレスチナゲリラにいつもおびえていて、ひとたび奇襲攻撃を受けると右往左往。住民を巻き込んだ無駄な戦闘をしたり、サブラ・シャティーラ大虐殺が起こっているときはわかっていながら何もしないで見ているだけ。パレスチナ問題は相変わらずですからここに描かれていることは現在進行形で起こっている話なのです。こんな状態がもう60年以上続いているというのはどう考えても異常です。けれど、本作のような意欲作をアカデミー賞は無視してしまうのですからまだまだ解決には時間がかかるということか。
(★★★★☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「北朝鮮の潜水艦!?」

 北朝鮮の潜水艦が韓国の哨戒艇を沈めたことになって大騒ぎしていますが、はたして北朝鮮の潜水艦にそんな能力があるのでしょうか?今回、沈没した韓国の哨戒艇「天安」は1991年に就役した言ってみれば最新艦に近いものです。船体が88メートル、乗員104名、速力32ノットの堂々たるもの。一方の北朝鮮のサンオ型潜水艦はと言えばその存在自体が最近になってわかったもののようですが、もちろんディーゼルエンジン。速力たったの8ノット。乗員は15人程度で全長30メートル。主な任務は偵察や工作員の運搬で魚雷を装備していないモデルもあります。魚雷を積んでるモデルも予備の魚雷はなし。一発必中です(^^;; 潜水艦というより、潜水艇と言った方がいいもの。第二次大戦時代の日本軍の潜水艦よりも性能的にかなりショボい。火炎瓶で戦車が爆破されたようなもので”ありえない!”に近い世界です。
 もし仮に魚雷が命中したとしても、たった一発の魚雷で沈没するほど軍艦はヤワではありません。第二次大戦時代の貨物船対馬丸だって魚雷が二発当たっての沈没です。軍艦は魚雷対策がしっかりしてあり、命中してもその区画を閉鎖して水の浸入を防ぐ構造となっています。それに、もし攻撃されたことがわかったらこのショボ潜水艦では逃げ切れないでしょう。原潜ではないので長い間隠れることもできません。返り討ちであっさり撃沈です。
 また、今回の事件で不思議なのが”魚雷命中”と言わず、”魚雷爆発”と表現していることです。これはどういう意味だろうと調べてみると、魚雷は命中したのではなく、船体付近で爆発した。この衝撃で船体がまっ二つになったというのです。もし、これが本当ならこれって新兵器?核兵器?魚雷は命中してこそ意味があるもので付近で爆発したのではほとんど威力がありません。説得力としてはゼロです。ウソをつくにしてもなんでこんな変なウソをつくのでしょう。なんで機雷でなく、魚雷というウソをつくのか。証拠として出せる北朝鮮の魚雷の部品を持っていたからなのでしょうか?
 しかし、軍事評論家はこんな変な説をなんで黙って見ているのでしょう。江畑さんどうですか!?

 沈んでから2ヵ月もたって「北朝鮮の攻撃と断定」とわざわざ言うのも実に変です。結局のところ、なんらかの事故で沈没した軍艦を北朝鮮のせいにしているのでしょう。
 911の謀略になぞらえる向きもあるようですが、米国の反応が遅いのでこれは計画した謀略というより事故と見ていいでしょう。つまり、「北朝鮮のせい」にしたのが落としどころであとは収束していくのです。
 ちなみに北朝鮮は”やってない!”と怒っています。もし、本当に沈めていたら”韓国の軍艦が領海侵犯したのでわが軍の力で沈めてやった!”と高らかに宣伝するのが彼らではないですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書な毎日(195)

【売国者たちの末路】 副島 隆彦、植草 一秀
 経済学者の植草氏と評論家?の副島氏の対談本。副島氏の本はけっこう前に映画についての評論本2冊”ハリウッドで政治思想を読む””アメリカの秘密”を読んで以来です。前著を読んだときはアメリカを崇拝する自称エリートな人かと思ったのですが、本著でだいぶ印象が変わりました。かなりマトモです。これは副島氏が世界に対する理解を深めバランス感覚を持ったためなのか、ある程度メジャーになったことにより人をびっくりさせることを書く必要がなくなったのか、あるいは私が副島レベル(謎)に近づいたからなのか(^^;
 植草氏があの手鏡事件で逮捕されたことは多くの人が知っているでしょうが、あれが冤罪というか国家的陰謀だった可能性が高いということを意識している人はほとんどいないのでしょう。植草氏は当時自民党のメインバンクのりそな銀行への公的資金投入についての問題を指摘し、政権にいた竹中大臣についても批判していました。当時の政権党にとってかなり邪魔な存在だったわけです。植草氏はハレンチ罪による二度の逮捕により言ってみれば表舞台からはひきずり下ろされてしまったのです。このやり方は権力サイドにとっては常套手段で、他にも元財務省キャリアの高橋洋一氏は「さらば財務省」という本を書いたのですが、その後”窃盗罪”というハレンチ罪で逮捕され表舞台から追放されました。これ見てわかるように官僚と警察、そしてマスコミなど皆一体となって自分達の敵を排除するのです。
 本著は金融についての話。すなわち竹中路線の問題点について多く語っています。竹中という人物は言っていることに一貫性がなく、流行りそうな理論をさも自分が考えたように語り、そういうことに非常に長けている。正にTV向き人間で小泉総理と相性がいいのはそういうことなのです。それでも日本のためになっていればいいですが、まさに売国奴になってしまっているのです。
 副島本を敬遠していた私だったのですが、本著で見直したので今後は彼の本をチェックしようと思います。鋭い分析と洞察力そして誰も書かないネタを掘り出してくる能力はすばらしい。もちろん植草氏もいいです。民主党は是非ともかれを財務大臣にしてもらいたい。
(★★★★)

【日と水と土 ナチュラル&ハーモニックスタイルのすすめ 】 河名 秀郎
 映画「降りてゆく生き方」を見に行ったとき会場で購入した本。普通の本屋では売ってない本だそうです。映画の中でも取り上げられていたテーマですが、自然栽培について書いてある本。自然栽培とは、農薬を使わないのはもちろんのこと肥料も使わない農法のことです。草とりも基本的にはせず、できる限り自然に近い状態で栽培する。かといって放ったらかしでもありません。
 化学肥料と農薬を使わないのが有機栽培ですが、有機の肥料にもいろいろあるということを本著を読んで知りました。植物にとって良くない肥料を使うとその果実はすぐに腐るのだそうです。一方の自然栽培の果実は腐ることなく、水分だけが抜けドライフルーツのようになるそうだ。
 家畜の糞も、熟成させた堆肥も有機というくくりに入ってしまいます。しかし、これは植物の肥料としては同じではないのです。熟成してない動物糞系の肥料はむしろ化学肥料より作物にとって良くなく腐りやすい実をつくり、土壌を元に戻すのに時間がかるそうだ。しかし、世に言う有機栽培のかなりの割合がこの畜糞を使っている。
 本著によるとアトピーの原因も農薬としています。アトピーだった青年が薬をやめ、野菜中心の食生活を続け苦しみながら毒を抜き、ついにはアトピーから生還したという話も載っています。今の世の中にはびこっているアレルギーは農薬もそうですが、石油からつくった各種製品や薬物が原因となっていると言ってきっと良いのでしょう。
 著者自身は今や自然栽培論の一人者のようですが、この道を見つけるのは簡単ではなかったようです。有機栽培さえ知られていなかった時代に、試行錯誤のうちに”自然栽培”に行き着いたということなのです。
 今までの常識がひっくり返るというほどではないですが、聞いたことが無かった話が多く載っており非常に勉強になりました。この本は本屋では売ってないのですが、”自然栽培”というキーワードの本はたくさん出ているので是非とも多くの方にこの概念を知ってもらいたい。
(★★★★)

【発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方】
 寺田 啓佐
 本作も映画「降りてゆく生き方」の関連本。千葉県香取郡にある酒蔵「寺田本家」の当主の手記。映画を見て日本酒を見直したのですが、その原案となっているのがこの酒蔵の話だったのです。
 寺田本家の五人娘という酒があることは映画を見るだいぶ前から一応知っていました。近所の”つぶつぶカフェ”という自然食系の店でこの酒を扱っており、ときどき買っていた。おいしいとは思ったのですが、これが何であるかということまで意識は及んでいませんでした。もっと早く知っていれば良かった。
 本著はまず、当主の寺田さんが今に至るまでの話が書いてあります。最初から今のようなおいしい酒をつくっていたわけではなく、いわゆる普通の酒蔵だった。普通の酒蔵とは、お役所お墨付きの酵母を使って発酵させ、アルコールを添加してつくる酒。普通の清酒ということになります。日本の酒作りがこうなってしまったのは戦争の影響が大きく、米が足りなかった戦中戦後にこの製法が一般的になる。以後も安く効率的に酒を作る方法としてこれは残り今に至っているのです。もともと日本酒は米を蔵つき酵母を使って発酵させ、それを絞ったものです。酵母を投入したり、アルコールを添加するという工程は無かったのです。また酒の等級制で透明度が高く辛口の酒が良い酒とされたため、米を削り、アルコールを添加して辛口にしたものばかりになってしまったのです。
 寺田氏はもともと酒蔵とは関係ない電気製品の営業をやっていたのですが、婿として寺田本家に入った。酒のド素人でおまけに下戸。そんな彼が酒蔵をついだはいいが、年々経営は苦しくなる。その頃彼は、肉食中心の生活をしていて、常に体調が悪かった。ついには腸が腐る病気となり入院。自分の体が腐ったことにより、これは何かが間違っていると気がついた。一念発起し本物の酒をつくるぞ、と決意し試行錯誤の末に自然酒五人娘や醍醐のしずく、発芽玄米酒むすびなどをつくるに至ったのです。米はもちろん!?自然栽培のものを使っています。
とにかく酒を飲む人なら読むべき本です。本著を読んだおかげで今まで意味がわからなかった日本酒用語がわかるようになりました。生もと、山廃、生一本、冷やおろしなど。また、日本酒を見直すきっかけとなしました。今まで日本酒というのはたまにしか飲まないものでしたが、おいしい酒の見分けかたと日本酒の味が分かるようになったので日本酒は常に我が家にストックされるようになったのです。酒を飲まない人でも寺田氏の生き様は参考になるはず。
同じ素材でも環境によって腐るものもあれば、発酵するものもある。つまり何事も発酵できる環境をつくってやることが寛容ということなのだ。
(★★★★☆)

【リンゴが教えてくれたこと】 木村 秋則
本著も自然栽培シリーズです。著者の木村氏は自然栽培のりんご農家です。しかし、この自然栽培を成功させるまでなんと8年もかかりその間はほぼ無収入だったそうなのです。リンゴは無農薬では栽培できないと思われていた作物なんだそうです。
木村氏ももともと農家ではなく、自動車の整備をやっていたそうだ。それが実家のりんご農家を跡取りし、りんごを栽培するようになった。しかし、農薬が自分達の体に悪影響を与えることから、農薬の使用をやめた。化学肥料もやめた。そうしたらりんごは全くならなくなってしまった。周囲からは気でも狂ったかとか、雑草をはやして周囲に迷惑かけるなと言われた。娘はお父さんのりんごを一度も食べたことがなかった。しかしめげずにがんばった結果うまくいったのです。今や自然栽培生産者の一人者として知られており、彼の栽培するりんごも米もすぐに完売。日本だけでなく世界中から講演や指導の依頼でひっぱりだこのようです。
 信念を貫いたからこそ道が開けたというのは先の河名氏や寺田氏と同じで、それ故その道の第一人者でもあるのです。日と水と土からはじまった自然栽培三部作?ですがみなさんも是非とも読んでみてください。
(★★★★☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「基地問題 実は誘致合戦!?」

 普天間基地の問題でマスコミは鳩山総理の責任問題だと大騒ぎしています。しかし、自民党時代は地元の了解もとらずに強引に進め、結局のところでストップしたまま10年以上たっていた話。それを鳩山総理が国民の見えるところに引っ張り出してきただけなのです。政権交代してまだ1年もたっていません。10年以上どうにもならなかった話がそう簡単に決まるわけはありません。5月末というのは誘導尋問で引き出された期限で何の根拠もなければ、これまでに決着をつけなければならない理由もありません。
 米軍基地問題は日本国民がしっかり考えた方がいいテーマ。なぜ日本に米軍基地があって、本当に必要なものなのかということ。地域にとってどういう影響があるのか、ということを。

 この10年で米軍の環境も大きく変わっています。結局のところ泥沼化してしまったイラク戦争。悪化する自国経済。なくなってしまった仮想敵国。テロとの戦いというのは結局のところ仮想敵がいないことのごまかしです。なんだかわからないものと戦争して、墓穴を掘りむしろ自国がやばい状況になっています。米国も海外に基地を維持するのはけっこうしんどい状態。事実、ドイツや韓国などから米軍は順次撤退しています。そして日本もその方向なのでしょうが、そこに待ったをかけている人たちがいる。それは基地周辺住民ではありません。昔は景気の良かった米軍兵士も今は貧乏人ばかり。基地周辺の歓楽街はさびれるばかりで、地域経済には何の足しにもなりません。むしろ、実戦場に行く危険な人たちの集団は地域の不安要素と言って良いのでしょう。沖縄では、今や99%の県民が米軍基地はいらない、迷惑施設だと思っているのです。
 では、誰が基地を欲しているのでしょう。65年も基地があれば利権もできて基地がなくなると困る人たちがいます。彼らや土木業者はもちろん基地を欲する人たちですが、今回の騒ぎで一番活躍しているのは外務省なのでしょう。今まで日本は米国の属国として存在していましたから、外務省(他省も)で一番力があるのは米国系の官僚です。彼らは米国が日本に大きな影響を持っていたから力を持っていたわけで、もし米軍が日本からいなくなってしまったら困るのです。普天間移転にこだわる理由は、もしこれを返還してしまったら他の米軍もドーッ撤退してしまうのではないかというのを恐れているのです。
 実際は普天間にいた海兵隊の多くは移転し、家族は全員グアムに行くことになっています。家族もいない沖縄の基地は訓練基地であり前線基地にすぎなくなります。金出してくれるなら基地はいくつあってもいいから、まあ使ってくれって言うなら使いますよという程度のものでしょう。つまり沖縄から海兵隊はいなくなってしまうのが事実なのですが、いるように見せたいということ。これは外務省の意思なのです。
 ちなみに外国の基地だというのに、グアムの基地の移転費用の6割も日本が出すことになっています。なぜこんなに金を出すかと言えば、沖縄の負担軽減という名目らしい。本当にいなくなるなら、手切れ金とも言えるのですが実は引き留めているのですから何のための金かわかりません(^^;

 日本のマスコミは国内のどこに移転するかという話ばかりしていますが、この基地問題にグアムとテニアンが名のりをあげました。是非うちにその基地つくってください!両知事は鳩山総理に親書を送り、5/13に来日する予定でした。彼らは基地による経済効果を期待しているのでしょう。結局はこの話は、恐らく外務省筋によってつぶさいえれてしまいましたが、彼らは今だ受け入れる気満々です。つまりこれって基地の移転問題ではなく誘致合戦ではないですか。日本の場合、地元は大反対ですが外務官僚と米国の属国としての日本しか知らないマスコミが必死で引き止めているのです。99%の地元が反対している外国と首長とある程度の住民が歓迎している自国のどっちに米軍は行きたいでしょうか。

 多くの日本国民はそろそろ自分の生活に関係ない基地問題に食傷気味なのでしょうが、自分の家の近所にハートロッカーに出ていたようなおやじたちがやってきったら、って考えてみれば米軍基地なんていらないって思うはずでしょう。
 日本国民が”米軍基地いらない!”という意志を示せば米軍も自然と自国へと帰っていくことでしょう。やっとそういう時期になったのです。

○テニアンに普天間受け入れ前向き 日本政府、移設先に検討か
http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010021001000395.html

○官僚が隠す沖縄海兵隊グアム全移転
http://www.tanakanews.com/091210okinawa.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「祝の島」試写会に行った

Hourinoshima レポート遅くなってしまいましたが、4/26(月)に中野ゼロにて祝島のドキュメンタリー映画「祝(ほうり)の島」の有料完成試写会がありました。4/26とはチェルノブイリの原発事故があった日で、その日だから完成試写会にしたということです。職場の近所なので歩いて見にいったのでしたが、500人のホールにけっこうな入りでした。MLで情報が流れているの見て、予習ゼロで行ったのですが本作はプロデュースが「アレクセイと泉」の本橋成一、監督は「ナミイと唄えば」プロデュースの纐纈あやという映画。ポレポレ東中野などで、6/19公開予定です。監督と森達也と下村健一の上映後トークショーもおもしろかった。両人とも本作が気に入ったようで、辛口の森さんは自分の感覚と似てるとまで言ってました。

 感想文はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »