« 新最近みた映画(102) | トップページ | 読書な毎日(181) »

コラムyokoze「ジズブツ経済も相当やばい状況に」

 やはり麻生総理は前にも書いたけど年内解散やりませんでしたね。年内は米国給油法と慎太郎銀行救済法を出して終わりでしょうか。年明けてからもウダウダ同じ調子で何にも実効的なことはできず、内閣支持率はすぐに30%を切るでしょう。この間に企業はバタバタ潰れ、失業者が街にあふれジズブツ経済も相当やばい状況に。けれども自民党は選挙をやれば大敗するので、選挙できず。7月の都議選で惨敗し、このあたりで自民党が分裂。9月の任期満了直前にまた!総裁選やって、 伸晃か小池百合子あたりで玉砕内閣つくって終わりとなるでしょう。
 こうなってしまうのも、既に終わってる自民党そしてアメリカにツッコミすぎたから。ここまで落ちたからには這い上がるのはたいへんだ。


 ついでに小泉容疑者(元総理ではない方)のことについても書いておこうかな。チロの仇討ちとは、素直に受け入れられないのですが、この事件は。次の3つのどれかではないかとプロファイリングしてみた。

1)秋葉原の加藤さんケース:人生うまくいかず、借金をつくりすぎて、どうにもならなくなった小泉さん。自殺しようかとも思ったが最後に世間に復讐してやろうと思った。かねてより、自分がこうなったのは日本の真の支配層である官僚に原因があると思っていた彼は官僚に復讐しようと思った。官僚と言ってもいろいろいるが誰がいいだろうか。そうだ、チロを殺した保健所のトップの厚生官僚あたりがいいだろう(実は勘違い)。厚生官僚を殺すということだけが彼の生きがいになりその理由付けはなんでも良かった。→→精神鑑定が必要。

2)石井議員を殺した伊藤さんケース:ヤクザ系から借金しすぎた小泉さん。これをチャラにするにはヤクザの指令に従うしかない。そうしなければ東京湾に浮かぶことになる。標的は厚生官僚だと言う、動機をつくるために適当な理由をつけなければならない。そうだ、厚生官僚と言えば、小学生のとき悔しい思いをした保健所のトップだ!(実は勘違い)適当な理由でも理由があればそれでマスコミは納得するものだからね!

3)松岡議員を殺した謎の殺し屋ケース:実は今までにも何人か殺している殺し屋の小泉さん。今回の仕事は厚生官僚にニラミをきかせるため、証拠をたくさん残して厚生官僚ビビらした後、数日後に自首せよというクライアントからの依頼。顔見せし、無期懲役は免れないので、殺し屋としては引退仕事となる。しかし、もう殺し屋としては年齢的にも潮時なので彼は引き受けることにした。チロの仇話は面白いからそういう理由にした。厚生官僚の犬どもが殺されるにはピッタリの理由だろ。

 借金をした先というのが大きなポイントと私は思います。今のところマスコミはそこへのツッコミが足りません。銀行が貸したと言ってるけど、銀行はブラックリストを共有してるので、返せない人に何百万円も貸すというのはありえません。というわけでやはり、ヤクザ系がかんでいると私は思うのです。

|

« 新最近みた映画(102) | トップページ | 読書な毎日(181) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/43266375

この記事へのトラックバック一覧です: コラムyokoze「ジズブツ経済も相当やばい状況に」:

« 新最近みた映画(102) | トップページ | 読書な毎日(181) »