« 読書な毎日(181) | トップページ | 今年のアカデミー賞 »

新最近みた映画(103)

【ペルセポリス】 マルジャン・サトラピ、ヴァンサン・パロノー
 声の出演キアラ・マストロヤンニ、カトリーヌ・ドヌーヴ。サトラピの自伝的漫画原作をアニメ化した作品。1978年のイラン、イラン革命が起きたときマルジは9歳だった。以来イランは激動の時代となる。
 石油利権をめぐる大国の思惑の中で翻弄されるイランの様子がマルジという少女の目を通して描かれています。青春ものでありながら、社会や政治情勢を描いています。。
 アニメは手書きにこだわったそうですが、なめらかなモノクロアニメは芸術作品といって良い出来です。
 現在もイランそしてイラクは石油が出るからいつも大国がいつもちょっかいを出して、傀儡政権をうちたてようと画策しています。その影響はいつも弱い一般人に及ぶのです。
 イランについてイランの視点で描いている作品は少ないので本作は必見です。アニメだけど、子ども向きではありません。けれど、子どもも見れる映画です。
(★★★★☆)

【チャックとラリー おかしな偽装結婚!?】 デニス・デューガン
  アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェームズ、ジェシカ・ビール。モテ男で独身のチャック(サンドラー)と奥さんを亡く子どもがいるパパのラリー(ジェームズ)は消防士の同僚。ラリーは奥さんが死んだときに年金の受取者の変更手続きを忘れてしまったため、自分が死んだらその受取人がいないことに気がつく。今から子どもに受取権利を変更できないと言う。これを受け取るようにできるようにするには誰かと結婚してその人を受取人とするしかないとお役所は言う。ラリーは女性とは縁無く、今更結婚するあてもない。そうだ、信頼できるチャックと偽装結婚しよう!
 ストーリーの前提を書くのに随分と文字数使ってしまいましたが、本作ではこのなりゆきストーリーにうまく織り込んでいます。そして、本作の笑いのツボはゲイでないのにゲイのカミングアウトをしてそのふりをするというところにあります。
 サンドラーものはナンセンスコメディというイメージがあったのですが、本作はかなり社会派です。ゲイ問題や、役所の融通のなさなどをコメディで伝えています。本作もサンドラーものなので全米NO1をゲットしています。見てる人の多くは”ゲイなんか信じられない、ウザイ”と思ってる人たちでしょうから、教育効果!?は高いだろうね(^^;
 本作は日本では未公開です。サンドラーの次作はモサドのエージェントがNYでカリスマ美容師になるという話でこれも日本では未公開なのですが楽しみです。
(★★★★☆)

【殯の森】 河瀬 直美
 うだしげき、尾野真千子、渡辺真起子。カンヌ映画祭グランプリ作品。妻を亡くしたしげきは認知症になり、老人ホームにいる。しげきと彼の介護をする子を亡くしたヘルパー(尾野)の交流。
 同監督作品を見るのはカンヌで新人賞をとった「萌の朱雀」以来。私は「萌の朱雀」をそんなに評価してません。本作はそれよりは映画らしくなってるけど、なんか古臭い暗い感じの映画。映像はきれいなのでBGVとしては良いかもしれません。うだしげきさんは古本屋のおやじの素人だそうですが、本作ではセリフの無い認知証の役。一応存在感はあるけど、今後俳優としてやっていく人ではないでしょうね。
 しかし、これがなんでカンヌでうけるんでしょう。カンヌで選ばれる作品はたいていすばらしい作品なのですが。
(★★☆)

|

« 読書な毎日(181) | トップページ | 今年のアカデミー賞 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/43583668

この記事へのトラックバック一覧です: 新最近みた映画(103):

« 読書な毎日(181) | トップページ | 今年のアカデミー賞 »