« コラムyokoze「PCに牛乳をかけられて」 | トップページ | 読書な毎日(189) »

コラムyokoze「比例は社民」

 選挙戦終盤となってきましたが、民主の優位は変わりそうにありません。東京の民主はほぼ全員当選する勢いです。もともと東京は非自民が強い選挙区なのですが、4年前は小泉の改革幻想にコロッとやられたのです。
 今回の選挙の顔は麻生と鳩山になるわけですが、この二人を並べてどっちが悪者でしょうと仮面ライダー好きの子どもに聞いてみたとしましょう。おそらく10人中10人が同じ回答をすることでしょう(^^; ただでさえ旗色が悪いのにショッカーの親玉みたいなのがシンボルで、しかも漢字が読めないでダミ声では......。もちろんそれだけで選挙が決まるわけではないですが。

 そんな民主大躍進の情勢で埋没しそうなのが社民と共産です。共産はもともと小選挙区での勝算はないですが、社民は杉並の8区で保坂候補をたてています。これは民主との選挙協力によるもので、8区に民主候補はいません。もともと保坂氏は世田谷が選挙区ですが、世田谷は民主の候補に譲ったという格好なのです。
 保坂氏は4年前の衆議院選で最後に当選が決まった候補でした。それも、自民の候補が足りなくなっての棚ボタで。

 今回は民主で同様のことが起こりそうなようです。全員当選しても比例で票が余ってしまう。民主に入れたとしても、棚ボタが自民に行ってしまうという可能性が大なのです。それならば、”比例は社民”という選択が良いのではと思います。保坂氏がいかに重要な議員であるかというのはここには書きませんが、いるのといないのとでは大違い。当選してもらわないと困る議員の筆頭格ですからね。


 おそらくこの選挙の後、自民党は1野党に転落することになるでしょう。また政権をとればいいと思ってる自民党議員も多いのかもしれませんが、今までのような右翼系保守だけの看板ではやっていけなくなります。それだけだと一部の人の意見しか聞いていないことになり、大政党たりえないからです。言ってみれば民主党のような右から左、保守から革新までそろった政党にならなければ二大政党制ではやっていけなくなるのです。

 細川政権のときに導入されたこの小選挙区制。それが今になってキシミをたてて二大政党制へと舵を切りはじめています。このままの状態で、あと5年もするとほとんど同じような玉虫色の政策を訴えるごった煮大政党が2つ出来上がってることになるでしょう。有権者はたいして味の変わらない、十六茶にするか爽健美茶にするかを選ぶようになってしまうのです。
 そうならないためにも民主党に選挙制度を元の中選挙区制度に近いものに戻してもらいたいですが、自分達が与党となった制度を彼らは変えれるだろうか!?

|

« コラムyokoze「PCに牛乳をかけられて」 | トップページ | 読書な毎日(189) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/46051239

この記事へのトラックバック一覧です: コラムyokoze「比例は社民」:

« コラムyokoze「PCに牛乳をかけられて」 | トップページ | 読書な毎日(189) »