« concrete5のurl変更のとき注意 | トップページ | 読書な毎日(183) »

脱Windows計画(12)

 みなさんお元気ですか。そういえばubuntuの最新版 8.10(Intrepid Ibex)のアップグレードレポートについて書いてなかったので簡単に報告しておきます。
 前回書いた通り、2週間程度様子みてから、自動アップグレードをかけました。今回も半日ぐらいかかったみたいですが、何事もなくバージョンアップ完了。いつも問題が出る無線のところも、今回は大きな問題はなし。しかし、完璧ではなくいくつか問題は残ってます。問題点1)ハイバネートのとき、つながったりつながらなかったりする>>ハイバネートだからまあ仕方ないですが、windowsのようにハイバネートでもビシっとつながるのが理想だな。つながらないときは、wifi-radarを立ち上げてアクセスポイントを探してつなぎます。問題点2)前述のwifi-radarがメニューからだと何故か起動しない。コマンドラインで起動するので、まあ問題ないが...。
 今回は特に困ることもありませんでした。インターフェイスがやや変わり、シャットダウンボタンを押したとき”いいですか?”と聞かずにシャットダウンするようになったので、ハイバネートと間違えて落とすことがたまに起こるようになりました(^^;
 とにかくも、linuxデスクトップもだいぶ枯れてきた印象で使いやすくなってます。私は今では自宅では95%をlinuxで過ごしてます。

 linuxとは関係ないのですが、下の子(ケイドロ)が最近野獣のようになってきて何をするかわかりません。先日もふと目を離したすきに、パソコンに醤油をかけてしまいました。ティッシュでふいて事なきを得たかと思ったのですが、醤油がだんだん熟成してキーボードのパンタグラフがネバつき、キー入力してないキーが出力されっぱなしになり、パソコンとしての機能がはたせなくなってしまいました。結局はノートPCのキーボードユニットをコネクタのところから取り外し、USBキーボードを接続して使うことに。キーボードユニットは風呂の水に一晩つけてかわかしたらネバつきは無くなったのですが、誤作動は直りませんでした。
 子どもにすれば、親がよくいじってるパソコンが気になるのでしょう。以前会社の同僚が”子どもがパソコン壊すので、もういらない!”と言っていた意味がわかりました(^^;

|

« concrete5のurl変更のとき注意 | トップページ | 読書な毎日(183) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/44104865

この記事へのトラックバック一覧です: 脱Windows計画(12):

« concrete5のurl変更のとき注意 | トップページ | 読書な毎日(183) »