« 脱Windows計画(13) | トップページ | コラムyokoze「winny無罪」 »

八ツ場とはなんだ

Yanba1_2 民主党の政権交代の象徴のようにとりあげられ連日報道されている八ツ場ダムですが、ここ10年ぐらい市民運動系では無駄な公共事業の代表としてよく話題になっていた有名な場所です。私も10年ぐらい前に工事差し止めの原告の一人になったことがあったりします(棄却された)。今まで報道はほとんどされていなかったので唐突に出てきたように見えますが違うのです。
 この公共事業のポイントは、1)必要性が全くないダムである2)費用がかかりすぎる3)温泉地を沈めてしまうことになる。
 当初からこのダムは水害対策として考えられていました。ここの水は酸性が強く、飲料用としては使えません。この八ツ場ダムの建設予定地には、”川原湯温泉”という温泉地があるため地元は大反対しました。それを何十年もかけて自民党は切り崩していったのです。その間に、そもそもの水害対策としてのダムの意味はなくなってしまいました。世界的にみてもダムは水害対策としてはほとんど意味のないものと近年はされていて、田中康夫の脱ダム宣言もありましたが、ダムはつくるより壊す方向です。
 この地域は温泉地であり多数の住民が住んでいます。国道も鉄道も通っていてダムができるとこれが全て沈むため、付け替え工事をしなくてはなりません。住民の移転にも多額の費用がかかります。移転先はもともと人の住んでいない山の中で造成の必要があるのです。温泉地も全て沈みますが、新たな場所で新川原湯温泉ができる予定となっています。温泉はどうやって引っ張るつもりなのかな?このため日本でつくられているダムの中で最も値段の高いダムになる予定です。またこの地域は地盤が強固ではなく、水をためたときに地すべりの可能性があるため、費用は見積もりよりも更にかかるとされています。ダムをつくるに最も適さない場所とも言えるのです。
Yanba2_2
 推進側は地元が求めてるとか、7割建設されているとか言ってますが、ずっと住んでいた自分の家や町を沈めて欲しい人がいるでしょうか?小さな町なので声が出せないだけなのです。7割とか言ってますが、付帯工事をやってる段階でダム自体はまだ1%もつくっていません。まだ十分に間に合うのです。推進を叫んでいるのは工事による利益を得る人たちがほとんどでしょう。
 また、今回意図的にかほとんど報道されていませんが、この八ツ場の膨大な建設費の一部は関東一円の水道料金に上乗せされることになっています。飲料に使えない水だというのに!だから八ツ場は首都圏に住む私たちの問題。だから私も原告になれたのです。
Yanba3_2
 さて、この騒ぎになる一昔前昨年2008年の12月に川原湯温泉に行ってきましたのでそのときのフォトレポート。上野から特急で約2時間と手ごろに行ける温泉地です。
 ここ数年で工事は急ピッチで進んでいて、地元は確かに観念してしまっている雰囲気でした。臨月でもぶっちぎりでオブッチー娘が当選してしまうような自民党の強い地域ですからね(^^;

<写真の説明>

写真1(上)報道でもよく出てくる橋脚。ダム湖の上を横断する橋になる。なにもないところにかかっていると実にこっけい。。
(下)標高586m。満水時にここまで水が来るという意味らしい。

写真2(左)ま新しい家が建っているのは湖上予定地帯。
(右)今回泊まった高田屋旅館。宿の人によると、この階段のあたりまで水がくるそうだ。砂風呂などもあるのだが、もちろんここの温泉は使えなくなる。

写真3(上)豊田乳業でヨーグルト。ここも沈む予定で50メーターほど先の高所で新しい工場を建築中だった。豊田乳業の社長は実名出してダム中止を歓迎している数少ない人だ。
(下)土台だけ残っている家。まだ住んでいる人も多いが、既に転居を完了している人たちもいる。

|

« 脱Windows計画(13) | トップページ | コラムyokoze「winny無罪」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/46388650

この記事へのトラックバック一覧です: 八ツ場とはなんだ:

« 脱Windows計画(13) | トップページ | コラムyokoze「winny無罪」 »