« コラムyokoze「次世代の車とは」 | トップページ | 今年のアカデミー賞 »

コラムyokoze「プリペイド3Gへの超苦労話」

 2008/3/31にツーカーが停波してからソフトバンクのプリペイドを使っていた私ですが、今度は2G電波が2010/03/31に停波することとなり、プリペイドもいずれは3Gに変えなければいけない状況となりました。ギリギリまで使い倒しても良かったのですが、今まではプリペイドでは不可だった番号ポータブルが2G→3G プリペイド携帯間でできるようになったというので、早めに換えてもいいかなと思ったのがちょうど1年前のことでした。しかし、前回プリペイドの携帯を入手するとき苦労したので今回もおそらく入手が困難なことが予想されました。

 まずは職場近くのショップ(中野坂上)に2G→3Gができるか、というのを聞きに行ってみたところ、なんと!プリペイド用携帯機種が存在しすぐにでも交換できるとの話。番号ポータブルもOK。ただし、機種は1種類でSC730。値段はちょっと忘れたけど6000円ぐらい。まあ、これでもいいかなと思いながらしばらく考えることにした。
 一旦引き上げてソフトバンクのサイトを見ていたら、なんとプリペイド携帯が売っている。しかも、822Pというスリム携帯も売ってる。SC730に比較してデザインも良いし、機能もいろいろあり、値段もほとんど変わらない。絶対こっちの方がいいな、と思ったが”オンラインショップで買った3Gに番号ポータブルはできません!”と言われるかもしれないので、サポートに電話して確認してみる。”大丈夫です、できます!”との返事だったので、売り切れないうちに822Pの赤を即購入。
 数日後端末が代引きで届き、中野坂上のソフトバンクショップへ昼休みに行く。2G→3G プリペイドに番号ポータブル変えたい旨を伝えると思った通りお姉ちゃんは”できない”と言う。私が”サポートに聞いてできると言われたから、買った”という話をするとどこかに電話をかけて確認作業をしている。そしてやっぱり”できない”と言う。店頭で買ったプリペイドなら可能だが、オンラインショップで買ったプリペイドではだめということだ。ラチ開きそうになく、昼休みももう終わりなので一旦引き上げることにする。このとき、できないなら余計なことしなくていいのに、ソフトバンクのお姉ちゃんは箱を開けてSIMカードをホルダからはずし携帯に差すところまでやっていた。それを元のホルダにセロテープで貼って戻していたようだったが、私がこのソフトバンクショップを出て会社に戻るまでにこのSIMカードはなんと無くなっていたのだった(^^;;
 カードが無くなったことに気がついた私は就業後にまたこのショップに行き、カードを紛失したことを伝える。明日、また来るからカードを探しておいてほしい、と言いその日は帰宅した。
 翌日、再びサポートセンターに電話してもう一度オンラインショップで買った3Gプリペイドに番号ポータブルできるか聞くと、”できる店とできない店がある”と珍妙な回答をしてくれる。”では、どこでできるんですか?”と聞くと”お答えできない”と言う。これもラチ開かずアホらしいので電話を切る。
 昼休み、再びショップを訪れると結局SIMカードは見つからなかったみたいだが、”新SIMカード”を用意しくれていた。私はもう面倒くさいので番号ポータブルはあきらめ、新番号の電話に乗り換えることにしたのだった。(第一部完)

 面倒くさいついでで、もう一つ苦労話。実は彩もプリペイドを使っていた。彩は私が3Gプリペイドに変えたけど、特に不便もないし番号変えたくないということで引き続き2Gプリペイドを使っていた。しかし、vodaphone時代の携帯で携帯自体がへたりはじめ、ときどき通話が聞こえにくくなってきた、ということで変えざるを得ない状況になる。これが昨年の春ぐらいの話。番号を変えたくないとのことで、ショップに行って変えようと思い家の近所の神楽坂ショップに行くがお約束のごとく”プリペイドは売り切れです!”と言われてしまった。電話の調子も悪く、もう面倒くさいので普通の3Gに変えてしまうことにする。携帯の機種を選び手続きする。切り替え作業に3時間ぐらいかかるというので、切り替わったら連絡もらうことにする。とりあえず、片付いたぞ!と思ったがやっぱり簡単には行かなかった(^^; 数時間後に電話はかかってきたのだが、名義が違うので番号ポータブルできません!という連絡だった。
 もうずいぶん前のことなので忘れていたが、彩のプリペイドは私がボーダフォンのwebサイトから買ったものだったのだ。と言っても当時は今のようにうるさくなかったので、ネットで注文して代引きで金払っただけ。名義なんて買った人の名前にしかすぎない。
 では、どうしたらいいのですか?とお姉ちゃんに聞いたところ名義変更が必要だと言う。そして彼女が言うところでは名義変更の手続きは1週間から10日もかかると言うのだ。もう、いいです!ということで結局この日はポータブル断念。
 とは言え電話の調子が悪いので変えなければならない状況は変わらない。意を決して彩と私は今度は有楽町のビックカメラに行った。ちなみにこの名義変更は、元名義と変更先名義の両人がその場に同席していないとできないとのお姉ちゃんの説明だったので、二人で更にチビっ子連れでビックカメラまでわざわざ行った。なんでビックカメラにしたかと言うと神楽坂のお姉ちゃんの対応が今一だったのと、神楽坂ショップは電話の種類が少なかったのとの両方の理由による。準備万端で電話も選んで、書類を書きはじめたところでまたまた別の落とし穴が待っていた!なんと名義変更には”ハンコ”が必要と言うのだ。一瞬耳を疑ったがこれはどうしても譲れないと店員のお兄さんの話。家族で苗字が同じでも駄目なんだとか。山田とか言う名前ならどっかで認印でも買ってくればいいかもしれないが、我が家の苗字は珍しいので通常はポーンとその辺では売ってないのだ!もう嫌がらせとしか思われないのですが、結局その日もポータブルは断念したのだった。ちなみにこのお兄さんの話では名義変更は翌日にはできるとのことだった。もう誰が本当のこと言ってるかわかりましぇん(^^;

 電話の調子が悪いのはもう直らず変えなければいけない状況に変わりはない。しかし、二人がそろってハンコもって子連れで出かけられる機会というのは休日ぐらいしかない。そうだ!そもそも名義変更なんてやめちゃえー。というわけで職場近くの中野坂上ソフトバンクに数ヶ月ぶりに行く。実際に使うのは彩だが私の名義のままで2Gプリペイドから普通の3Gホワイトプランへ。どうだ!文句のつけようないだろ。というわけで昼休みに手続きをし、就業後に電話を取りに行く算段となった。対応してくれたお姉ちゃんは数ヶ月前と同じだった。彼女も私に気がついたようで”以前お越しになられましたよね?”と言われた。”先日はSIMカードなくしてくれたりなんだりでありがとう!”とは言わず”ええ、これは奥さん用電話なんですよ”と返答する。”ああ、そうなんですか”で終わり。名義がなんたらかんたら面倒なことも特に聞かれず。ついに!3Gに番号ポータブルできました。なんと長い道のりだったことか.....。


 今まで書いたこのエピソードはずっと書こうと思ってはいたのですが、込み入った話なので書きそびれていました。では、なんで今になって書いたのかと言えば、2010/3/31第二世代停波を前に、あまりにもおいしく、簡単なプリペイド世代交代の案内が届いたからなのです!
 先に書いた通り、2Gから3Gへ番号ポータブルできなかったため私は新たに3Gプリペイド電話を購入することになってしまいました。2Gプリペイドは子どものオモチャとして第二の人生を歩んでいたところだったのですが、カードを登録せずとも番号自体は1年間有効なので、ソフトバンク的には生きてる電話だったわけです。なので、この1年間ときどき”新しい3Gに変えてください”というハガキや封書が何度か届いていました。しかし、私は既に番号違えど3G電話持ってるので、それらはゴミ箱にポイッと捨てていました。しかし、今回の封書にあった特典はあまりにも素晴らしかったのです。1)今までの電話に残ってる残高すべて新電話に移行 2)6000円の通話料サービス+1年間の有効期限 3)充電器サービス 4)あたりまえだが番号ポータブル しかもFAX1本で手続き可。
 1)に関しては既に消えてしまっていますが、もし使い続けていたら2万円ぐらいはたまっていたでしょう。2)は6000円もおいしいのですが、1年(360日)というのが素晴らしい。私のようにほとんど電話を使わない人は1年間カードを買う必要がないかもしれない。3)は約1000円しますからこれもうれしい。4)は今まで一番やって欲しかったことです。なんで今までこれをやってくれなかったんだい!電話機本体は購入する必要ありましたが7千円弱でおまけの通話料を考えれば無料みたいなものです。
 今回やった手続きは、1)ホームページから切替申込書をダウンロード記入して、指定番号へ本人確認書類(自動車免許のコピーなど)とあわせてFAX 2)代引で端末がソフトバンク届く 3)指定番号に電話をかけ、本人認証して完了! ソフトバンクショップまで出かける必要は一切ありませんでした。

 明日で前の電話のカードが切れ、新しい電話番号というか元の番号の電話が私の携帯になります。しかし、携帯電話会社ってのは何が楽しくてこんなアホなことやってるんでしょうか?まあ、プリペイドユーザーに対する嫌がらせなんでしょうがね。
 あと5年ぐらいすれば音声通話なんて無料の時代になっていることでしょう。そんな時代に携帯電話会社は何をやって儲けているのでしょうか。


コラムyokoze「プリペイド携帯が買えない」
http://yokoze.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/yokoze_71df.html
http://yokoze.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/yokoze2_b46f.html
○新携帯の機種
http://jp.samsungmobile.com/pc/lineup/730feature.html

|

« コラムyokoze「次世代の車とは」 | トップページ | 今年のアカデミー賞 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/47646358

この記事へのトラックバック一覧です: コラムyokoze「プリペイド3Gへの超苦労話」:

« コラムyokoze「次世代の車とは」 | トップページ | 今年のアカデミー賞 »