« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

読書な毎日(186)

【ドキュメンタリーは嘘をつく】 森 達也、替山 茂樹
 TV東京で放映されたドキュメンタリーをDVD化し、本とセットで売り出したもの。TVドキュのタイトルはこの本のタイトルと同じ「ドキュメンタリーは嘘をつく」。ドキュメンタリーは嘘をつくというタイトルの本は森の著作にもありますが、一応それを原作としているものです。
 メディアリテラシーとドキュメンタリーとは何かをテーマとして、国内のドキュメンタリー映画の監督、原一男、佐藤真、安岡卓治などに森達とリポーターの吉田という女性がインタビューするという構成になっています。この番組には仕掛けがあるのですが、オチは書かないでおきます。
 本の方はこのTV番組の企画から制作そして放映までのドキュメンタリーでこれもなかなか面白い。この本を読むとこの番組に関して森達は監修という位置づけであるというのがわかります。プロデュースはTV東京ディレクターの替山 茂樹。実際に撮影し、編集しているのは村上 賢司、松江 哲明という若者です。森達は他の仕事がすごく忙しいようで、本番組作成を横目で見ながら他の仕事をしています。出来上がりつつある作品もほとんど見ません(^^; すごい、これでよく自分の名前をかぶせちゃうものだなと感心しました。
 森達本はボクという森達本人の1人称で語られるものですが、本著は森達を第三者の目から見た正にドキュメンタリーです(^^; というわけで森達ファンは是非とも本著読んでほしいです。
 しかし、TV番組を一本つくるということは実に大変な作業なんだなと、本著を見て感じました。こんなに苦労してつくっても放映されるのは一回だけ(本作は再放送もされたようですが)。
 映像の方は賛否両論あると思われますが、私は面白かったです。本の方を後から読んだことにより、一粒で二度おいしい感じがしました。
 また、本著には映像にはいなかった田原総一郎と森達の対談も載っています。これによると、田原は元TV東京のディレクターで当時かなり話題となったドキュメンタリーを何本も撮っていたのだそうです。なんで、そんなことができたかと言えばTVというのができたばかりで、TV東京あたりだとかなり自由に好き勝手にできたのだそうな。今の田原からは想像できないヤンチャぶりです。その後フリーとなり、朝まで生テレビの司会として有名になり現在に至ります。今の田原はただの風見鶏オヤジでジャーナリストとしてはほとんど意味のない存在です。人とは地位を得てしまうとナマクラになっちゃうものなんですね。あの猪瀬もそうだけど。
 しかし、森達には時々は映像作品撮ってほしいです。本作のような監修ものでもいいですから(^^;
(★★★★☆)

【東京スタンピード】 森 達也
 森達初の小説。舞台は数年後の日本。ロスジェネ世代の伊沢はテレビ制作会社で、いわゆる秘境モノといわれるジャンルのドキュメンタリーをつくるディレクターで独身。彼は1年のうちの多くの時間を永久凍土や砂漠などで過ごしている。日本に戻った彼の元に加藤と名乗る謎の人物が現れる。
 伊沢はやはり森達ですね。普通というよりやや天然ボケ系の彼でも、最近の日本がなんか暮らしづらいと感じている。しかし、なんでそうなのかはよくわからない。そんな中、ワールドカップをきっかけとして暴動が起こる。
 森達本を読んだことある人なら、いかにも森達だなあと思うことでしょう。本著は現実的な小説というより、やや寓話的な小説です。奇妙な登場人物が何人か出てきて物語に味付けをしています。
 テーマは森達ですから、メディアと普通の人々の関係。なんでもないような普通の人でもパニックに加わり加害者となる。
 本著もそれなりに面白かったのですが、やはり森達は小説でない方がいいな、というのが個人的感想です。
(★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

コラムyokoze「アチョーはマメロ」

 昨年末に今後の政局について書いたけど、どうやらその通りの流れになってきました。都議選惨敗そして総裁選のお祭りやってその勢いで衆議院選です。自民党の負けは確定的ですが、その負けをできるだけ少なくするにはこの戦法しかありません。アチョーではもうだめ!と自民党でも誰でも思ってるのであとはタイミングだけなのです。
 総裁選は伸晃、小池百合子に加え舛添が浮上してきたようです。”生まれたときから自民党”でない議員の人材がほとんどいないからこうなってるのでしょうが、舛添にしろ小池百合子にしろ経歴見ればわかるように権力欲の強い”風見鶏政治家”です。自民党から総理が出ることはしばらくないでしょうが、こんな人に総理をやらせたらやばいよ。まだ何もできない伸晃の方がマシ。

 最近ブログ記事や感想文のアップがやや滞ってしまっています。転職して半年以上たちますが、近来は純粋にエンジニアとしていろいろ調べたり考えたり構築したりということにエネルギーを使ってしまっているため、こちらになかなか手が回っていません。前のハンコ会社の時は脳のアイドルが95%ぐらいの時が多かったので、頻繁に更新できたのですが(^^;
 今後は、もうちょっと頻繁に更新し、いろいろ調べてわかった技術的な話も書いてこうかなと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新最近みた映画(106)

【実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)】 若松 孝二
 坂井 真紀、ARATA、並木 愛枝、地曵 豪。1972年に起きたあさま山荘たてこもり事件。ここに至るまでの日本赤軍を描いた映画。私が生まれたころの話ということで、事件があったというのは知っていてもそれがなんだったかというのは知らず。
 しかし、この映画で描かれているこの事件は知らなかっただけに衝撃的でした。歴史の事実ですから、ネタバレで書いてしまいますが。革命を起こそうと集まった学生集団が山にこもって武装闘争のための訓練をしています。しかし、この時点で日本赤軍の中心メンバーはほとんどが捉えられ、リーダーとしては格落ちの人しか残っていません。重信メイも中東へ亡命しています。山にこもった、若者ばかりの集団は次第に内向きになっていきシゴキの行き過ぎた状態に。そして、ちょっとした言動や恰好でいちゃもんをつけられ「おまえは”総括”できていない!」となってリンチされ、死ぬまでいってしまいます。見ていて気分が悪くなってきました(映像がキモイのではなく、人としてやってることがヒドイので)。しかし、人が死んでも止まりません。ついていけないと感じた人は逃げだし、ゴールが何だかわからなくなった彼らを警察が追い詰めていきます。その終着点があの”あさま山荘”だったわけです。あそこにたてこもった4人は日本赤軍で言うと、かなり脇役の部類で追い詰めなければあんなことにはならなかったのではと思います。
 永田洋子と森恒夫はこの山ごもり組のリーダーであり、彼らが主導してこのリンチ事件をつくってしまうのですが、彼らはあさま山荘の前にあっさりと警察に捕まってしまいます。この永田は現在も死刑囚として収監されていますが、森は裁判の前に拘置所で自殺してしまいます。
 あさま山荘事件と言うと民間人を盾に立てこもった悪者の日本赤軍が警察に抵抗し、警察はこれを奮闘して排除した事件としてばかり伝えられています。しかし、実際は弱りきって脅威でなくなった日本赤軍を追い詰め、メディアを使って警察の力を見せつけた、という事件だったわけです。あまりにもステレオタイプなあさま山荘を別の角度から見るこの映画は多くの人が見るべきでしょう。
 しかし、今になってこの事件を映画化し、これだけ迫力あるものをつくれるってのはすごいことだなと関心しました。若松監督の過去の映画はタイトルは知ってるけども見たことないものばかりだったので、機会あれば見直してみたい。
(★★★★☆)

【シンデレラ・ストーリー】
 マーク・ロスマン
 ヒラリー・ダフ、チャド・マイケル・マーレイ、ジェニファー・クーリッジ。舞台は現代のアメリカ。父と娘のサムは仲良く二人で暮らしていたのだが、父は二人の連れ子の娘のいる女性と再婚。けれど、間もなく父は地震で死んでしまう。残されたサムを継母と娘二人に召使いのように使われるのだった。という具合に、シンデレラを現代にはめたストーリー。けれど出てくる人たちは特に金持ちではなく、王子も自動車修理工場の息子。
 普通におもしろいラブコメです。私は、ヒラリー・ダフというアメリカで人気の女優が見たかったのでこの映画みたわけなのですが、けっこう普通っぽい女の子。身長はむしろ低くて、ぽっちゃり型。演技は悪くないですが、特に特徴があるわけでもなし。ティーンアイドルというのは隣の女の子的なのがいいのかね。この映画は日本未公開なのですが、他のダフものもほとんどが未公開。近作のエージェント・オブ・ウォー(原題 WAR, INC.)は社会派の話題作だったのですが、これも未公開ですか(DVDリリースされてるの気がつかなかった)! WAR, INC.は見たかったのだ。
(★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »