« 読書な毎日(183) | トップページ | コラムyokoze「環境対策も米国追従のニッポン」 »

コラムyokoze「キーワードは国策捜査」

 今までは報道用語としては使われていなかった”国策捜査”という言葉が今度の小沢と西松建設の件で使われている。小沢自身は”国策捜査”という単語は使わなかったがそれを示唆することを記者会見で言い、それを受けて自民党も民主党もテレビの前でこの単語を使っている。
 ”国策捜査”という単語が一般的(政治マニア一般)に知られるようになったのは鈴木宗男事件からである。この事件で逮捕された外務官僚の佐藤 優の最初の著書”国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて ”によると、佐藤を取調中の検察官が”これは国策捜査だ”と言ったというのだ。だから検察官にとっては昔からある業界用語だったのだろう。
 国策捜査とは政府与党そして検察権力などのために行う捜査のことである。国策捜査のポイントはいくつかある。1つは”東京地検特捜部”が動くことだ。2つは捜査が行われることにより、与党あるいは検察にとって有利な状況が生まれること。そして、何らかの政治イベントと密接に関連した日にガサ入れが行われることが多い。マスコミはその様子ばかり報じ、消したい政治イベントはほとんど報道されなくなる。この3つ目は本来は主目的ではないはずなのだが、ここ最近の国策捜査はどうせやるなら一石二鳥と考えているのか、わざわざ日を選んでやっているように感じられる。
 今回の小沢の件はもちろん特捜部がやってます。岩手の話なのに。2つ目が実はけっこう疑問だったりします。検察としても与党としても政権交代はやむを得ないと思っているはずです。小沢にダメージ与え、もし交替したところで与党が反転攻勢をかけられる情勢ではありません。それに同罪の自民党議員がたくさんいるのですから、小沢だけというわけにいかなくなるでしょう。それが読めないようでは自民党はやはり終わってるということになります。
 というわけで3つ目が今回はもしかして主目的かもしれません。小沢の秘書が逮捕されガサ入れが入ったのは、給付金予算の再可決の前日でした。もし、小沢の秘書逮捕がなければテレビのニュースは小泉の欠席動向を含めこれ一色になったはずです。ところが小沢秘書が逮捕されたため、小泉欠席の報道はかなり小さくなり、造反議員もたった一人でした。この主目的!?は達成されましたから、あとは小沢はどうでもいいのかもね。
 国策捜査のときは今までのルールが変わることもままあります。秘書給与で逮捕された、山本譲二や辻清のときもそうでした。ホリエモンもそう。今までは、捕まえていなかったケースを突然捕まえるのです。今回の小沢の件もそれに当たると思われます。自民党議員も同じことやってますし、このやり方をしているには西松建設だけではないでしょう。国策捜査により、基準が突如変わったのです。
 しかし、”国策捜査”という言葉が普通に使われるようになってしまい検察は面白くないでしょう。小沢の側も検察に挑戦状をたたきつけてしまった恰好になっていますから、今回の件は検察の面子がたって、彼らが納得するまで必要以上に長引くかもしれません。自民党はすっかり脇役です。

|

« 読書な毎日(183) | トップページ | コラムyokoze「環境対策も米国追従のニッポン」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/44278814

この記事へのトラックバック一覧です: コラムyokoze「キーワードは国策捜査」:

« 読書な毎日(183) | トップページ | コラムyokoze「環境対策も米国追従のニッポン」 »