« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

脱Windows計画(11)

 みなさんお元気ですか。10月から職場変わり、エンジニアらしい仕事してます。社員証は首からぶら下げなくてもいいし、ハンコは1日に一度も押す必要はありません。出退勤をパソコンに入力しなくていいし、ゴミのようなメールが1日に100通も届いたりもしません。そしてなによりフジツボのような上司がいないのがいいですね(^^;;

 ところで、もうすぐubuntuの最新版 8.10(Intrepid Ibex)が出ます。今度の目玉はなんだか知りませんが、前回で懲りてますので、2週間ぐらい様子みてからバージョンは上げようかなと思ってます。今回ここではバージョンアップの話ではなく、仮想化について書きます。仮想化については”脱Windows計画(8)”のところで、VMWare Playerについて書きました。あれから1年半以上たちましたが、仮想化業界は最近にわかに盛り上がりを見せています。VMWareに加え、LinuxのXen、SUNのVirtualBox、MSのVirtualPC(Hyper-V)などのキーワードがよく登場するようになっています。これらはなんと基本的に無料!(有料製品もあるけど)で使えてしまいます。そしてホンマに使ってる会社があるのかわかりませんが、TCO削減のために仮想化技術を使うなんて話がチラホラ出ています。これはつまり、1台のサーバの中に、仮想マシンを立ち上げて1台のハードウェアで数台のサーバをたてるということです。ついに仮想化もオモチャのレベルを脱却してきたということかな!?

 私の自宅環境は現在、windowsとlinux(ubuntu)のデュアルブートになっています。通常はlinuxなのですが、windowsでないと動かないツールやサイトがあるので、windowsはまだまだつぶすことができません。しかし、このwindowsを使うためにデュアルブートだといちいちマシンを再起動しなくてはなりません。これが実に面倒。こいつを解決するのが、この仮想化技術です。ubuntu をホストOSとして、そこにゲストOSでXPをぶち込むのです!そうすればwindowsで立ち上げる必要はなくなります。
 では、どの仮想化ツールを使ったら良いでしょう。xenはまだ情報が少ない感じ、VirtualPCはwindows上しか動かない(意味なし)のでこの2つは除外します。
 今回はVirtualBoxと、VMWare Serverについてwindowsホストでlinux CentOSを導入してみました。VMWare Serverは脱Windows計画(8)で紹介したVMWare Playerとは別製品です。違いは、Playerが既に出来上がっている仮想環境を基本的に見る、という位置づけなのに対し、serverは普通のサーバを構築するようにCDやisoイメージからインストールして構築するものになります。本格的に仮想化するなら、自分の好きなように構築できるServerをチョイスすべきでしょう。

 まずはVirtualBox(Ver 2.04)。プロダクトのインストールとOSのインストールまでは簡単。しかし、ネットワークの設定でてこずる。デフォルトでインストールすると、そのゲストOSはNATされ、外からアクセスできない状態となっています。これにIPアドレスふるために、ホストインターフェイスというのをつくってブリッジ接続をします。その際に ホストインターフェイスのプロパティ [構成]-[詳細設定]-[Media Status]をAlways Connect にしないとつながりませんでした。これを見つけるのが大変だった~。
 使ってみての問題点としてはなぜか、”Guest Addition”という便利ツールとされるものが導入できない。これが導入できないことによるのかもしれませんが、画面が1024*768以上にでかくできない。などがあります。安定性は高いです。

 次に、VMWare Server(2.00)。これもプロダクトのインストール自体は簡単。ところが、インストールしてみてもGUIらしきものがない。実はこのプロダクトは2.0からブラウザがインターフェイスになっていたのだ。しかし、このトップページはいきなりIDとパスワードを求めてくる。インストール中にパスワードなんか定義してないのに!? と思って調べると、どうやらwindowsの場合はOSのIDとパスワードになっているようだ。これって親切なんでしょうか(^^;;
 また、わかればたいしたことはないことばかりなのですが、ISOイメージのマウントなどがわかりづらい(既に設定されているdatastoreにファイルを置くか、Add Datastoreでイメージのある場所を追加する)。インターフェイスがとっつきづらいと感じました(ちなみに英語インターフェイスしかないようだ。マニュアルも)。また、2.00は出たばっか(2008の9末リリース)なのでトラブルシューティング的な情報があまり見当たりません。こういうとこ見てるとまだまだ仮想化は一般的になってなさそうだぞ(^^;;
 しかし、VirtualBoxで問題になった、ネットワーク設定とか、画面の解像度設定は何も問題なし。安定性に関しても問題なしでした。

 好みの問題もあるでしょうが、安定性とインターフェイスの良さ、親切さではVirtualBoxの方が上だと私は思います。

 ちなみにその後RHEL5に両プロダクトをインストールしようとしたのですがどちらも上手くいかず。現象は違うのですが、使えるところまでたどりつきませんでした。VirtualBoxに関してはUbuntu8.04にインストールしたところ、何も余計な設定はせずに一発で使えたので、RHEL5特有なのかもしれません。インストールしようとしたRHEL5についてはカーネルを最新にしてるのが良くないのかもしれませんが、linuxはちょっとひっかかるとまだまだ面倒です。

○VirtualBox
http://www.virtualbox.org/

○VMWare
http://www.vmware.com/jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書な毎日(180)

【クロカミ The Black Slipー国民死刑執行法】 今井 恭平
 死刑執行人を国民の中から抽選で選ぶ、国民死刑執行法が施行されている現代日本を舞台にした映画。クロカミというのは、その通知書のことです。このクロカミというのはアカガミとかイキガミとかからきてるのでしょう(^^;
 著者はアメリカの冤罪ムミアについて書いた本や、冤罪File という雑誌を編集するなど冤罪問題の専門家であり活動家です。本著は来年実施予定の”裁判員制度”から着想を得ているのでしょう。裁判員制度は死刑のボタンを押すわけではないですが似たようなものと言えます。検察側から死刑が求刑されていて、専門職の裁判官たちも”死刑”と見ている事件に関して裁判員が覆すことは不可能です。つまり死刑求刑のサイバンインガミ(なんという俗称がつくのかな(^^;)が届いた人はクロカミが届いたのと同じようなものなのです。本作はそれをわかりやすくするために、死刑執行法にしているのでしょう。
 読みやすい本ですので、裁判員制度のはじまる前に是非とも読んでおいた方がよい本です。
(★★★☆)

【あなたも作家になれる】 高橋 一清
 直木賞、芥川賞などの選考作を選ぶ仕事をしていた文藝春秋社の編集員だった著者の手記。作家になれるというより、著者の体験記に近い本です。どういう作品が賞で選ばれるかだけではなく、作家と編集者の関係や新人作家が育ってゆく様子など、作家に興味がある人だけでなく、本を読む人にとっても興味深い内容です。さすがこの業界で長く暮らし、たくさんの作品を読んでるだけのことはあります。
 作家というのはそう簡単になれるものではないし、それでメシ食ってくというのはたいへんな世界です。本を読んでる人って周り見てもそんなにたくさんいないし、印税ってのもたいしたことはない。ベストセラーになってる本は読みたくないような本ばっかしだしね(^^; というわけで、売れてるように見える優れた作家やジャーナリストもなかなか厳しい世界なのです。というわけで、そういう作家の本は図書館とか古本にしないで買うべきなんですよ。
 ちなみに私は作家になりたいというより、書きたいネタはあります。こうやって本読んだり、映画見て感想文ばっか書いてるとなかなかそっちに手が回らないのではありますが(^^;
(★★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新最近みた映画(100)

【チャプター27】 J・P・シェファー
 ジャレッド・レトー、リンジー・ローハン。ジョン・レノンを射殺したチャップマン(レトー)の三日間を描いた映画。チャップマンはハワイに住んでいて結婚もしています。ニューヨークにはファンとして会いたいという目的で来ています。レノンの自宅前で出待ち、帰り待ちしているファンの一人。ローハンはそのファンのうちの一人という設定。チャプター27という題名はチャップマンが愛読していた「ライ麦畑でつかまえて」が27章で構成されていることから来ているそうです。
 チャップマンをずっと追っているので彼が何を思って行動していたのかという軌跡がたどれます。マニアレベルのファンですが、出待ちしているようなファンは皆同じようなもの。彼が他のファンと違うのは、銃を持っていたことぐらい。それでなぜ撃ってしまったかというのは、本人にも説明がつかないでしょう。本人を目の前にしたときに、興奮して撃ってしまった。
 この事件にはレノン暗殺説もありますが、チャップマンの不遇な生い立ち、行動など見てそれは無さそうに感じました。もちろんこの映画の解釈が全てではないでしょうが。レノンは突発的な事故にあってしまった。やはり、誰でも銃が持てる社会というのはおかしいのです。このような事故が起こってしまう可能性があるのですから。
 チャップマン演じるレトーは原型をとどめないぐらいなりきっています。俳優とはすごいもんだなと感心しました。レトーはチャップマンを演じたけれども、自分は共感できないとメイキングで言ってました。私は少し共感できました(^^;
 本作の監督はなんと28歳だそうで、今後に期待したいです。本作にチャップマンの生い立ち部分の説明的な場面があった方がいいかなと思いましたがよくできた映画です。
(★★★★)

【マーゴット・ウェディング】
 ノア・バームバック
 ニコール・キッドマン、ジェニファー・ジェイソン・リー、ジャック・ブラック。小説家のマーゴ(キッドマン)は妹のポーリン(リー)の結婚式のため久々に実家に帰る。しかし、妹の結婚相手は芸術家気取りの無職のマルコム(ブラック)だった。
 設定とキャストも良いのですが、何かまったり気味の映画です。コメディかと思っていたのですがそうでもなく、何かが足りない。評論家受けはしていた映画ですが日本では未公開というのもある意味仕方ないかな。
(★★☆)

【ゴーン・ベイビー・ゴーン】 ベン・アフレック
 ケイシー・アフレック、ミシェル・モナハン、モーガン・フリーマン、エド・ハリス。評価高かったけど、日本未公開映画。あるシングルマザーの子どもが誘拐される。警察も捜査しているが、母親は私立探偵のケンジー(アフレック)に調査を依頼をする。
 サスペンス映画ですがややまったり気味。何か仕掛けがあるのかなと見ているとやはり仕掛けがあるのですが、ちょっとつくりすぎ。しかし、これがなければ凡作ではあるのですが(^^;
 ケイシーはジェシー・ジェームズの暗殺を見て注目していたのですが、本作でも時代背景が違うけど演技としては同じ。もしかして、いつもこういう演技の人なのかな(^^;? もう一作見ればそれがわかるでしょう。
(★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書な毎日(179)

【「9.11」の謎 続】 成澤 宗男
 9.11の謎の続編。本著では、アルカイダという組織は存在しないし、ビン・ラディンそのボスでもないということ。ペンシルバニアのLet's Rollはやはり不審な点が多い。貿易センタービルと第7ビルの崩壊は航空機突入と火災では起こり得ないという話などが書いてあります。9.11陰謀モノについて私ははほとんど目を通してますのです、本著に書いてあること自体で初耳というネタはほとんどありませんでしたが、詳細に取材していますので理解が深まりました(^^;
 アルカイダというのは自由戦士の”データベース”という意味で、ソ連がアフガンに侵攻していた時代にCIAがつけたもの。よって実体自体が存在しないもの。もともと国際テロ組織というものは存在せず、テロというものはその局地のグループが独自に行っているもの。それらが連絡を取り合うなどということ自体ありえない。
 ビン・ラディン米国の都合の良いように便利に使われていて、彼の声明とされているものの中に偽造が疑われるものがかなりあります。もともとウソの理由ではじめた戦争ですからなんでもアリということなんでしょうが。
 第7ビルの崩壊が特にあやしいという話はいくつも読んでますが。このビルは崩壊の時にカウントダウンが行われ、周辺にいた人たちに退避指示まで出ていたそうです。そして爆発音が聞こえたという証言もあります。そして崩壊する前に誤報で崩壊したというニュースまで流れていたそうです。つまり、これは予定の解体爆破だったわけです。
 本著を読む人はおそらく前著も読んでいて、911は怪しいと思ってる人でしょうがそういう911マニアも目を通しておいた方が良い本です。
(★★★★)

【どうするオバマ?失せろブッシュ】  マイケル・ムーア
 M・ムーアの最新著。主に、オバマとマケイン、そしてアメリカの大統領選挙について書いてある本で、11月に迫った米大統領選を前に是非とも読んでおいた方が良い本。
 日本で米大統領選の報道を見ていても、オバマは黒人で民主党。マケインは白髪のじいさんで中絶反対。副大統領はペイリンでアラスカの女性議員。ということぐらいしかわかりませんが、本著を読むといろいろな俗っぽい!?情報がわかります(^^;
 まず、オバマは米国旗に対してあまり敬意を払っていないところがあるそうです。国旗掲揚のときウンコ座りしていたり、国旗バッチをつけていなかったりするそうです。愛国心!?が足りない!と保守層は思ってるようです。オバマガールとか出てきて妙な人気になってるのも気に入らない。
 マケインは共和党の中でも一匹狼的な存在だったが、急浮上して大統領候補となった。非常に短気な人でカッとなると何を言うか何をするかわからない。彼のような人物が核ミサイルのボタンを押す権限を持って大丈夫だろうか、と共和党議員ですら思ってる人がいる(^^; 言葉が下品で妻のことをアバズレなどと言ったこともある(^^;
 ムーアはもちろんオバマの方を推しているのですが、マケインの批判本にならないように、オバマの提灯本にならないように工夫してつくってあります。こういうところがムーアの優れたところですね。
(★★★★)

【環境構造改革―ドイツの経験から】 竹内 恒夫
 豊富な取材をもとに、環境先進国ドイツの実状をレポートしています。ドイツという国は日本と似たところが多いと言えます。敗戦国であり、自動車を中心とした工業国です。本著によれば1980年代ごろまでは自動車の排ガス規制を導入するなど日本の方が環境先進国だったそうです。ところが1990年代で一気に逆転されてしまいます。ヨーロッパで環境問題に対する感心が高まった契機は1986年のチェルノブイリ原発事故になります。ドイツでは、原発廃止を唱える緑の党が躍進し原発は廃止となります。ドイツ一般市民の環境問題への関心が高くなったため、与党も環境重視の政策をとりはじめます。風力や太陽光などの自然エネルギーの優遇制度。炭素税などの環境税。路面電車や、自転車道路の整備など公共交通の見直し。コンバインドサイクル発電などの排熱を利用したコジェネレーション。排熱でお湯をつくり、家庭の暖房や風呂の湯として熱を無駄なく使う仕組みを取り入れています。日本でも見習ったことがいいことばかりですが、日本は環境問題対策と言うと、省エネとクールビズぐらいしかやろうとしませんがまだまだやることはたくさんあるのです。ドイツの政策が優れているのは、環境対策をすると実利が還元されることです。つまり環境対策すると儲かるような仕組みになっているのです。だからこそ、環境大国になれたわけなんです。
 本著はドイツ旅行の予習で読んだのですが、実際ドイツに行って感じたことがいくつかあります。まずは、自転車が普通に使われているということ。スーツ姿の人も自転車に乗って電車に普通に乗ってきます。ビンが普通に使われていること。缶もないことはないのですが、主流はリターナブルのビン。風車がすごく多い。都市部には風車はないですが、列車に乗って郊外に行くと風車が林立しています。風車は珍しくもなんともありません。
 一方で自動車大国だけあって、自動車はたくさん走っています。それもかなりのスピードで。他のヨーロッパ諸国に比べても自動車の密度とスピードは群を抜いている気がします。従って、都市部の空気は排ガス規制が厳しいとは言えあまりきれいではないと感じました。もちろん東京よりはいいですがね。
 日本では、はっきり言って今の自民党政権では環境対策はほとんど期待できません。彼ら的にはすべて手を尽くした状態みたいですから(^^; というわけで、この分野でも政権交代しないことには伸長は無さそうです。
(★★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書な毎日(178)

【ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表】 アンドリュー・ヒッチコック
 現在の世界金融の中心となっているロスチャイルド家にまつわる出来事について、その発祥から現在に至るまで順を追って書いてある本。著者はイギリス人です。
 ユダヤ人関連の本はけっこう読んでいますが、本著にははじめて知る話が大量に(^^;のっています。それらここには書ききれないので印象に残ったものをいくつか。
 世界金融の中心にいるのはユダヤ人、その中でもロスチャイルド家です。彼らも一朝一夕でこうなったのではなく、発祥はドイツのフランクフルトにあります。今でもフランクフルトはヨーロッパ金融の中心でユーロを統括する欧州中央銀行がここにあるのも偶然ではありません(^^; ユダ金の手口はいつも同じです。政府に中央銀行をつくらせ、通貨の発行権限をそこに持たせる。その中央銀行を民営化などさせ、ユダ金の勢力を徐々に浸透させついには配下に置く。こうなってしまえば、ユダ金の思うがまま。政府に金を貸し借金体質にし、政府をもユダ金の配下に置いてしまうのです。金を借りない奴は悪い奴だ、とユダヤ人は言うそうです(^^; 公的資金投入という言葉がありますが、国債など発行して資金調達する方法と、単純にお金を刷るという方法があるそうです(^^; 後者はやりすぎると貨幣価値が下がりインフレになるのですが、ユダ金たちは意図的にこれをやってその国の金融を牛耳ってしまうのだそうです。コワイですねー(^^;;; 現在、世界は金融危機となっていますが、70兆円なんてお金はそう簡単に調達できませんからきっとジャカジャカ増刷するんでしょう。本著を読んだおかげでお金に対する価値観がかわりました(^^;
 911からイラク戦争への流れもなんとユダ金とモサドが大活躍しています。あれはつまり、米国を戦争に向かわせるための作戦だったわけです。なぜユダヤ様主催の作戦だったかと言えば、あの日あのビルが崩壊して死んだユダヤ人はなんとたった一人だったのだそうです。ユダヤ様が通常ならたくさんいるビルだというのに。彼らはユダヤ人だけのネットワークを持っていて、あの日はあのビルには行ってはいけないという連絡が伝わっていたのだそうです。そしてあの事件の株の乱高下などでユダ金は大もうけ。ビルのオーナーのユダヤ人も保険かけていて大儲け。そして貿易センタービルに突入した飛行機が飛び立った空港の警備はイスラエルの企業だったそうな。こんだけ証拠が揃ってしまっているのです(^^;; ユダヤ人にとってユダヤ人以外の人間の命はユダヤ人の爪の垢程度の価値しかないんだそうな(^^;;
 アメリカが最初にターゲットとしたアフガニスタンは何故選ばれたのか。ビン・ラディンというのは口実であそこは麻薬の一大生産地で、ユダ様の大きな資金源だった。ところが当時の大統領が麻薬栽培の禁止令を出してしまった。また、アフガニスタンというのはユダ金の支配下にない国でもあったそうだ。というわけで米軍に攻撃させ、言うこと聞かない大統領は退場させ、今や再び麻薬世界一の国に戻ったそうだ。次のイラクはなぜ選ばれたかと言えば、やはりユダ様はフセインを排除したかった。湾岸戦争のときはミサイルをイスラエルに打ち込んだりと実にけしからん国。戦争モードになってる米軍を使って、あの気に食わないフセインをやっつけてしまえ!
 こういうプロパガンダ作戦に役立っているのがユダ様配下となっているマスコミ。ウソでもいいから連日情報を垂れ流して世論をつくってしまうのです。
 第二次大戦のユダヤ人ホロコーストは確かに事実としてあったことですが、ことさら強調されすぎているもの事実です。例えば”ホロコーストは無かった”とか、”ユダヤ人は600万人も死んでない”などと言ったりしただけでヨーロッパでは禁固刑になってしまいます。強制収容所に送られ死んだのはユダヤ人だけではありません。ポーランド人や、障害者、同性愛者なども殺されています。また、ドイツ人は戦争でたくさん死んでいますし、戦後にも仕返し的にたくさん殺されているのです。しかし、そういった側面は全く取り上げられず、ヒトラーのナチスがユダヤ人を殺したのが第二次世界大戦ということになっているのです。
 そのホロコーストさえも、実はユダヤ人のヒトラーがやったと言うのが本著です。この当時、イスラエルという国が強引に建国されていました。やっと自分たちの国ができたのだからユダヤ人はイスラエルに行け、というのがシオニスト。しかし、ヨーロッパに生活基盤をつくったユダヤ人たちはそうは簡単に動きません。それをヒトラーを使って追い出したというのです。もともと嫌われる要素をユダヤ人は多分に持っていたためアンチユダヤ運動はヒートアップ。ホロコーストまで行ってしまったのです。それを見てシオニストたちは、ほら言わんこっちゃないと言い、戦後はホロコーストを最大限に利用して金儲けしたのです。コワイですねー(^^;;
 ヒトラーはユダヤ人と本著では言ってますが、彼のような隠れユダヤ人のことをアシュケナージと言うそうです。他にもレーニンやトロツキーもアシュケナージ。共産主義は一見ユダヤとは関係なさそうですが、労働者から絞り上げて中央集権体制をつくるのに適した方式としてユダヤは使ったのだそうな。
 ユダヤ人はタルムードと呼ばれる秘伝を持っているそうです。 ユダヤ人の戒律や、ユダヤ人がいかに優れていて神から選ばれた民族であるかということが書いてあります。これはユダヤ人以外には見せてはいけないもので、見せたものは死に値するのだそうだ。
 ユダヤ人が嫌われるのはユダヤ人に問題があるからだ。彼らはあらゆる時代のあらゆる地域で常にそこに住む住民と問題を起こしています。彼らの閉鎖性とお金に対する執着心がその原因であるようです。そんな嫌われるユダヤ人に免罪符を与えたのがあのホロコーストだったわけです。それまでは無かった、ユダヤ人はひどい目にあって気の毒だという印象が世界共通となったのです。ユダヤ人が悪者として描かれている映画は存在しないと著者は言います。なぜなら、彼らが目を光らせてそういうものが世に出ないようにしているからだそうです。コワイですねー(^^;
 ここに書いてあることがすべて真実かというのはわからないですが、世の中の見方が変わりますので是非とも読んでみてください。
(★★★★☆)

【ドイツは過去とどう向き合ってきたか】 熊谷 徹
 ドイツは戦争責任に対してどうしてきたか、ということについて書いてある本。本著もドイツの戦争責任=ユダヤ人ホロコーストという感じですね(^^; アンチユダヤ本を読んだ後では空々しくさえ思えるのですが、実際にドイツ人はユダヤ人ホロコーストの呪縛からまだ逃れられずにいるのです。ドイツの平和教育は偏りがあると感じました。
 本著はいわゆる、一般的に言われているドイツの戦争責任とそれをいかに克服してきたかということを知るには写真が多く読みやすくて良い本かと思います。本著だけではバランス悪いので「“戦争責任”とは何か―清算されなかったドイツの過去 」もあわせて読むことをおすすめします。
(★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »